ろで作業日誌

R35 GTRミッションメンテナンス



心配な要素のメインであるR35GTRのミッション。


特に車体番号5400番未満のド前期型のミッションを搭載している今回お買い上げ頂いたR35GTRも仕入れ後に乗ってみると、シフトショックや変速ラグが気にはなっていましたが、納車前にオイル交換と前期型に後期型に標準装備されているクリップ装着するために知り合いの業者さんにお手伝い頂き(一人だと出来ない&診断機が無い)オイル交換、ソレノイドユニット分解、キャリブレーション作業をしました。


ワンオーナー車両でしたが、オイル交換は一度だけされていたみたいですが15000K走行していたので抜いてみたら…。



真っ黒…。(泣)



オイルパンを外し、フィルターを外し、大きなソレノイドユニットを外してみたら…。
ソレノイドバルブには鉄粉がたっぷり!特に5速、6速とリバースのゲートのバルブには鉄粉が多かったです。
全てのバルブを外して鉄粉除去してから再組つけして回り止めのクリップも装着されておらず、以前のディーラーメンテナンスではオイルパン脱着や内部の対策はされていない車両だったようです。


やっぱり開けて良かった…。


このソレノイドバルブが回ったり、動きが渋くなると偶数、奇数のギアが入らない…やシフトの入るラグが大きくなるトラブルが出ます。

もし、これが出てもミッションブローじゃないので安心してください。 オイル交換と上記作業で直ります。(笑)

ソレノイドユニットを元に戻してフィルターとオイルパンを綺麗にして鉄粉取りに必要な磁石も綺麗にして元に戻し、オイルを規定量入れた後に各ギアに入れて回した後に再度規定量迄入ったのを確認してから診断機でキャリブレーションを行いました。

温度が上がりキャリブレーション終了まで約4時間。

このあと実走行でクラッチのタッチタイミング等も診断機で確認して規定値だったのでようやく終了しました。





作業完了後は…。








激変!ですわ。\(^_^)(^_^)/




半クラッチの領域がギクシャクしなくなり、滑らかな走り出し、停止直前のギッタンバッコンしちゃうのが嫌で仕方無かったのですが、普通に停まれるし…。(笑)



オイルと内部パーツのクリーニングでこんなに変わっちゃうんだ!




これをディーラーでやると¥100000から¥140000なんだって…。



オイル交換だけだと、鉄粉は除去出来ないし、ソレノイドバルブも痛むのでオイル交換(メーカー推奨は30000K、その道のプロの方々は15000K毎)の度に行うのがR35GTRのGR6ミッションを調子よく使えるんでしょうね。


そんな訳でうちでもディーラー程高くなくR35GTRのミッションオイル交換出来るようになりました。
お近くの方でディーラー出禁な車両や高すぎてムリ!って方は如何ですか?

オイルも純正がかなりの高額や改造車向けのオイルはショックが大きくて町乗りには不向きだったりしますが、用途に合わせたオイルもご用意出来ます。(要予約にて)

やり方覚えたから、他の走行が嵩んだ車両もやってみたくなりました。
今回の車両は50000Kのオイル交換のみの前期型でこんなに変わっちゃいましたから、今回の作業でR35GTRのミッションもなんか身近にはなりましたね。

こうして数年後にはシルビアと同じく一分の一プラモデル化していくんだろうな…。(笑)


やっぱり、人のクルマだと色んな意味で無理も実験も出来ないから自分用が欲しいな~。♪

タイヤも安い奴使えそうだし…。

色々見え出してきて楽しいなぁ~♪



スポンサーサイト

ホイールとタイヤをフィッティング。


35GTRのタイヤホイールを純正からアドバンRS-Dと激安タイヤ(4本で¥50000以内)の組合せをフィッティング。


純正ランフラット(BSRE070R)はタイヤ自体の構造の関係で硬くて硬くて…。
足回りはタイヤを替えればそこまで酷くは無いんじゃないのかな?と感じます。


き○がいみたいに飛ばさないならばコスト面でGTRを楽しむならばこんな仕様も良いのかな?と思います。この時期みたいに路面温度が低く、タイヤが暖まらない状況ならばこちらの方が安全? と思います。



しかし…。
普通のクルマみたいにタイヤホイールを替えて終了!って行かないのが35GTR。。(泣)


純正のホイールに付いているエアバルブとコンピューターが通信していて空気圧が低くなると警告したり、クルマが走らなくしてしまうモード(スロットルを閉じてしまうセーフ機能)に入ってしまうんです。

はっきり言って、面倒くさい!


これも、コンピューター書き換え出来る物を持っていればキャンセル出来るのですが、うちにはありません…。


私達みたいな「偏屈者」が変な事させないための機能なんでしょうね。(笑)


来月、ネコ先生の所へミッションリプロに行った際にこのエアモニター機能はキャンセルしていただこうと思います。


単純にスペアタイヤが無いのですから、きちんと乗る前にタイヤを点検したり、定期的にエアチェックしたら良いだけですものね。



乗り心地はどんな感じかな?

ジムニーシャックル交換


近所の方から初めての仕事の依頼を受けました。



ジムニーの2スト…。



シャックル含めて部品は持ち込み。



ブッシュがグズグズになっていたため後から発注していただき部品が揃った所で作業開始。

その前までに35GTRのリアバンパーとミラーの板金修理が終わって部品が帰ってきたのですが思いの外早く取り付け作業が終わっちゃいましたのでジムニーの作業に移りました。


最初に見た感じ、「ボルトナットが外れるかな?」「純正シャックル抜けるかな?」「車体やリーフスプリング大丈夫かな?」と不安要素がありましたが以外とすんなりネジも緩み、ブッシュもすんなり抜けて、シャックルも外れて、車体もリーフも問題なかったので一安心でした。

外れちゃえばそこからはサクサクとブッシュとリーフにグリスを塗り込み、ボルトにかじり止めを塗り取り付け後にトルク締めをする前に1G締めを行い作業完了。

一回りしても異音も無く終了です。



何時もはシルビアばかりですがこうした普通の作業も承けますのでご相談下さいね。



実はこのジムニー、ドアヒンジやバックドアのヒンジが側転歴がありまして閉まりが悪いのとキャブのチョークのバタフライも調整してあげました。(無料)



さてと、売却の決まったS15の戻し作業の続きやりますか。。。

お別れ(/_;)/ ̄ ̄


先程、今季の雪山で使用していたスペックRが来週嫁ぐ運びとなりました…。(泣)



仕入れた時には酷い有り様でしたが、日に日に綺麗にしたり、走りやすくしたり、みんなと雪山に走りに行ったり…。


短い間でしたが、大活躍と私の練習のお供に付き合ってくれてありがとうね。



ノーマルにして引き渡しにしますので、シート、ハンドル、デフ、ナックル、排気系、ブレーキパッド等を完全純正に戻します。






さぁ~。残りの雪山をどうするのか?




どうしよう…。(笑)







仕様変わった?


事故修理の86のクスコトレーリングアームのリア側を新品交換しています。


形とショック取り付け部分が若干仕様変更されたみたいね。。
品番も変わったんです。


ショック取り付け部分が長穴処理になったって事はレバー比が微妙に変化させられる?と思われますね。


約1センチの調整範囲。

取り付け位置を変えてストロークを確認してみましょう。

内側に寄せて前と同じ。

外にしたら硬いスプリング入れれるかしらね。


どうせならばナックル側の取り付け位置も上に出来るように作って欲しかったなぁ~。

只でさえストローク短い86のリア足は1ミリでもストロークが欲しいからね。


ネジ部分にコパスリップを塗って取り付けしましょ。