ろで作業日誌

バランスって感じてますか?


最近、練習車であちこち走る機会がありますが、タイヤのサイズを変えてみたり、銘柄を変えてみたり…。


ナローさんだとこのサイズ。

ワイドさんだとこのサイズ。

パワーが無ければこのサイズ。

パワーがあればこのサイズ。


私的に色んな仕様で色んな場所を走ると決まりつつあるのですが、皆さんはどんな定義でタイヤ選択、サイズ選択していますか??

単にカッコ良いから?とか見た目的に決めていませんか? 走らない人には全く意味の無い話ですが、走る方には今一度考えて貰えたら嬉しいです。
当然、スキルや場所でも違いはありますが、本来のクルマのバランスが崩れたタイヤチョイス(サイズ)していませんか?


フルノーマルなのに無意味に太いタイヤを履いて重ったるい運動性能に低下して折角軽くてトリッキーなシルビアなのにスポイルしちゃうお客さんが何故かうちには沢山来られました。(初来店の時)
何人かの方々には「純正サイズに戻してみたら?」とアドバイスした方も沢山いましたね。(未だに抵抗する人もいますが…。)


私自身もマイカーは500PS~ノーマルまで数種のシルビアを持っていますが、300PS近くまでならば純正サイズがBestではありませんがBeter!な気がします。(ここが結構グレーな部分ですけど)

走る場所にもよりますが、ミニサーキット位までならば純正サイズ辺りのタイヤの銘柄チョイス次第でシルビアの軽い運動性能を感じやすい気がします。

何を言いたいのか?
それは、タイヤの持っている性能をきちんと引き出すにはノーマルサイズからのステップUPを順番良く確実に上げなければハイグレード、ハイサイズのタイヤが破綻した時には予想以上のクラッシュが待っている!と言う事です。当然経験値によって大きく変わるのですが、低い方には純正サイズからのスタートが一番良いと思っています。



ドライビングを上げていく課程では失敗は許されない!と私は自身の経験上で感じています。
私も沢山の事故やクラッシュを経験してきましたが、運が良いだけで今でもこうして続けていられますがたった一度の過ちで続けられなくなる可能性はあったはずです。
そんな失敗やしくじりをお客さんにはしてほしくないので、今のスタンスの「その人のその時に合ったクルマ作りやパーツチョイス」を大切にしている中でタイヤの選択ってかなり重要なパートになります。

太ければ安心。とか、グリップ高ければ安全。
これは、破綻しない!って前提で話している人の良くある話…。

実際売っているタイヤで破綻しないタイヤってあるのかな?とか、状態が悪くなったら限界下がるんじゃない?って思ったこと無いですか?

そう考えられるようになれるには、低い次元から破綻の手前を知らなければ、その上は知れないはずです。
その為には前にも触れたスキルが乏しい方や経験値の低い方にはそれに合ったタイヤとそれを知るための機会があれば事故やクラッシュは減るんでは無いでしょうかね~。
今時の雑誌媒体だと、残念ですがこの大切な所には全く触れなくなっている気がしますね。それによって「頭でっかち」な人が増えているのも破綻が読めない人の典型。
タイヤに限らずハイパフォーマンスなクルマで事故やクラッシュする人も同じパターンだと思います。



上記のように間違っているのを気付けなくなっていた方が最近来店していたので記事にしてみました。
今一度自身のクルマが本当に自分に合ったクルマなのか?を振り返ってみてはどうでしょうか?




私は今の練習用のクルマはブーストUPのS15。
タイヤは205/55R16のPINSO~中古のRE11が普段のメインです。
たまにスピードの高いコースは235/45R17のPINSO辺りですが、17インチは重く感じてイマイチなフィーリングと限界値が高い感じでした。

スポンサーサイト

防錆処理作業。


当社のヒット作業の下廻りの防錆処理作業です。

先週ご来店頂いたNさんのS15。

綺麗な個体を延命するためにコンディションが良いうちに先手を打った作業です。

先ずは下廻りの洗浄からスタート。
インナーライナー、アンダーカバー類を外し、タイヤを外し、スチームで隅々まで汚れや泥、砂、埃、タイヤのカス等を綺麗に洗い流して乾燥後にリフトへ移動、マスキングと外せる部品は全て外し錆止めや錆取りを行い、使わないサービスホールを塞ぎ、シーリングからのチッピング処理を行います。
その後にはフライホイールをニスモに交換するためミッション脱着とクランクオイルシールも交換です。
只今乾燥中ですが、2時間も洗うのに下に潜ったりでパンツも靴下もツナギもビショビショです…。(笑)



同時に近所のF君のS14をクラッチOHで懐かしいニスモセラメタA→カッパーミックスへ変更です。
クラッチがやたらと重くて、キレ不良が起きているようです。
クラッチブースターもまだ付いているのでクラッチが交換終わったらマスターの配管を短縮化してダイレクト感UPと軽いペダルタッチにします。
バラしたら、スリーブやピボットにはグリスなんて全く無くなっちゃっていたので重い訳ですわ。 ベアリングもゴロゴロになっているのでここも新品です。忘れちゃいけないのがパイロットブッシュも新品へ。

これも本日中には作業完了なので普通に渋滞や長距離もしんどく無くなるでしょうね。



イマージュブレーキパッドTEST


先週より届いたTESTパッドが数種ありましたので昨日より再開。

先々週に3種類TESTした発展型が今回のお題です。
実はうちのお客さんがほとんど使っていただいているイマージュの「スーパースポーツ」(オーダー仕様もこれがベース)の時期モデルなんです。

摩材の入手の兼ね合いで同じ物を作り難くなる為に新しい摩材を使い、製品化するようです。


先日まで使っていた全く効かないけどダストが全く出ないパッドから漸く止まれるパッドになったので、雨の中ですがビーナスにてTEST。
既に以前のスーパースポーツとほぼ同様な物で細かな改善点はありますが良い雰囲気が出てきています。

ラインアップ的に上級グレードのC2、スーパースポーツの下のストリート、の中間点も視野に入れたテストです。

フィーリングは勿論、冷間、温間、ペダルタッチ、喰い方、ジャダーの有無、ダストの量、ローター攻撃性、フェード迄のフルブレーキ等々。 ローター、キャリパーには相当な負担が掛かるような状況でTESTしています。

安全!を担保する為のアイテムですから、適当には出来ません。


最初のが程々になりましたので次のパッドに移りますが、外したパッドのチェックも必要です。


誰か買いませんか?



ひょんな事から買い取りました。



走行3000k少々のニスモ6速クロスミッション。



私のマイカー達はほとんど装着済。
ボロちゃんには載せる必要性はナシ!




要らないっちゃ~要らないのですが、程度が良いので買い取りしたわけです。
前ユーザーからHKSドグに入れ換えに伴う売却でそちらの支払いに当てるため直ぐに換金出来る人を探していたそうで…。




何方か使いませんか?
うちで載せ替えして工賃、オイル込みで¥245000(税込)でどうでしょうか?

新品は¥375000(税別)ですからね…。

いよいよ明日は。


皆さん、明日の準備は整っていますか?
今夜準備の方もいると思いますが、遠方の方は移動中でしょうか?


皆さん、道中はくれぐれもお気を付けて移動してくださいね。何処からミサイル(北朝鮮みたいなヤツ)が飛んでくるか分からないからね。(笑)

明日からは道も混み合うみたいなので時間に余裕を持って出発しましょう。
昨年は半日遅刻やエンジンが掛からずSOSをした人もいましたから…。(笑)

天気もまーまーの予報なのですが、熱中症対策は確実にお願い致します。



タイムスケジュールは先日のブログに乗せたままですが、早めにゲート前に着いた方はコース入場は私達が設営が終わってからコース入場してください。


入場ゲートは御殿場側の表側(西ゲートはほとんど使っていません)です。間違えないでね。


今年は参加台数も33台と昨年よりは少ないので走れる時間も長く、空いている中で走れると思います。


一日楽しく事故の無いように皆さんからのご協力宜しくお願い致します。


私も準備を済ませて、一応走る用意もしました。 お手伝いさんも今回はいるので何処かで走れたら良いなぁ~。なんて思っていますが、そうは問屋が卸してくれない!のが
予想ですかね…。


当日サーキット、スポーツ走行初めての方には先導も致します。

同伴の方がおられる方は同乗するならばヘルメット、長袖長ズボンで肌が出ない支度でお願い致します。

昨年と少し変わり、グリップは順走、逆走ありますので2種類のコースが楽しめるようにしました。 今年は初めて来られたお客さんも多数いらっしゃいますので、常連さんは声を掛けて上げて下さいね。初めての方は上手い人にジャンジャン質問したり、同乗を申し込みましょう!遠慮していたら勿体無いですし、なかなかチャンスは回って来ませんよ♪


うちに来ているお客さんだけしかいませんから、気負わず楽しんで頂けることを願っています。



それでは明日お逢いしましょう。