ろで作業日誌

期待に応えたい!

改めてこうした気持ちが強くなりました。


本日は遥々遠方からのお客さんが来てくださりました。


先ずは岐阜県からのお客さんがお子さんと一緒に…。
先週お電話頂き、もらい事故の保険修理と同時にアップデートの依頼。
「以前から来たかった。」そうで新車から乗られているS15の思い入れも沢山聞かせていただき、方向性や内容の打ち合わせをさせていただきました。
お子さんもシルビアが大好きらしく楽しんでもらえて良かったです。
保険会社からのレンタカー(新車のレボーグ)に乗って帰られたのと入れ代わりに長崎県からいらしたお客さんご夫婦がご来店。
先週、「日曜日に行きます!」とご連絡を頂き本日のご来店でした。
お話させていただき、「S13のECUと足回り、その他含めたセッティング一式」依頼の打ち合わせをさせていただきました。
車両持ち込み予定だそうです…。
長崎から持ち込みしていただけるようです。
今回も休み休み来て20時間掛かったそうです。オツカレサマデシタ。



お二方のお話を聞かせていただいた中の「是非!うちでお願いしたいです。」って言葉がとても嬉しくて嬉しくてね…。


今、うちに来ていただいているお客さん含めて、この仕事を始めて来てポリシーとしてきた「丁寧かつ拘った仕事」、「一人一人のクルマを自分のクルマと同じ扱い以上。」と「そのオーナーさんに合ったクルマ作りと付き合い方の提案とバランス取り」は変えなかった事を今回も初めて来ていただいたお客さんから評価として頂けた事。


本当に嬉しかったです。


現役を退き、一人のユーザーとしてクルマ好きとしてリスタートした私が自身の経験から「こんなお店があったら良いなぁ~。」を形にしてきた我が社。

時にはクルマとは無関係な相談所化したりもして…。(笑)

深い人付き合いが少ない昨今、気迫な人間関係は寂しいのが嫌だった。
折角ならばここだけは気がね無く話せたり、正直にいられる息抜きが出来る場所でありたいと思っています。
たまにお節介な事ばかりの私ですけどそれを信じてこれからも続く限りやっていきたいと思いました。


新しい出逢いに感謝です。


明日からも頑張ってやっていきたいと思いました。


スポンサーサイト

連休明け。

先週からの連休で納車や作業、来店等で賑わっていた当社でした。



天気も良く、ドライブや紅葉を楽しむにはちょうど良い季節になりました。


昨晩も仕事が早く終わり帰宅後に早めの就寝したら…。


今朝は4時に目が覚めてしまい、2度寝が出来なくなってしまい、会社へ向かいました。

連休前に仮ナンバーを申請してあり、シーズン4号もセッティング後に乗っていなかったのでビーナスへ向かいました。(かな~り久々!)


日の出を待ち、ガラガラの中、アザレアライン→美ヶ原美術館→七島八島→霧の駅迄走り、一服しようと駐車場に入ると赤ゴーさんが…。(笑)

そこでコーヒータイムをしながら話をして2台で下山。(後ろを走りましたが、流石に通っている為上手になりましたね~。)


本日の点検作業と前回走りに行ったエビス南の車載映像の反省会を行いました。


そこに近所のガンメタHさんも合流して昼食しながら走りや取り組み方、楽しみ方、悩み等々を話して時間は過ぎました。


年内のイベント企画や来年に向けて色んな意見交換できて有意義な一日でした。



悩んだあげくに…。

ブロックが溶けちゃっているエンジンから使えるピストン2つを取り出して(元々のエンジン)、私が先日まで使っていたメタルブロー現状のNAエンジンからオーテックピストンを2つ取り外し(STD2)て、余っているコンデション良好なNAエンジンを3個1にして1機組むことに決定!


作業的にかなりの大変さですが、やはりNAのオーテックVerで復帰させたいと思い作業を開始しました。


ちょうど時間もあるのでのんびりやっていこうと思います。


22日の群馬サイクルスポーツセンター臨時駐車場での基礎練習会も7名集まりました。

もう数名募集して締め切りたいと思います。

お早めにご連絡下さいね。

来客の無い日曜日。

休みのような仕事のような本日は外注さんから依頼のS15オールペンの車両を納車。とHさんの冬用のクルマの仕入れをしに東京、埼玉へ…。



特段急いで帰る必要もありませんので道が空くまで遊んでからの帰宅です。


無事に任務も完了。
車両も買いつけできましたのでのんびり帰宅します。


いやぁ~。日曜日の首都高、中央道は空いているから遅い時間が良いね♪

さぁ!明日から又、頑張りますか!


拘り。

先程立ち寄った本屋さんで目にした雑誌での老舗ショップのチューナーさんの言葉…。




「そのお店がどれだけ有名でも、依頼前に納得出来ないならばそのお店に作業依頼しない方が良い。」


って書いてありました。

私も知っているショップさんですが、沢山の従業員を使って沢山の割とお金を持っているお客さんを捌いていた印象のお店。(バブルの時期は凄かったと思う。)


どうやら今は従業員もほとんどいないらしく、社長自ら作業をしているようで、作業をしなかった物は最終チェックは必ずしているとの事。

納得いかない仕事をしてお客さんにはクルマは渡せない!と書いてありました。(うちは私しかいないから当たり前なんですが)



ちょっと以外でした。



よくあるショップの形態ってチューナーさんは一部分だけは触るけど(そうじゃない人もいるんだろうけど)、大変な部分は従業員にやらせているものだと思ってましたもん。


確かにハードチューンが有名で今はGTRメインでやっているから昔と変わらないんだろうなぁ~。位で見ていたのも事実。
チューニング人口も少なくなった今の時代だと生き残るのも大変なんでしょうね…。


決してデモカーレベルのハイチューン車両ばかりでなく、一台一台、丁寧に自分のお店の看板を背負ったクルマを妥協せずにお客さんに合ったクルマ作りをしている人でなければその言葉は出ないでしょうし、接客や作業していなければお客さんは二度と来てくれません。


これは、私も同感であり好きでやっている仕事ですが、ポリシーとして持てずにやれなければ簡単に終わるはず!だと思っています。


私達のような仕事は究極のサービス業であり、誰かに任せたりは出来ないアナログな仕事なのです。
メールや通販なんかでは到底無理であり、お客さんと顔を合わせて話し合い、お互いを理解しあえて初めて仕事がスタート出来るのが大切なんだと思います。

これを面倒臭い…。なんて思っていたら続くわけ無いよね。

消えていったお店やチューナーさんは良い時期(入れ食い)を過ごしたけど、この大切な事をお座なりにしたから消えたんでしょうね。


今日はその記事を見て、改めてアナログな仕事ですが今まで通り変わらずにやっていこう!と自身に誓いました。



スタンスを崩さない!
時代に流されない!
お客さんに合ったクルマ作りを忘れない!
一人でやりきる!(助けてくれる仲間は大切にする)


は変えずに頑張って後10年位やれたら良いなぁ~。