ろで作業日誌

納車準備と冷え物作業。



工場の屋根の積もった雪が融けだして、あちこち雨漏りしているロデックスタイルです。。(笑)



外は天気が良くても工場内は小雨…状態。(泣)





コバルト号も仮納車(慣らしの旅)の準備とDicek号の冷え物交換です。。


そして週末から車検の入庫や修理入庫にて通常のお仕事に戻りそうです。
物流も落ち着きだしたので部品が入るのを待っています。










3月25日のSSパークでのスクールは本日現在4名決まりました。残りは6名です。




申し込みはお早めに…。

スポンサーサイト

今年最初のドライビングスクール決まりました。

お待たせしました。


今年最初のドライビングレッスンの日程が決まりましたよ。


西の方の皆さんゴメンナサイ。東北での開催になってしまいました。



☆日時
3月25日(火曜日)

☆場所
福島県メーランドSSパークサーキット多目的コース

☆募集人数
10名のみ

☆参加費用
\29500 (保険、お昼ご飯付き)

☆受付連絡先
電話番号090ー5349ー3506の風間宛てへスクール申し込みの件で!とご連絡下さい。

☆受付時間
AM10時~PM6時まで




本日より募集開始します。

先着順に10名定員になり次第締め切ります。











内容は何時も通りですが、基礎から確実な運転、そこからのスライドコントロールや限界域での車両コントロールを習得するためのスクールです。。
少人数制でコースを3分割して走行するため休みなく走れますし、コースもリスクが低いため安心して走行できます。

単純なドリフトレッスンではありませんので基本の走る/曲がる/止まるが出来るようになってからスライドコントロールに移っていただきます。

初めての方やサーキット走行未経験の方も大歓迎!です。。

手取り足取り教えます。

良くあるプロドライバー?の 『俺の走りスゴいだろ!』的な同乗走行はありません。
私が助手席に乗ったり、コースの外側から指導します。

その他不明な点や質問等はお電話でお問い合わせ下さい。









雪降らなきゃ良いんですけど…。(笑)

レッドandグリーン


自画自賛ですみません。

シルビアのこのルックスが一番のお気に入りで数台の『シーズン号』化を製作してきました。


ナンバー付き、GTウイング無し、ハードなフルチューンNG。
をコンセプトでオーナーを育ててくれるクルマを個々にパーツや内容を若干変化させながら作ってきました。


そして、もう一台今年から仲間入りしますよ。



先ほどオールペン後の磨き作業から帰ってきました。



シーズン4号と記念撮影です。
シーズン4号も何時まで私が乗っていられるか?分からないので写真に入れました。



今、リフトに上がっている濃い赤のクルマとも撮影しないといけませんね。





ん~。

スマートで素敵 ウフッ


ロングノーズ、ロングテール、ワイド。
ナローには乗れないなぁ~。

エンジン完成→搭載。



昨日、組み上がり、バルタイ調整してもらい補記類を取付して載せ始めました。



OHと同時にナプレックハイレスポンスkitとメーカー欠品中のHKSステップ1のカムをIN/EXを必死で探し出して購入。
ブロックホーニング後にエクストレイルピストンにニスモメタル、クランク曲がり修正、ラッピング加工を施したブロックのセミチューンエンジンになりました。

クランクは軽く手で回るようになったのでヘッドのレスポンスUPと同時にアクセルに素直な回転になるでしょう。


ノーマルなんだけど、必要な所に必要なだけ!それも極力純正パーツを組み込んだ2015年仕様のOHエンジンの完成が楽しみですね。
むやみやたらにヘロヘロエンジンに社外タービン組んでそこそこパワーは出たけど短命でエンジンブローなんて今時じゃないです。

流行りのGTX3071Rを付ければ450PS出るけど、あえて純正タービンを使うのがこのクルマのコンセプトです。




今日はこの位にして明日ミッションやパイピング類の取付が出来そうです。






乗って違いは歴然!になるでしょう。

楽しみだぁ




先日の大雪もやっと落ち着き道路も乾いています。
ご来店予定の方は大丈夫ですよ。
でも寒いのは変わりませんのでアシカラズ…。(笑)

3~4年で入れ替え


コバルト号の部品待ちの間に気になる場所をコツコツやっています。


2年前にエンジンルーム内をオールペンと同時に塗りましたが、やはり多少の汚れはありますので綺麗に洗った後眺めていると…。




耐熱布がやや汚かったり、銀色の膜が剥がれている箇所が目立ちます。



耐熱処理を施して早いもので約4年は経ちました。



8割方入れ替えます。


はがした後はハーネスやコネクターの確認をして再度施工しました。(剥がしたの結構ありますね~。)





せっかく新しいエンジン積むのに周りの補記類が汚いままは…。




ダメですわね。



多少出力も上がりますから範囲を広げて見ました。
これはやり過ぎに越したことは無いですね。

エンジンルームのペイントしてある場所も汚れが落ち、綺麗なエンジン搭載を待ちます。




何十台もこなしてくると範囲が広がったり、やり方が少しずつですが変化してきて自分の仕事を見つめなおす良い機会ですね。



同じ仕事でも日々進化する事を目標にやりたいですね。



ついでに配線もまとめ直したり短縮してみます。

シンプルはメンテナンスし易いのでブローオフも外したい……。

掻いても掻いても…。


よく降りますなぁ~。


掻いても掻いても…。

既に30センチは積もっています。




ここまで降るのは今まで無いですよ。


まだこれから降り続くらしいので明日も雪かきです。

先日からご来店予定のお客さんは悉く来れなくなってしまい、残念ですが天気だけはどうにもならないので素直に受け入れるしかないです。

無理して事故を起こしたり、巻き込まれたりしないようにしましょう。




車検予定のお客さんは切れてしまっても焦らないでくださいね。
回避する方法はあるので大丈夫ですから。



これだけ降ると物流や交通が麻痺してしまうのが困りますね。
予定通り仕事が進みません。

こんな時こそ日頃できないこと探してみよう。

ナプレックハイレスポンスkit ×2



2機で\170000…。



フハッ




加工から帰ってきました。

コバルト号用と竜樹本番車NEWエンジン用の2機です。






綺麗に出したら、更に綺麗になって大きな傘になって表面がピカピカです。

思わずウットリ

さっさと洗う前に加工をして明日再度切削カスが無いか?洗浄します。

『なるべく点火が進めれるエンジンになりますように』のおまじないです。


このおまじないで最大で2°点火が進めれた事例もあります。

大事な作業ですし、うちしかしていない加工処理だと思います。
企業秘密です。



竜樹号のブロックもそろそろ上がって来るので今月は2機エンジン製作ですね。





心を込めて組み上げます。
手組は必ず違いが出る所はこんな所なんでしょうね。

SR20の個体差は。

私用で金曜日から山梨に来ていてこの大雪だと…

山梨→混乱状態。
長野→普通。


高速が通行止めでして、少し時間つぶしをして開通待ちをしております。


ここ数年、エンジンOHやハイチューンエンジン製作依頼が増えまして、いろんなエンジンを開けてきましたが、個体差の激しさが目立ちます。

走行少ない→○
走行多い→×

は一概に当てはまらない

と言う結論でした。

皆さんは新車から乗っているよ…。って人はそんなに多くは無く、中古車購入された方も距離が走っていた個体や逆に少な目を購入した方などまちまちでしょう。


新車からならメンテナンスや修理履歴等の確認も出来ると思いますが、複数オーナーにあった個体は整備状況は分からないのがほとんど。
おまけにオークション等による地方を転々とした個体は未知数…。



古くなる→壊れやすい。古いけど→整備はしている→壊れにくい。


が露骨に出てくるお年頃なクルマですね。

見える場所は傾向と対策は比較的にし易いのですが、大きな機関物(エンジン、ミッション、デフ等)は一般の方だと判定は数字に頼ってしまいがちですよね。
既に新車は買えないクルマは中古車を選ぶ道しかありませんが、近くにあるから…。とか、ネットで見つけた…。などで買ってはいけません。

乗って、触って、聴いて買いましょう。



ちょっと逸れてしまいましたが、こんな状況があるSR20なら最初からバラしてO/Hしてから載せるのを前提で元々エンジンはそれなり…。でも車体はきちんとした個体をなるだけ安く購入がベストな時代に移行してきました。

金額はそれなりに掛かりますが、不安は無く走らせる事は出来ますし、本来のSR20のポテンシャルも味わえると思います。

これもただO/Hすれば良いではダメです。
きちんと補記類まで校正したり、リファインが必要なんですよ。

O2センサー不良で空燃比不良による不調を知らずに走行してカーボンカスが溜まったり、イグニッションコイルやクランク角センサー、コイルハーネス、プラグなどの点火系不良による失火でピストンが溶け、シリンダーを痛めたり、燃焼室内の溶解を起こしたり、使い方の方だと、オイルが安物を使ったり、番手を不適合な物を使ったり、オーバーヒートやオーバークールさせたりでエンジンを痛めると状態は大きく変わります。



30000キロで壊れたエンジンも見ましたし、150000キロ超でも何ともないエンジンも見てきました。

日頃の手の入れ方と最適なECUデーター、適材適所へのメンテナンス投資がきちんと出来ると20マンキロでも30マンキロでも使えると思います。




新車から乗っていない方には特に、O/HにてノーマルでもハイポテンシャルなSR20を皆さんにも味わってもらいたいです。












うちは普通にO/Hだけ…。はしませんがね。(笑)




エンジン製作、O/Hは随時受付しておりますのでお見積等もお問い合わせ下さい。

自家製ウォッシャタンク??


右側ライト下にオイルクーラーコアを付けちゃうとウォッシャタンクの居場所が無くなっちゃうシルビア系…。



男らしく、ウォッシャタンクレス


といきたい所ですが、新規で車検を取るのにレスは通りません。







良くあるのはサニトラの純正の『カンガルーバッグ』を使いウォッシャタンクにしているのですが、これも意外とスペースを取るのと、右側ストラット後ろに置くのが定番ですが、社外メーターのコントロールBOXが設置しているため不可能なんです…。






3分位考えて、ホームセンターへGO

\180でプラスチックボトルを買い、ウォッシャポンプに合う穴を開けて、蓋にエア抜き穴を付けて水を入れたら完成


300cc位入っていれば、車検は十分です。
スペース的にカンガルーバッグより小さく、バッテリー横にスッポリ入れて完成です。







実はボンネットにウォッシャノズルを付けるのも好みでは無く、カウルトップの端っこに見えにくくウォッシャノズルを取り付けスッキリさせました。


とにかく、メンテナンスしやすかったり、隅々まで手を入れやすくするのに命掛けています。(笑)








時間があったので小細工しています。









まだまだ小ネタが満載のSさんのS15。






次は何をしましょうかね。

エンジン始動!


掛かりましたよ~。


クラッチがお昼過ぎに到着して組み付けてミッション載せて、ペラ付けて、マフラー系もFパイプにO2のボスを溶接後に装着完了して、オイル、クーラントを入れ…。









クランキングスタート







ブ~ン






一発始動でした。






オイル漏れ、水漏れを確認して本日終了です。









でも、エアロが塗装後に巣穴が出来てしまい(ゲルコートが浮いてしまい空気が入ってしまう)再度塗り直しになっちゃいました








まぁ~、焦らず急がず、のんびりやりましょう。




東京辺り、雪なんだね……。


こちらは寒いけどいい天気ですよ。

この子も良い音しますよ~。



いよいよSさんのエンジン搭載しました。



オイルクーラーの配管がやや苦戦中ですが無事に載りましたよ。

この子にも付けました。





アルトラックエキマニ ロデックスタイルVerです。


エキゾースト系もフル交換に純正前期タービンを使い『究極のブーストUP仕様』パワーFCでセッティングします。


細かなセットアップだと、ファイナルも3.7に入っていたニスモGTーLSDプロを4.1キャリアに入れ替えたり、持ち込まれたニスモスーパーカッパーミックスハイパワー仕様からニスモカッパーミックスのスポーツkitに替えたり…。

完全に私の考える仕様へと変貌しています。



下のトルクと加速力は文句無しでシルビアの一番楽しく乗れる仕様になります。

又、1台、甲高いSRサウンドが聞けますね。

装着率が高く、個々の仕様違いやマフラー、キャタの違いはありますが、渇いた音にはホレボレします。



形になるまであと少し。

コバルト号のエンジンパーツも揃って、クランクシャフトの曲がり点検、ラッピング処理から帰ってくればニスモメタル発注です。

このエンジンも楽しみだぁ~。

春先は昨年から新規エンジンや車両製作した方々のシェイクダウンが多数ありますので、今からウキウキです。
皆さんが楽しく走っているのを思い浮かべながら頑張って仕事しま~す。















そして、ここ数日暖かすぎる日々が続いていて、夕方から夜にかけて、生暖かい空気の匂い…。
う~ん説明しにくいのですが、やけに峠に走りに行きたくて仕方無い空気の匂いがしています。








ハシリニイキタイヨ~。





皆さんはあります…?
私だけかなぁ~?