ろで作業日誌

シルビアの可能性。


長年付き合ってきたシルビア。


S13から始まりS15まで相当な台数やいろんなチューニングパターンを乗り継いできました。(粗末に使ってきた個体も沢山。)

アフターパーツの豊富さやチューニングの入門、修理も簡素な作りでやりやすく、とても良い素材だったのですが、年数を消化したり個体が少なくなりだした昨今は、非常に不自由かつ楽しみにくいクルマ?になりつつあります。


車両本体も現存車両が少なくなったことで意味の分からないプレミア感が付き、価格高騰化。

ボロボロの部品取り車両まで以前よりも高騰化。
純正パーツも軒並み定価がベースUPし続けてしまう状況。(在庫調整費や外注によるコストUP)

新品エンジンは車両代と変わらない金額(約70万円弱)になり、中古エンジンも状態は最悪でまともな個体は皆無。アフターパーツだけはそれなりにゆとりがある状態。

私も仕事をし難い状況は年々感じだしています。お客さんは少しずつですが良いシルビアに乗る環境になり始めているのに、やりにくい状況に歯がゆく思えて仕方無いですね。




せっかく安く手に入れても修理やメンテナンスに経費を取られてしまいなかなかチューニングに進めないクルマに乗るお客さんが多いのが現状です。
反対にチューニングカーの中古を買った方は壊れまくって首が回らないなんて方もいました。

シルビアは特に全盛期に意味の無いチューニングやメンテナンスを怠って荒っぽい使われ方をした車両が大半でしたから、その個体を知らずに購入→壊れる→修理が精一杯(泣)なんて状況は多数あります。

本来なら旧型車から新型車への移行が一般的な流れになりますが、シルビアに代わるクルマが今現在存在しないのも問題です。(ZN6は代わりにならない



この先日本の自動車文化は変わりゆくだろうし、スポーツカーが走り回れる時代は来ないだろうと思えて寂しく思います。
シルビアみたいな旧型車は締め出しにあう事が起きるはずです。(既に自動車税の増額、経過年数に応じて増額)




私を含めて現存するシルビアユーザーは『このクルマに代わるクルマが無いから乗っている』方がほとんどだと思います。
☆壊れても直す。
☆経費が掛かっても乗り続ける。
☆これしかないから乗る。
そんな高いモチベーションを持てないとシルビアってクルマはしんどいだけです。

これからシルビアに乗ろう!と考えている方は良く考えてください。
しんどくなるはず!ですから、安易な気持ちで買ったり乗ったら後悔します。

昔ありました。イニ○ャルDに影響されてAE86買ったけど、あまりの漫画とのギャップや遅さにビックリして直ぐ売ったけど買った金額の半分も返ってこなかった…。なんて話。
シルビアにも同じ事が言えますので…。





最近、私自身も好きだからこそ突き詰めていますが、いずれは違うクルマにスイッチしなければいけない…。と思う気持ちも無くには無いんです。

シルビアからいずれステップUPする可能性があるならばその方向性を先に見ておかなければならない使命もあると思っています。


パッケージが変わってもシルビア以上の楽しさやチューニングの楽しみが見つけれるクルマ…。




是非欲しいです。





そんな願いを持つシルビアユーザー以外の人も多いんでしょう。

決してシルビアを諦めた訳では無いですよ。
まだまだ重箱の隅っこを楊枝でつつく事はしていきますので、限りある資源は大切にしていきましょう。そして楽しんでいきましょうね。

それが出来る数少ないクルマがシルビアですから……。

スポンサーサイト

復活


コバルト号が綺麗に塗り終わり帰ってきました。

バッテリー台座も念のため取り外してサンドブラストしてからあえて溶接せずボルトナットで固定(溶接箇所からサビが発生するのを抑制)して周辺を広めにペイントしてもらいました。


外した部品は以下。

フロントバンパー
右ライトAssy
ヒューズBOX
オイルクーラーコア
セキュリティー一部
インクラパイピング
ラジエター
エア抜きタンク
右インナーライナー
配線一部



部品組み付けを完了したらミッションクーラーの配線を作り直し、痛んだ配線類をチェック、入れ替え、交換していきます。

ちょっと不安なのはオーバーチャージによるオルタネーターの故障です。
せっかく綺麗に直したのにオルタネーターのトラブルでまたバッテリー液が吹いたら目も当てれませんから…。

オルタネーターの点検が済めば納車出来ますね。


何事も無ければ良いのですが……。


コバルト号が吹いたバッテリーは韓国製。
近くの電装屋さんに聞いてみた所、最近、海外製(中国、韓国)バッテリーが原因のトラブルでいろんな車種が入ってきているみたいです。

バッテリーが膨らんだり、バッテリー液が吹いたり、ハーネスが異常に高温になり溶けちゃったり…。




怖いです。。海外製。




念のために使わないようにしましょう。



パイピングもバッテリー液のシミが出来てしまいましたので、1500番のペーパーをかけた後ピカールで磨きました。
シミは消えたので良かった



綺麗に元通りになって良かった~。

純正コンロッド加工。


S15のSR20DETの純正コンロッドは2種類。


平成11年から13年式辺りまでは該当せず、平成14年式のエンジン製造番号の頭の数字が5より後(4の一部)はエクストレイルSR20VETと同じコンロッドが使われています。

最近のうちのOHメニューでも定番化しつつある『エクストレイルSR20VET純正ピストン流用』にはこのSR20DET後期かSR20VETの純正コンロッドが必要です。。


コンロッドの小端部の形状が違い、ピストン裏の形状もコンロッド同様です。。

当然前期SR20DET用コンロッドとエクストレイルピストンは勘合出来ません。

コンロッド単体は4本で\50000弱。高額ですね。





そこで…。




前期コンロッドを小端部加工してエクストレイルピストンと勘合させちゃいます。



実は先日、先生とお話していた際にその話になったんです。








(ロ)エクストレイルコンロッド高いじゃん。H断面コンロッドの安い物と同じ位だとコスト高いよね。

(先)え!俺、ノーマルコンロッド削っちゃっているよ。何台もやってるけど何ともないし、削っても壊れちゃう場所じゃないからね…。ついでに重量合わせ兼ねて削るよ~。

(ロ)…。うそ~。わざわざ買ってもらって組んだお客さんいるんだけど~。

(先)今度から削ってピン穴をピンがスムーズに入るようにバリ取りして使えばバッチリだよ。

(ロ)わかりましたぁ~。






以上の会話にて早速加工してみました。

ちょうどエクストレイルコンロッドが1台分中古(次のシーズン号用の取り置き)を採寸して削りました。
計りに乗せて重量合わせもしてピンの挿入確認しました。
これで\50000は浮きました…。

ノーマルコンロッドの小端部を斜めに最大5ミリ程削り、ブッシュのバリを綺麗にペーパーで落として純正ピストンピンにオイルを塗り左右、回転させて純正コンロッドと同じようにスムーズに動けば完了です。
エクストレイルコンロッドもよく見れば鋳物肌ではなく削ってあるから、確かに削っても問題ないですわなぁ~。フムフム


先生は数年前からやっていたみたいです。。
もっと早く教えてよ~


流用ピストンの定番化のエクストレイルピストン(1個\5500)もローコストで軽量、それなりのブーストにも耐えられますし、カジリ防止の処理もしてありますから、オススメメニューになりますよ。
コンロッドの小端部加工はエンジン組んでくれれば無料にて受け付けますから、OHの際にはお申し付け下さい。



早く、1機組んでみたいですね。


今まで組んだエンジンは確かにレスポンスは純正ピストンとはちょっと違います。

VーPROになりました。



長かった道のり…。


以前はパワーFCのDジェトロ制御でした。


エンジンがゼロヨン仕様だったため、かなりシビアなセッティングで乗りずらい場面も何度か感じているまま約6年を過ぎ、コツコツと部品を集めて取付はしたものの、先生の暇な時にお願いはしていましたが暇になることも無く約10ヵ月経過。

やっと合間を見て初期データを入れていただき、クルマを預けてようやく出来ました。


仕様は何も変えずにCPUのみの入れ替えとセッティングでどれだけ変わるか?楽しみでした。

印象はアクセルのツキ、ハーフアクセル時のギクシャク感等のフィーリング面は各段に向上して、性能面はマージンを20%増やして同じパワーとトルクを実現出来ました。
実測ブースト1.5kで約500PSちょい。
トルクも50kは超えています。

始動性はクランキング時間も短くしてもらいました。
↑VーPROハーネスの間引きと短縮化で可能になりアイドリングも272°のターボではあまりいない超ハイカムでも安定しているのには驚きます。



とても乗りやすくなりましたが、ここ数年手を入れていないクルマでしたので、足まわりは古臭く安っぽい乗り味、ブレーキのフィーリングも悪く、タイヤも古いので安定せず…。

シーズン4号の方が各段に良いと感じました。
ちょっとずつ良くしていきたいなぁ~?と思いますが、暇と余力が無いとダメですね。



これで当分、盆栽です。。(笑)

希硫酸は危険ですよ。

バッテリー及びオルタネータートラブルは非常に危険ですので、皆さんお気を付けください。


コバルト号を昨晩引き取り、早速修理(急がないと被害が拡大する為)開始です。


バッテリー液(希硫酸)が吹きこぼれると周辺は濡れますが、希硫酸は名前の通り硫酸ですから、鉄板やゴム類等を痛めます。

直ぐに水洗いすれば…。と甘い考えは非常に危険なんです。
濡れた時点で塗膜を痛めて剥がれ始めて、サビがすぐに始まります。
当然皮膚に付けばピリピリするので人のカラダに悪ければクルマにも良くないです。


うちのお客さんでも、バッテリー液吹きこぼれによるバッテリー台座付近が痛んでいる方や、修理をした方がいました。




実は私も昔、マイカーS14でやらかした口でした…。


中古バッテリーを充電を繰り返して、上がるたびにブースターで掛けるを繰り返して、ある日峠に走りに行くと走行中に一瞬メーターのイルミネーションが明るくなり、タコメーターが振り切れたり、社外メーターのイルミの玉が切れたり、その後は普通に戻り、一瞬変な症状があり、数日後ボンネットを開けたら、それは悲惨な状況になっていました…。


時すでに遅し…。でしたね。(TOT)


バッテリー周りは塗装が浮き上がり、その下はサビまくり…。フレームの下側まで…。


終了…。です。




コバルト号はオルタネーターをリビルトに替えたばかりでした。バッテリーは海外製。
もしかしたらバッテリーが原因かも…?やはり国産の方がこんなトラブルは少ないかもしれませんね。


私の場合はオルタネーターが壊れた事による過充電によるバッテリー液の吹きこぼれでした。


いずれにしても、バッテリー液の吹きこぼれによるトラブルは配線を溶かしてしまってショートして火災に至る可能性もあるので、皆さんもお気を付けくださいね。


バッテリー上がりが続くようなら新品国産の安い物で良いので交換がベストですよ。

充電器に掛けっぱなしも気をつけて下さい。

コバルト邸 訪問?

只今、引き取りにてコバルト邸に訪問してきました。


ちょっとトラブルがあり、うちまで走行するには不安でしたので積載にて引き取りに来ました。


他の方でコバルト邸訪問を計画していた方々より一足早く私が訪問しちゃいました。




電動シャッター付き、広いスペース、明るいガレージから見えるリビング…。



羨ましいですね~。



生憎の雨ですが、トラブル箇所も濡れずに確認出来ましたので明日から修理しますね。



のんびり帰ります。

NA練習車


S15スペックSの練習車が暫定で完成です。。


結局、AT→5速、車高調新調(うちの初期モデル中古品)、ニスモデフ4.3、エアクリ、タコ足、アーム類フル交換(ピロ調整式)、ステアリング交換、運転席GTR純正(暫定)、フェンダー爪折り、配線移動処理を終了させて走れるスタンバイが出来ました。


このエンジンパワーに17インチの235は多分何も起きないでしょうから、16インチの205にサイズダウンして走るようになります。


さぁ~。

何時?

何処?

で試乗会をやりましょうかね~?




雨の日が良いんだけどなぁ~…。(笑)




因みにこんなの欲しい方がいれば試乗会後に販売しますよ。

ご相談下さい。

車検2年付けて50万円位でどうかしら…?

同じ強化アクチュエーターなのに……。


シーズン4号君はまだ売れていません……。(爆)


この子東名B7652(GT-RSやGT2871)と同じタービン交換車なんですが、製作後のCPUセッティングの時からブーストの立ち上がりがイマイチ…。でブーストコントローラー(トラストNEWプロフェック)でどんだけ調整しても、ブーストが安定しなくてのるたびにイライラしていました。
最初はショートポートのサージタンクがいけないと思い込んでいたのですが、標準のアクチュエーターを調整していたら判明。
イニシャルからの開き方と規定圧力時の止まり方がちょっと変と気がつき、替えようと思い、早…数週間?数ヶ月?



重い腰を上げて手持ちのHKS製のアクチュエーターに交換して試走に出たら……。









あれ…?







ブースト垂れない…。






HIブーストも1.3Kでピタッと落ち着いてオーバーブーストにもならない。オマケに加速が良くなったっぽい
ギクシャクした加速が無くなった…。(-_-;)

各ギアで走ってみても全くブーストがおかしくならない。




結局、ブーストコントローラーを微調整して、今までの立ち上がりが鈍かったり、最大値からのオーバーブーストも解消されました。
タービン自体もほぼ新品で譲り受けたので疑ってかからなかったんです。まさか付属のアクチュエーターが高ブーストだと安定しないなんて予期しませんでした。





ちょっぴり嬉しくでアクセル踏んじゃいますね。(笑)




フル加速後のフルブレーキもデカいローターと無駄に太いタイヤで素早く減速出来るいい子になりました。


唯一シーズン号で手元に長くいる子なので、少しずつ進化しています。



誰に乗ってもらっても『良いシルビアだね』って言ってもらえるようにしたいですね。





次は何処を突っつこうかしら?(笑)

夕方は空いている。


ビーナスラインでKさんのS15の最終確認中です。

リア周りを交換した際にアライメントが崩れた為、調整しながらセットアップしています。

旋回(グリップ、ドリフト共)と立ち上がりのトラクションのバランス取りはシビアです。

その前にフロントのブレーキがやや頼りなくなってきて早めに決めないとダメそうです。
日も長くなってきたのでだいぶやりやすいです。


リアのトーを10分いじり、タイヤの内圧を極力上げずに乗りやすいセットを導き出すのは神経使います。




エンジンのリセッティングも済み、非常に乗りやすく扱いやすいS15になってきました。
もう少しやってから下山します。











走るの楽しいね。



恐くて大変だけど……。


仕事だと。

長いお休みも明けて。


皆さんGWを満喫しましたか?


ゆっくり休んだり、故郷へ帰ったり、家族サービスしたり、旅行に行ったり…。



私はずうっと出勤でした。
地区の行事をこなしつつ、入庫車両の受け入れやお客さんの対応などなど、いつものGWよりは仕事も少なくのんびりしてました。



コバルトさんと巧音ぱぱさんがご来店頂きありがとうございました。



GW明けから石川県のYさんの1号車の車検準備から始まり、兵庫県のFさんの納車、フェラーリマイスターKさんのGTRパワートレイン系移植も部品が入庫して施工です。
右側のナックルも割れていましたから休み中に強化ナックルを新規製作して同時に交換です。




GTRパワートレイン系移植は最近のブーム?
になってきましたね。


やっぱり似た仕事は重なるのが我が社の流れになってますね。(笑)




最近、中古パーツも何故か高騰中で数も少なく、手に入れにくい状況で、今回Kさんの部品はだいぶ苦労して揃えました。
その前のFさんの180SXは簡単に揃ったんですがね…。


昼過ぎにハブベアリングを入れ換えにプレスを借りに行って、先程完了です。
後はマフラー取付、1G締めをすれば試走するのみです。


さぁ~。

次は誰かなぁ~?

NAのS15がまた一台やって来る



もう、要らないかもしれないけど、買ってみました…。


『大は小を兼ねる。』とは言いますが、『多は少を兼ねる?』です。


無くなる前には囲っておくと冗談ではお客さんと話すのですが、タイミングってあるのか、欲しい時になかなか手に入らず、要らない時に立て続けに入ってくる…。




世の中は不条理です…。(笑)




置いておくのは外でも良いので、お引き受けしました。



ガンメタのスペックS、AT、無事故、ノーマル、つんつるてん、車検なし。
買ってしまえば経費は最小限です…。


サビも無く、フルノーマルで室内もダッシュボードやトリム類もかなり良質なので購入した次第です。これでおこずかいは底をつきました…。



箱替えをご検討の方はオススメですね。
もう当分買わなくても良いねなんて言っていると何処かからいい話が又来そうで怖いです。。(笑)



こんなつんつるてんです。。
車両本体価格が…。




なんと…。




\120000(税別、リサイクル料別)
業販ナシ。当社にて製作及び車検取得を条件とします。
中古パーツ持ち込み取付です。。

車両の利益はほぼゼロですが、1人でも多くの方にシルビアに乗ってほしいので破格値での価格設定にしました。


気になる方はお電話、メール、現車確認などどんどんお問い合わせ下さい。