ろで作業日誌

走りに行きたいなぁ~。

雪が解けて、松本市内も夏タイヤでウロウロできるようになり、暖かく感じる日中は走りたくなる気分ですね。


休みでゴロゴロしているなんて勿体無いです。。

ビーナス開通までは当分(4月中旬)ですし、近くのゴルフ場も日陰には雪がまだ残っていて…。
唯一一カ所だけ8つコーナーがある所は走れそうです。。


走って、セットアップする仕事がしたくなる季節ですなぁ~。


Dicek号もトランク施工が終わりまして、ダッシュ上の丸メーターを撤去デフィのZDへチェンジ。EVCとステーをワンオフしてクラスター横にフローティング。
見易くシンプルな設置が完了。
これからタイロッド入れ換え、ハブボルト20本ロング化してアライメント調整して試走します。
リアの限界を少し下げて欲しい…。との事ですので大きく動かせばゆっくり逃げていくようなセットにしてみます。

限界を下げる…って聞こえが良くないのですが、良く言えば、曲がりやすい。とも取れますからね。

どの位の車速域を重視するのか?を伝えてくれればその領域で使いやすいアライメントは算出出来ます。
クルマがGを受け入れて反応するタイミングをドライバーの意思にリンクさせるのがアライメントと思ってください。

真っ直ぐ走る。とか、タイヤが内減りしないように。なんてアライメントは子供だましなレベルの話です。

スポーツカーでスポーツするにはスポーツする人にあったアイテムを使うでしょ?→分かってない輩が多数いますが。

毎度毎度言っていますが、100人いたら100通りのアライメントが有り、時期や技術向上、低下に応じて変化するもの。である

一度やったからそのまんま…。はダメよ
ドンドン変えなきゃ。

スポンサーサイト

群サイスクールコースレイアウト


暫定ですが、来月23日の群サイスクールのコース設定出来ました。

画像を参照下さい。


群サイの臨時駐車場は2段になっており、

上段で小さく回る練習。下段はパイロンスラローム+タイトS字コーナーを設定しました。
午後は状況を見てコース変更しようと思います。

朝一番は体を慣らすようなメニューですから。


画像を見て、シュミレートやイメージ作りはしておきましょう。

売れましたが…。


売れてしました。?ナゼ


ローンが通り次第整備開始します。





パッと見ると私の1号車そっくり…。


でも、私の1号車ではありませんので…。


知り合いの店でお色直ししたばかり(外装のみ)のスペックRの検ナシ、コアサポートが潰れた事故現状のエンジンは中国製タービンのエアフロレスを先生がセッティングしたフルタービン車。。(下も無く上も普通。)
売れたらタービン等は純正に戻しての販売。



これを聞けば響きは良いのですが、私は買いません。ってクルマです


良くあるドリ車って言われる、「汚い、ボロい、壊れそう」の3拍子の要素満点になんとエアロはGPのベロ付きバッタもの!のフルエアロなんです。


買われたのはうちのお客さんでは無く、近所の板金屋のお客さんが探していたそうで近場の見せれる予算内(込み込み150万円)の個体だとこれしかなかったからでしたが先程見にきて、「これで良いで~す。」との返事でした。

うちで150万円内なら、多分こんなクルマは作れません。(笑)






私の本心は複雑です。

やっぱり見た目ナンだね~。ハァ

そう言えばさっき言っていたなぁ~。

「ドリフトしたいです

って…



多分、車検取得までうちで請け負って作業すると思いますが、何となく小さな罪悪感が残っています。
儲けはたいして貰わず、業販なのと、車検取得までの仕事ですが私はこれで良いのか?と自問自答中です。
普通のクルマ屋さんは「売れたぜ!ヤッホー」なんでしょうが。



もし…、何かあったら…面倒みてあげよう…。

紹介したのは私だし…。


気持ちと対価の天秤。
ん~。難しいね。





きちんとしたシルビアを知らない、乗れない人が一人増えてしまいそうです…。

配線間引き


今日はお休みしてます。。

軽量化シルビアのアンダーコート剥ぎも疲れて飽きてきたので車体ハーネスの使わない配線を間引き中。

車両の軽量化には必然作業です。。
10数年前にやりましたが忘れてました…。


S15はかなり配線自体の重量はありました。
要らない装備も多々あります。
使わない部品のカプラーから配線を1本ずつ手繰りながらジャンクションボックスやリレーまで切りながら途中の枝分かれしている場所は先を見ながら切断です。


簡単に書きますが、かなり大変です。配線図を見ないでバンバン切っちゃっていますけど、大丈夫?

今時のクルマの配線は無理だろうなぁ~。(笑)


間引きも完了してコルゲートチューブで纏めて完成です。
室内側はほぼ使わない(ヒーター、エアコン、オーディオ、エアバッグ、パワーウインド等)ので最低限エンジンが掛かってライト、ウインカーが点けば十分です。。(笑)

こうして1台のクルマをバラバラにして理解出来ると楽しいです。

スペアエンジンのヘッドを


いざ…。の時用のスペアエンジンのヘッドのバルブ摺り合わせを始めました。


カーボンがどっちゃり蓄積したエキゾーストポートの様子から未燃焼のガス内のカーボンがバルブとバルブシートの間に挟まってシートリングに当たり不良の跡があり摺り合わせにて当たりを取ります。

きちんと密閉されないとコンプレッションは落ちてしまいますからこれをきちんとやれば少しはパンチもレスポンスも心持ち良くなるでしょう。
ポートも綺麗にしてバルブスプリングを組んでヘッドは終了。
腰下へ移ります。
ピストンリングはだいぶ減っていて全て交換。メタルも流れる直前だったので勘合をしてもらい、純正メタルで組みます。
OH完成すれば1機出来上がりです。
ガスケットは純正で良いだろう。


そして、先日先生から購入した60000キロのS15エンジンもフロントカバーのオイル漏れが酷い前期エンジンなので一度バラして内部確認後組み直します。


当面エンジンは困らなそうです。


SR20のエンジンOHは随時受付中です。
今回組んだエンジンも稼働エンジン下取りにて載せ替え可能です。
ご相談下さい。









そして、なかなか売れないシーズン4号も今年車検。
もう製作して2年経ちました…。早いなぁ~。
この仕様も約5000キロ消化。
だいぶこの仕様も飽きてきて、次のステップとして最新型のタービンを購入しました。
GCGのGTX2871Rアクチュエーター式のタービンです。

以前GTX3071Rもご紹介しましたが、アクチュエータータイプが廃盤になってしまいまして入手不可能(OHは可能)となり、エンジン内部とヘッドをやらないと効果が出にくい事やブースト制御がエキゾーストハウジングの小ささからシビアな為、ちょっと違う仕様も作りたく考えている最中、最新のGCGのカタログを先生と眺めていて追加されたタービンに目が止まりました。

狙いはブーストUPの次のステップでのブーストUPの良さはそのまま+ノーマルエンジン+カムで430PSオーバーのノーマルミッションギリギリ仕様です。

今は社外のサージタンク付き、東名プロカムの下が少し無い『グリップ方向仕様』→『ビャンビャンホイールスピンのドリフトハイレスポンス仕様』へと路線変更です。

敢えて今回はエンジンを降ろしてノーマルエンジンにてトライしてみようと考えています。(カムとガスケットは替えます。)

3月半ば以降に日本へ入荷するらしいので一番乗り?かもしれませんね。
ポン付けタービンも各社ラインナップしてから早10年ちょっと…。
もう古い物ばかりですし、新たなSR20チューンにも取り組みたいと思いました。


楽しみで~す。



そして先日は茨城の20ソアラ乗りのFさんが来店。セカンドカーのS15のチューニングのご相談にて来店。熱く4時間お話して、本日はDicekさんが入庫にて各作業依頼+ガッツリ世間話にてご来店でした。


嬉しいですね。クルマについていろんな話が出来てこれからの楽しみが増えそうです。
一緒にやっていける事が私には幸せに感じた瞬間があった2日間でした。 明日から作業開始します

初っぱなのスクール決定。

まだまだ寒い日が続きますが、今年初めのスクール開催が決まりました。

☆日程
3月23日月曜日
9時~4時まで
雪の場合は順延

☆場所
群馬サイクルスポーツセンター臨時駐車場

☆内容
バイロン設定したジムカーナーコースにて基本的なスポーツドライビングレッスン
個別にてメニューを組み苦手な部分の反復練習
など

☆定員
5名

☆参加費用
\29500 お昼付き



今回はややコースが狭く走る時間を減らしたくないので定員を少なくしてセミプライベートレッスン形式に致します。
それに辺り募集はしますが、自身のジムカーナー的コースにてやりたい内容を電話orメールにてお受けしたいと思います。書類選考にて決定します。

受付は一度電話下さい。明日から受付開始します。


決定次第ご返信します。締切は3月10日まで。

近日中にコースの暫定設定は致します。


ご参加お待ちしております。
台数は少なく、キッチリ沢山練習したい方にはもってこいです。

微妙に天気が大丈夫か?心配ですが…。

痩せた。


キシピー号も車検を先に済ませてリビルトタービンに交換しました。

以前、マウント類を交換時にサクションパイプ周りを外して交換した時に見てしまったんです…。
サクションパイプ内がヘドロ状態のブロバイ。
そしてそれを綺麗に拭き取りタービンのインペラーを見たら、羽が小さくなっちゃっていたのです。

確かにブーストは標準より低め。(アクチュエーターやソレノイドバルブも影響あり)でしたがこの時は予算上無理だったのですが、今回交換になりました。

リビルトの新品と比べると一目瞭然。

音も若干出ていたようです。

ついでにホース類をメッシュ化にしましたが、ノーマルのオイルインレットはスラッヂだらけのバンジョウボルト…。
そのまま使っていたら間違い無く目詰まりを起こしてタービンブローしていたでしょう。
前オーナーはオイル交換は疎かだったと思われます。
エンジンもやや音がヘッドから出ているのもこれが原因ですね。
いずれはOHしましょう。

先程タービンも装着完了して明日は戻し作業とアライメントで引き渡しOKとなります。
今回は他にもシリンダーヘッドのスタッドボルト折れ、触媒のボルトのネジ潰れ、遮熱板のクラック等にてだいぶ手を煩いましたが完了です。


この子も健全化まで道のりは長いですね~。

軽量を何処まで出来るか?


解体待ちの旧4352号。
リアセクション(バックパネル、トランクフロア、コーナーエプロン、サイドメンバー、クウォーターパネル、ストラットハウス)がもらい事故により、大きく損傷して車両全損のボディ。

フロントは綺麗に健在。部品はあちこち2号車へ移植に使い復帰させるには色々足りない+修理が要してしまうので今までなら解体屋へ直行と行くわけですが、 何とかして直せないかなぁ?半分前は良い状態なのに…。


空のボディを眺めて数日…。


ついに、決心が決まりました。




折角なら、おこして軽いS15を作ってみよう。


何故思いついたか?というと、ちょっとしたキッカケです。ホームセンターにポリカボネート(以下ポリカ)の透明の大きな板を見て、ガラス作れないかなぁ?ラジコンのボディがポリカなんだからそれなりのしなりがあっても大丈夫だし、昔D1の1号車がクラッシュしたときも急遽ポリカガラス作ったときに意外と簡単だったから。

理由は単純でして軽いガラスを作れるなら後は経験ありだったからなのです。
予算を投じればFRPドア、アクリルガラスを買えば済むのですが、それじゃ芸が無いだろう。
レギュレーションがある競技に出るわけでも無いならロールバーは重くなるだけ。ドアだってくり抜けば十分軽くなるし、前後のオーバーハングも切除すれば落とせるし、ヒーターもエアコンも要らないから部品も最低限の重さで済むし、でも、所々はスポット増ししないと捻れに負けそうだからその辺りはD1の2号車ボディを作ってくれたスリーライン渡辺氏に泣きつこうと考えています。






かなり長期連載。

『全損車両の軽量化大作戦!』

をスタートしてみようと思います。
ヒマな時間を使い、コネと少ないおこずかいで何処まで軽く仕上げられるか?をやってみようと思います。
今度は板金修理にも挑戦!してみたいです。



そこで先ずはストリップ化でせっかく4352さんが内装をある程度戻してくれましたが、全部ボルト1本残らず外す所からスタート。

その後ガラスを全部外し、アンダーコート除去、使わないパネルを切除、肉抜きを行います。
空の状態で約500キロちょっとならば当時に乗っていたD1本番車の1170キロは切れる予定。
ロールバーは組まずにパネルカットして剛性を落とさずに軽さを求めたいと思います。
軽くするならS13ボディが最適ですが、好きなS15を好きなように弄り倒したい!




いよいよプラモ感覚の集大成です。





お手伝いを大募集です。(笑)大変なアンダーコート除去。

近日中にガラスを外して要らないパネルを切除します。

防錆処理。


キシピー号が入庫です。
車検(継続)
右側フェンダー内ハーネス移動
下回りの防錆処理
リビルトタービン交換
タービンラインメッシュホース化


以前入庫時に気になっていた下回りのサビ。
腐食はまだ始まっていないので、早めの処置は正解ですね。
特にサイドシルの繋ぎ目とバックパネルサイドのエプロン部分は赤くなり始め早急な処置が必要でした。

早速部品を外せるものは外して下回りを洗浄、乾燥、エアブロー、転換材添付、チッピング処理、一部クリア仕上げ、部品組み付けとなります。


S15は特別コストを掛けて貰えなかった日産車ですから既に腐食して使いものにならない個体も多いです。
末永く乗るためにもやっていない車両は施工をオススメします。


本当はエンジン、ミッション、メンバーを全て降ろして隅々までやりたいのですが、予算の兼ね合いで今回は見える範囲です。。
エンジンやるときやメンバー補強時に追加でやれれば良いですね。


外装ばかり綺麗にしていても骨格がダメなクルマは短命です。。

先日の記事

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請