ろで作業日誌

オーバーホール済み


SR20DETエンジンも高価なエンジンになってしまいましたね。


リビルトは廃盤。
新品ベアは約60万円
中古は10マンキロならまだしも走行不明や20マンキロ辺りはザラ。


新品なんかは多分買える人は極僅かです。。

そうなると我慢して過走行や残る手段のオーバーホールの2つですが、オーバーホールはやはり時間の問題がある(通勤や毎日使用)方には1ヵ月も預けられない方向けに以前下取りしたSR20DETエンジンをオーバーホール済みにしたエンジンを製作しました。

基本は純正パーツの消耗品は全て交換。分解、点検、測定にてクリアランスもきちんと規定値に収めました。

作業内容は以下。
①分解、点検、洗浄。
②バルブ摺り合わせ
③バルブ高さ調整
④クランク曲がり修正
⑤シム調整
⑥ポート段付き修正
⑦オイルポンプクリアランス測定


交換パーツ
①バルブステムシール
②ピストンリングSTD
③クランクメタルSTD
④コンロッドメタルSTD⑤オイルシール前後
⑦HKS1.2㎜メタルガスケット
⑧60000kオイルポンプ
⑨60000kタイミングチェーン


以上を交換、施工しました。
いつも通りオイル滲みが出ないようにシールやOリングは規格外を使ったり、気を使った組み付けにて完成しています。

これを今お使いの純正仕様と入れ替えてもセッティング等は必要ありませんし、これを使ってリセッティングやチューニングベースに使っても良いでしょう。


気になる方はお問い合わせ下さいね。

載せたらメタルやピストンリングの慣らしは約500kは必要ですけどね。

スポンサーサイト

6速ミッション用のSST完成。


出来ましたよ。


とりあえず、5本。

本日来店のシーズン3号さんが1本お買い上げ。

残り4本中1本は赤ゴーさんに…。

残り3本。


他…。誰にオーダー貰っていましたっけ…。



足りなければ増産します。





本日シーズン3号さんの作業途中にホームセンターへ買い物に行き、適当なサイズのドライバーをアルだけ(5本)買い占めて製作しました。

余り、金額出すのも忍びないのですが、1本\3000下さい。
ドライバー代+加工代+ノウハウ代(爆)


一応、電話にてご連絡下さい。

走りにいった。

走りに行ってきました。10時から11時30分頃まで…。

君を誘って…。


引っ張りしたり、後追いしたり…。

特別ギリギリまで攻めずにほどほどの車速でメリハリのある走り方でショックやタイヤを感じながら走って普段からの練習の仕方を教えて上げました。

私はトランシーバー片手に無灯火(私のライトが点いていると自分の行きたいところを見失うため)で後追いしながら気をつける所を指示。

時折私は先行して自分のペースで走りましたが、後半はそこそこ付いてきていました。





折角近くに走る場所は沢山あるし、先生は近くにいるのに勿体無いね~。



でも、久々の山走りは楽しかった。



今日のマシンはボロちゃん。
タイヤは喰わないサイロンの205/55R16 エアは冷間2.2k温間2.4k

ショックはフロントが9/16 リアが7/16

残念なS15シルビア






普通に乗っていたら、こうなっちゃうんです…。

当時日産がコストを掛けられなかったS15ってサビや腐食との闘いは以前にも触れましたね。




本日買い上げてきた格安スペックRは12年式の長野県上田市で新車から乗られていたワンオーナー車両。
土地柄、塩カルを撒かれるのでサビや腐食には過酷な土地でしてこの子も侵されてしまった個体です。。

カーポート保管だったとの事で塗装面やモール類は比較的状態は良好の部類。キセノンヘッドライトも磨いたらピカピカでインナー側の曇りやひび割れも無く、洗車して汚れを落としたら綺麗な個体に見えてしまう状態です。


下回りはリフトUPしたら目を伏せてしまう位の赤錆や腐食が進行していて車体はやはり使えませんね。
補修出来るレベルはとっくに超えています。


S15シルビアの定番腐食箇所は以下。

①ストラットハウス前後のパネル接合部左右(シール下)
②左側サイドメンバーのストラット接合部(3枚重ね部)
③フロントジャッキポイント奥サイドシル~フロア接合部左右
④リアサイドシル末端部、ジャッキポイント水ぬけ用サービスホール周辺⑤リアサイドメンバー、トランクフロア接合部、バックパネル接合部


大まかに定番な箇所を上げましたが、他にもフロアのパネル接合部は全般合わせ目はサビます。



S15をうちで買ってくる個体はここまで酷い個体は売りません。
ボディ命なので…。
他の部品は脱着や交換が出来ますが、車体自体はポンポン交換出来ませんからね。

良好なサビの無い個体に拘るのは永く楽しむ為、愛車を大切にする為でもあります。

下回りの防錆処理が鉄板メニューになるのももう買えないS15を残念な末路を辿らないようにしてあげたいんです。


下回りの防錆処理は早めにしてあげたいですね。

やっぱり、綺麗な腹をしているシルビアは素敵

この子は当分このままでしょうね。
誰かが新規にて製作されるならばドナーとなり第二の余生を辿らせてあげたいですね。

ひょんな事から…。

本日から奥様が東京へお出かけしまして、朝一番で上田駅へ送りに行く道中、小さなクルマ屋さんの駐車場にパールのS15スペックRのナンバー無しの車両が隅っこにポツン…。
とありまして、奥様を送り届けた帰りに勇気を振り絞って、寄って聞いてみました。

クルマ屋さんには奥さんらしき方しかおらず、ダメもとで…。


ロ:『外にある白いシルビアは売り物ですか?もし良ければ譲って貰えませんか?』

奥さん: 『あの2000のクルマかい?』

ロ: 『は、はい…。』

奥さん: 『父さんいないからね~。』

ロ: 『後でご連絡頂けますか?名刺置いていきますので。』

奥さん: 『わかったよ~。』


そんなやり取りをして会社へ行き、仕事をして午後になり電話が来ました。
多分、結構なお爺ちゃんみたいな感じのお父さんから『廃車にしちゃうクルマだから良いよ。幾らなら良いんだい?』
と聞かれてクルマの詳細を聞いて交渉した結果…。
格安にてGET出来ました。
今までのベースにした車両の格安ランキングもベスト10に入るレベルでした~。ヤッホー





しかし、クルマはあちこち痛んでいたり、サビや腐食があり、クルマとしては使えない(私のシルビア定義)けど、スペックR、6MT、キセノンライト付きであれば交渉した金額分でも十分元が取れるレベルです。。

多分、箱はポイ。
エンジンは開けないと不安?
機関は問題なし。

まぁ~。部品取りレベルかしら。(笑)
あっても困らないので…。



扱いが悪かったり、酷い車両の現状を皆さんに見てもらうには良い個体です。。
じっくり、腐ってしまうとこんなに可哀想なシルビアになるお手本を見て下さい。

明日、引き取ってきますから写真UPしますね。

エアロが早速1台分。


キシピー号のエアロが一足先に届いて、先程フィッティングを終えました。


今回の依頼先が自動車用エアロの専門だったため、フィッティング作業は比較的楽でした。

明日から色塗りに出ます。




このエアロを付けたからと言って走りが萎縮するのは許しません
一生懸命走って壊しても怒りはしませんが、ビビって走らなかったり、注意が散漫で壊しているようでは怒りますからね
カッコに負けない走りやドライバーの意識が高くなることを願ってフィッティング致しました。

選ばれた人と選ばれたクルマだけが纏えるエアロなので…。



このキシピー号にはカナードは無しで~す。

コンロッドメタルブロー


早めに仕事を切り上げて降ろしたエンジンを分解しました。



やはり…。



メタルブローです…。



コンロッドの2番、3番が酷い状況で小さくなって、表面は削れ落ちてしまって銅の部分が丸出し。
相方のクランクシャフト側は見た目はセーフ?
キズは無く指にも引っかかりは無いのですが、痩せているかも?しれないです。
油膜でなんとか保っていたような状態でしょう。

これを放置したり、気にせず走らせていたら、コンロッドが千切れてバラバラになり、ピストンはバルブを曲げ、破片はブロックを突き破り、エンジンは全損になっていたでしょう…。コワッ
油もぶちまけて人様に大迷惑かけてしまいます。


コンロッドメタルは流れちゃいましたが、ヘッドの燃焼室やピストンの縁、シリンダーの上部は全く問題無く、先生のセッティングは確かなんだと再確認は出来ました。

1番と4番のメタルも多少ダメージがあるので、微弱なクランクの曲がりは発生しているかもしれないので測定してもらいダメなら違うクランクへ変更します。
クランク側のメタルは問題無かったのですが、スラストメタルの後ろ側はやはり減りまくりでして、揉みクラッチが良くないみたい…。



でも、エンジンは正直ですね。
きちんと原因があった箇所には痕跡を残してくれたり、状況を記す跡をつけてくれますから、次の対処方法が見つけられます。



大きくダメージが出る前に開けると、被害は少ないです。


交換パーツは以下。

クランクシャフト
コンロッドメタル
クランクメタル
オイルポンプ
ヘッドガスケット
スラストメタル
ピストンリング


結局OHには変わりは無いのですがね。(笑)

軽く回る腰下作るぞ~。

壊れそう。


せっかくNEWタービンのセッティングも出来て、ビーナスラインも今月末に冬季閉鎖が解除になりシーズンインするというのに…。

セッティング直後にエンジンから嫌な音。

十中八九、メタルトラブルが起きただろう。
所詮ノーマルエンジン(腰下)でメタルも純正で前タービンもセッティング時に1.4k掛けて、今回も同じくらいのブーストまでセッティングしてマージンもほとんど無いカツカツセッティングは保たなかったようです…。
アイドリングは全く普通。
3000rpm辺りにブロック下から『カタカタ』って小さな音。

メーター等は付けていないため油圧は不明ですが、流れちゃう直前と判断して、先週末に時間をみて降ろしてしまいました。
早々開けて確認します。
今のところ、ヘッドとピストンは全く問題無かった。良かった。


ずうっと悩んでいたサージタンクを純正に戻すか?(インターセプトがやや遅いから…。)

まだ時間があるのでOHしながら考えよう。
次はニスモメタルにします。

7月の群サイ本コース走行前にトラブってある意味良かった…。

ブースト掛けるとこのタービンの本領発揮なのにね。
ライフを考えれば、低いブーストにしておきたいですが…。パンチとトルクを求めると掛けないとダメだし…。

セット出しに。


オーテック用の車高調が届きまして、取付、アライメントを暫定で入れていつものテストコースへ出掛けました。


車高は極端に下げない地上高90㎜以上のリーガルな仕様のセットアップをしまして、クスコのアームをフルset入れまして特殊アライメントが幸を奏して極限なニュートラルステアバランス
タイヤはテスト用のサイロン。
ピンソが装着予定のタイヤですが、全体的に底上げになれますのでサーキットではちょうどよさそうな雰囲気ですよ。

スプリングは6K/4Kのソフト仕様。キャンバーも内減りを防止したいためフロント2°リア2°10′
私のアライメントでは珍しいフロントがネガでない仕様。

しなやかなスプリングでゆっくりロールさせて曲がる時間を長めに取れる仕様なんです。
コーナーによってはハンドルを切って待っていたらコーナー終わっちゃった…。位。

この仕様はビギナーにはとても安心出来ると思います。
S15独特のピーキーさは何処かへ行っちゃってます。

16インチもゆっくりとした挙動が楽な要素としてあるんでしょうね。


乗り心地はバッチリ。
走りはしなやかで穏やか。
S15のカッチリ感は残っていますよ。


我ながら良い出来映えだと思いました。

これでシートを待てば納車できます。

スペックRのノーマル買ってきてこんなリーガルでバリバリやっています感の無い気楽なS15が欲しくなりますね。

今夜はまだ仕事中


こんな遅くまでやっています。


久しぶりに…。



今週末に装着する強化リアメンバーを夕方、知り合いの所にある部品取り車両から降ろしに行き、会社に持ち帰り、洗って、プレート切り出して、溶接して、補強して、色入れまで完了。



今週は仕事が詰まっていて早々作らないと間に合わない状況です。。

1月と2月は暇すぎて困っていましたが、3月に入りそのしわ寄せ?とばかりに忙しくなっています。


GWもこの様子や入庫している車両の部品が入ってきて作業になる予感なので休みはなさそうです。。


作業予約等はなるべく早めにお願いしますね。
休み前だと部品等が入らないので…。



明日は朝から解体屋へ行きドライブシャフトの調達です。。
なんとか間に合いそうだ。。(-_-;)

たかがこれ一つの為に…。



rrsさんちにご購入頂いたオーテックバージョンのミッション降ろしています…。


冷えている時に半クラッチを使っている際にミッションから「キュオキュオ」って音が仕入れた時からしていました。
乗るたびにずうっと気分悪かったんです。。

暖まると消えてしまうからタチが悪い。


犯人はこの金色の 真鍮製のカラー。



「パイロットブッシュ」


たった\500位。



これだけの為にミッション降ろしたんです。。(笑)




降ろしたら発覚。ワオ


クランクオイルシールのリア側からオイルの滲みがあり、クラッチのレリーズベアリングもゴロゴロしちゃっているし、クラッチディスクも規定厚ギリギリの7㎜。

やはり、160000キロも走っていれば多少は感じない不具合は出ますね~。

上記の部品は折角なので替えちゃいます。

二度も三度も開けたり降ろしたりするくらいなら怒られても替えます。(笑)


rrsさ~ん。
勝手に替えちゃうけど宜しくねぇ~。(爆)
そんなに高いものじゃないから安心して下さい。


直ればクラッチは一段と軽くなり、繋がりも分かりやすく、静か。


幸せになります。



開けて良かった。

新潟へ。

朝、3時に松本市を出発して新潟市へ行ってきました。



S15用エアロの製作を依頼しに型を積載車に積み、えっちらおっちらとのんびり旅をして来ました。
注文を貰い、以前に依頼した業者様に問い合わせた所、忙しくて無理!と断られてしまい、あちこちのコネクションを活用して辿り着いたのが、D1時代にもお世話になった「ワイズスクウェア」様でした。

自社の製品を作っている工場を持っていて、塚野社長が無理を聞いてくださりお願い致しました。

お昼前到着に合わせて久々ののんびりドライブを下道も交えて雪解けの十日町や長岡市を通り国道8号線を北上して来ました。

10年弱振りの訪問が出来ました。

短い打合せを済ませて、型を預けて只今会社へ帰ってきました。

これで悩みの種が一つ減りました…。
ゆっくり寝れそうです。

今日は早めに帰ります。

セッティング完了。


シーズン4号のGTXー2871Rのセッティングを先程終わらせました。



いいねぇ~。
フィーリングはサイコー

フラットトルクで7000rpmまでトルクが落ちない
サージタンクが△ですが、下のブーストの立ち上がりは以前のTOMEIのB7652よりはトルクフルで排気量を上げたような感じ。


こりゃ、グリップ走行は間違い無く速い


ドリフト仕様にするならサージタンクを純正に戻し、カムを256°あたりに下げれば1000rpmは下から吹け上がるそうです。(先生談)


先生もデータが取れたみたいで帰り道は『このタービン、ノーマルエンジンにドンぴしゃだね。』を連呼していた位良かったみたいです。



後はもう少しブーストコントローラーの微調整でインターセプトをいじってみようと思います。


さぁ~。走りにいけるぞ~ ルンルン


結果はブースト1.35kで444PS。
以前のタービンはブースト1.4kで412PSだったんですが、トルクは全然高いです。


このタービン、オススメですね
ブーストUPからのステップアップには良い組み合わせだと思います。

片側\224000


ちょっとした軽自動車の中古買えます…。


S15シルビアの新品ヘッドライトユニット。
綺麗ですね新品は。


今回はキセノンタイプのインナーはブラック仕様。


知らないうちに前期と後期が部品統合されていて、基本的に前期のレンズの周りが黒く塗られているタイプは生産廃止となっていたんです…。ガ~ン
既にユニット単体での販売も終了していて、完全なASSY(ステーや電球も付いている)になっています。



結局、インナーブラック(標準車)のハロゲン仕様とキセノン仕様とインナーシルバー(Lパッケージ)のハロゲン仕様とキセノン仕様の4種類だけになってしまったわけです。。オイオイ…。



値段もキセノンタイプは片側\224000ワォ




笑うしかない位の高額

今回のポッキーさんの保険修理で両方交換とエアロフォルムバンパー(\120000)の交換。


立替だけでえらいことになってます。

早く修理して示談してもらわないとうち…。困ります…。(笑)




皆さん、S15の純正キセノン+エアロフォルムバンパーの車両にはぶつけないようにね~。

ハロゲンも新品片側約\80000していますので、安心は出来ませんけどね。

ダメだ~。曲がらない。

セット変更したんです。

先週走った時に19インチATRでセット出しした際にフロントの減衰がほぼMAX近い状況で、フロントのレートUPを試みた訳で先程スプリング交換をして走りに行ってきましたが、試しに17インチのUSEDのATRー2の235で行ったんですが…。




まるで曲がらないの…。(笑)

グリップはこっちの方が格段に上なのですが、内圧もすぐに2.0→2.3まで均一になってもショックを緩めてもちょっぴりしか改善出来ず…。

久々にハズした訳でした。

先週はタイヤも太いし、スプリングも柔らかいし、ロールすれば面圧は大きいからレスポンスは悪いがグリップ感が出る。

先程はタイヤは細く、スプリングは硬いからロールしにくく面圧が少ないため初期レスポンスは良く切り始めは良いね…でもコーナー後半が曲がらなくアンダー。(泣)




私、ヘタクソになった気分になってしまいまして、トボトボ降りてきました。
明日、19インチに戻して再度行ってみよう。



切らないコースならこっちが良いかなぁ~。

新品と中古。


だいぶ怒りもご飯を食べて収まり、仕事してます。(笑)



S15及び、6速ミッション車両の定期交換部品の一つが【シフトレバーASSY】です。。

普通は余り交換するモノではありませんが、6速ミッション特有の『シフトフィーリングの悪さ』や『ギアの入りにくさ』を解消するためにはこれが交換必要な時期やタイミングなんですよ。


新品交換するとカチッとしたフィーリングに戻り、新車の頃に戻るんですよ~。
年式も古く、走行が重なると知らず知らずのうちにフィーリングが悪くなっている個体が多く、グニャグニャしてシフトミスしたり、ギアを痛めちゃったり…。

よろしくないですよね。
ミッションオイルも通常より多めに入れて、レバーASSYも替えてフィーリングも改善です。。




大切なメンテナンスの一つですね。



そういえば、ご自身でミッションオイルをレバーホールから入れている方はシフトレバーを外す際に3番目圧入してあるブーツ?パッキン?はどうやって外していますか?

マイナスドライバーで無理やりこじってブーツ破いて室内がミッションオイル臭くなったりしてませんか?



実は外しやすくてブーツもキズを付けずに外せるSST(専用工具)を私、作って作業しているんです。結構使い易くて重宝しています。

とても使い易いので、プライベーター向けに製作販売しますよ。orz



欲しい方はご連絡下さい

腹が立つ年配者。


今、保険修理(被害者側)にて入庫中の相手方(加害者側)の大阪の某保険会社の年配?と思われる担当者。



全く腹立たしいったらありゃしない…。プンプン





被害者には穏便に妥当策を提案して、その旨をその担当者に連絡して話そうとしたら(丸く収めるためにやり取りしたくて)電話をしたのですが、こちらの話を聞く前に一方的に自分側の話をしだしました。

それが、長いこと長いこと…。

余りにも長すぎて、腹が立ち激怒しましたよ。(あんたの話は後で良いから。)

先ずはかけてきた側の話を聞くのが当たり前でしょと。

どっちから掛けたか分からなくなってしまいましたよ。



こんな当たり前の事が出来ない人(私よりは明らかに年上)が保険賠償の担当になったら最悪です。

まとまる話もまとまりません…。

誰だって波風立たないようにやりたいんですよ。加害者と被害者は収まりつかないかもしれませんが、間に入っている者達には何もメリットは生まれないのは分からないのか?
やれ裁判だの、訴訟だの、どうのこうの言い出すし…。

こっちは綺麗に直すだけなのに、こんなに疲れるのは勘弁です。
今回の事故で松本の立会に来たアジャスターさんは凄く理解あって親身になってくれるのに、大阪の担当者は話すら聞けない困ったちゃんです。。


事故に会わなくても良い保険屋さんに良い担当者を選びましょう。

うちは正直、保険事故修理でこじれると、こんなしんどい思いを沢山しています。基本的に被害者側が多くてそちら側の味方ですし。
当事者同士の事故ならば感情的になるのも分かりますが、私からの言葉にも耳を貸してもらえると嬉しいです。。

全くうちの仕事(板金修理)としては利益は無いので…(泣)





あ~。疲れた。
腹も減ったから飯食います

余り怒らないけど今日は怒りました。(笑)