ろで作業日誌

腐り箇所の修理。


先週末で仕事も一段落。
納車も今週末に青いゼロワンが納まれば預かったクルマは久々に無くなります。
結構ガラ~んとして淋しくなります。(笑)

昨日からリフトにくさりちゃんを上げて、ステップ後ろ裏側の腐り、穴が開いた箇所を大きめに切開して2ミリ圧の鉄板を切り出して形を作り溶接→サビ止め→シーリング→ピッチング処理をして、クウォーター角もアルミ板でRをつけた簡易的な部品を作ってリベット止め→シーリング→塗装。

そして本日は左フロントインナーパネルの腐食、欠損箇所をやはり切開→鉄板作り出し→溶接→サビ止め→シーリング→ピッチング処理を致します。

腐食箇所をサンダーで削っていきましたが、範囲が広くストラットパネルの付け根部分の三分のニはサビで侵されていた状況でした。

タービン丸見えでした。(笑)

先ほど溶接とシーリングまで終わりましたから、乾き次第ピッチング処理します。

乗り潰すつもりでしたが、使って不要になったらオークションに出してみようか?と思ってますので、少しずつ手を入れてみようと思います。

スポンサーサイト

折れていた…(爆)


くさりちゃんで昨晩ちょっと走りに行きました。
デフも組んだし、ラジエター替えたので現状確認の意味で。

タイヤも廃タイヤに組み替えてエアをパンパンにして久々に滑らせてリハビリ目的でテストコースNO.6。
ここは夜中になると一般車は全くなく、走りに来る人しか来ません。
先は美ヶ原の行き止まりです。。


4つしかコーナーはありませんが、勾配がキツくキャッツアイがあるので車速を落とさず車線をなるべく割らずに走っていたら、キャッツアイに乗ったときに「バキッ」と音がして、特に気にせず(ちょっと左コーナーが流しやすくなって、止まりにくくなった)走っていて、本日応急で腐った穴を鉄板を使い簡易修理をしようとしたとき…。



あれ…。?




おいおい…。




折れてるよ。スタビ。




今まで普通に使われていたクルマをハードに使えば、ビックリして壊れるは確かでした。(笑)

でもまさかスタビが折れるとは…。

どうりで止まりにくくなったわけだ。


スタビリンクもサビで痩せてしまい外す際ポッキリ。
アハハ笑うしかないね。




フロアの穴は塞がり、シーリングもしましたから雨の日も安心です。。

左下の欠損しているクウォター部はどうしたら良いかなぁ~?

考えよう。

クラッチ切れ不良。


最近、多発気味?なのかねぇ~。



tobi号、シーズン3号、ちょっと前にFさんの180SX、そのもう少し前にはコバルト号。
その間に私のマイカー君達もクラッチフルード交換、エア抜き、マスターシリンダーO/H、レリーズシリンダーO/Hなどなど…。


真っ先に「なんとなくクラッチペダルが重い」、「急いでギアを入れると入らない、入り難い」、「クラッチの繋がりが変…。」が症状として表れます。

クラッチフルードを見て下さい。
泥状や濁りがあればフルード交換~ライン内の洗浄、エア抜きでかなり改善するでしょう。


普段エンジン、ミッション、デフのオイルは交換しますが、クラッチのフルードもブレーキ同様メンテナンスは必要です。クラッチの頻度が多い運転をしていれば尚更です。

パワステのオイルもフィルターが存在しないから、定期交換は必要ですからね。


交換後はペダルも軽くなり、切れも良くなった雰囲気。
シフトの入りも良くなりました。
フィーリング面は数字で出ませんからおざなりがちです。。



しっくり来る…。って気持ち良いね。

ZN6 冷えもの作業。


先日ファイナル交換、クスコLSD組み付け、HKSエキマニ、トラストマフラー、フラッシュエディーターにて現車セッティングを終わらせた現行86ですが、流石にこの暑さでは通常走行で油温が120℃超えそうな勢い。
水温も微妙に引っ張られ気味で100℃オーバー。
水温の適温はFA20は95℃前後ですのでギリギリですが、ハード走行になれば間違い無くカロリー不足になりますね。
油温は論外ですので、作業して納車したばかりなのに冷え物施工です。。

チョイスはトラストのラジエター、10段専用オイルクーラーKitに致します。


早速バンパー周りを取り外しはじめました。

慣れない初めてのクルマは道理が分からずでしたが、前もって整備書をもらっていましたのでスムーズに取り外せました。

比較的にスペースやレイアウトはシルビアよりは楽な感じに見えます。


これからサーキット走行するには温度に厳しい時期になりますから冷却系のアップデートやメンテナンスはきっちりしましょう。

ラジエター交換、クーラント交換、ホース類交換、オイルクーラー取付、レイアウト変更、サーモスタット交換、エア抜きタンク取付などなど受付中ですよ。

適温な状態でベストなクルマでバンバン走りましょう。

合い言葉は。





Y.D.K ????





テレビCMでやってるヤツ…。




やれば出来る子。の略。



みんなやれば出来るはず!
でも、やる第一歩を踏み出さなければ出来る所までは行かない。
諦めずに思ったときに直ぐに行動に移してみよう

必ず何かが見えたり出来る事が発見出来ると思うよ。






私も昨晩から気になっていた青ゼロワンの最終セットのやり残したかも…。と夢に出て来て朝5時に目覚め、7時には会社からビーナスへ出発してこれで良かった…。と再度確認出来て戻れたので納得の朝一番の仕事でした。


いってよかった。
変化や違いが無くても良いんです。

こんな些細な事すらも後悔したくないし、お客さんの為の前に自分の為だから。

セットアップ日和


ビーナスに上がってます。


ゼロワンの最終セットアップにやってきました。
比較的土曜日の割にはクルマやバイクも台数が少な目で走りやすいです。

途中、シカさんと併走する場面もありましたが、リア周りがイマイチしっくりこずに、プリロードと減衰のバランスをみています。

タイヤがグリップするせいか、最終ロールポイントが思いのほか奥なので、レートで悩みそうな予感。

町乗りでも不自由ないようにするには多少の妥協点を見つける必要性がありそうです。。

最終段階まで…。


青いゼロワンも先日一日中セットアップに勤しみ、夕方にバネレートも決定してネココーポレーションに直巻きスプリングをオーダーして先程届きまして、最終段階を迎えました。



rrs号とはタイヤもリアの足まわりの形状も違いますから、多少悩み手こずりましたがフロント7K、リア6Kのレートで決定しました。
ダンパーの基本減衰は同じ。
LMAXのストロークは少しだけ長めにしています。(マフラー形状が低めの為車高を下げれない)

しかし、純正よりはフロント3センチ、リア2センチダウンでかなりスタイリングは良くなりましたね。

乗ってみると、純正よりは間違い無く乗り心地やタイヤからのインフォメーションは各段にUP。
不要なロールやピッチングが無いので飛ばしても安心。
純正の何時滑り出すか分からない怖い挙動も無くなりました。


それなりの車速と荷重を入れ替えればスライド状態にも持ち込めるのでサーキットでも走らせてみたいです。


生憎の小雨ですので最終セットアップはお天道様の様子を見て行きたいと思います。

3月末入庫からやっと仕上がって(足まわりの待ち時間が長すぎ)納められそうです。


オーナーさんから感想文もらいましょう。(笑)

もう1台のゼロワン


ご無沙汰していた預かっていた中期型ゼロワンのオーダーしたオーリンズのダンパーが2ヵ月ちょっと待って先ほど届きました~。


だいぶオーナーさんから催促されていて私もだいぶ煽りました…。


さぁ~セットアップするぜ


暫定のレート設定→アライメント設定→最終セットアップの流れを早めに行わないと…。


梅雨時期だから晴れた日はあちこち走らないとね~。



さぁ~スタート

トラブル。


先週、tobiさんのS15がローター交換、パッド交換後にペディングへテストコースに向かいましたが、突然エンジンが吹けないトラブルが起きエンジンチェックランプ点灯、2500rpmから吹け上がらず。
マフラーからは黒煙。

典型的なパイピング抜けトラブルなんですが、実はエアフロレスのレイテック制御。
確認しても抜けていない様子。
なんとか会社まで戻り、再確認したり、その他の怪しいと思われる箇所を見ても特に問題なし…

レイテックはバッテリーを外してしまうとデータがリセットされてしまうので外せず。

圧力センサートラブルが濃厚との判断で部品を取り寄せ替えても変わらず…。
ハーネス確認したら圧力センサーの配線が切れる寸前。
直しても変わらず…。



どうしょう…。


他のセンサー類も稼働品に替えてもやはり変わらず…。

手持ちのパワーFCとZ32エアフロを仮付けして掛けたら、エンジンチェックランプも消えてエンジンも吹けるようになり、どうやらレイテック本体にトラブルが起きているようです。



他店で作られた改造車のトラブルシューティングは大変ですね。

各要素を1つづつ確認していかないとならないので。


とりあえず、純正エアフロと純正ECUがあれば復旧出来るので待ちたいと思います。

朝練。


7時~8時まで朝練しました。(笑)



ダンパーのオイル替えたいなぁ~。

低温、低速でのバタつきが気になるようになってきました。

茨城陸運局着


先々週も来ました。(笑)

本日、登録納車の為朝3時出発で只今到着しました。

午前中納車の予定です。

業務が始まるまでしばし仮眠します

リメイクして……。

先月うちに来たサビサンプルの通称『クサリちゃん』。


だいぶ来店してくれた方には状況を見て頂けたので、このクサリちゃんの最後のお仕事の為にリメイク始めます。

実は夏休みに高校生のドリフト練習車として使われる事となりました。

穴が開いている所は塞ぎ、ブレーキ周りのメンテナンス(ローター、パッド、スライドピン)したり、タイヤを替えてスペアを作ったり、今後はLSDを機械式に替えて、ラジエターを容量UP品に替えて、シート交換を致します。
足まわりはあえて純正で動きを覚えて貰う算段です。
レーシングカートをやっているから、逆にロールの大切さが箱車には必要でラグが発生するのを先読みする運転が身についてくれると嬉しいなぁ~。


ノーマルで走るとそのクルマの良し悪しが本当に良く分かりますから、チューニングが何処に何が必要なのか?は分かり易くなりますよ。




夏休みにはエビスサーキットに行き合宿です。

エンジン壊れなきゃ良いけど…(笑)

参加者募集のお知らせ。

お知らせです。。

当社のお客さんのFさんの企画で『群馬サイクルスポーツセンター』の本コース走行会の参加者募集致します。



通称:群サイのメインコース(Hotversionの峠最強伝説と同じコース及び区間)を使った走行会を企画されて、私も参加致します。

少人数での走行会ですが、空きがあるそうなので参加したい方がおられれば私にご連絡下さい。


下りはグリップ走行メインで上り逆走はドリフト走行の上級とビギナーのクラス分けがあります。基本的に1台ずつの走行方式となります。自分のペースで走れますから、ゆっくり走ったって構いませんよ。
サーキットとは違い、クローズドの峠走行出来る機会はなかなか無いですから、この機会にどうでしょうか?


ホームストレートではパイロンスラロームや定常円旋回が出来るスペースも確保してあるそうです。
コース走行をするのは自信無い方でもこちらで練習や車両セッティングなど出来ますよ。

普段、峠を思いっきり走りたい…。と思っている方はコースへどうぞ。
私はこっちで真剣アタックとシーズン4号のセッティングに勤しみたいです。。



日程、詳細は以下となります。

日時: 7月17日(金)
参加費用: \13000
人数: それなり…。(笑)時間:AM7時30分~PM4時30分まで

参加希望と受付は開始していて、数名はエントリーされています。
締切は開催日の1週間前までですが、余りにも参加者が多くなるようでしたら早めに締切になる可能性がありますので、早めが良いと思います。

たまには一緒に同じ場所走りましょう。
初めてだなぁ~。
但しスクールじゃないから私は教えないからねぇ~。(笑)

浅溝の方が喰う。

今朝は地区の朝掃除の日で早起きでした。


そのまま会社へ行き、先日買っておいた265/35ー18のATR2を履き替えて皮剥きを兼ねてビーナスへ上がりました。

先日までは一昨年買ったATR2の235/45ー17の約6分山。だいぶ使い古しです。。

そこそこのペースで走ってタイヤの表面のプチプチも綺麗に落ちて、ブロックも肩がなだらかになるくらいまでになり、ちょっぴり飛ばし気味で走ってみるとフニャフニャ気味。
ショックを締めて再スタートしたのですが…。

265は余計にブロック単体のグニャグニャ感が露骨にきになるようになってしまい、ターンインのラインがズレ気味に…。
確か、235/45ー17も新品時からある程度減るまでエア調整はシビアだったなぁ~?と思い出しました。
薄くて幅広になったからグニャグニャ感は出ないと思っていましたが、どうやらサイズは関係無いかもしれませんね…。
この時温間2.2k。
同じ場所を走っても235/45ー17のUSEDの方がグリップ感やライントレイスはし易く感じて、余計なスライドなんて皆無だったんです。。
色々条件は違えど体感出来る部分では違いが歴然です。。


美味しい所(グリップ)はまだ減った先なんでしょうね。
上手に減らして、温度を上げすぎないように使わないと減ってから美味しい所は無くなってしまいますから。



ATR2は浅溝まで待つ!が必要ですね。

反省会開きましょうか……現地で……。

実は、先日あったおわらのスクールの反省会をしようかなぁ~?と思っています。


何故かと言うと、昨日コバルトさんちに納めたラパンの納車後にご飯食べながら色々話をしたんです…。


もしかしたら私が出している目標や課題がハードル高すぎたり、理解に苦しんでいるのが言えずに終わってしまっていなかったのだろうか…?

とコバルトさんから言われたときにハッとしたんです…。


俺…。焦っていないか?上手くさせなければマズい?と思っていたのかもしれません…。

始めた当初はそんな感じでは無かったかもしれない。


反省です。。


そんな所を指摘してくれるコバルトさんには感謝です。ありがとうございます。




その後から、ちょっぴりモヤモヤしていて、一つの案があるんです。
当日参加されていた方でスケジュールがある程度合えば、おわらでフリーの走行(午前中のグリップ枠)出来る日に反省会を兼ねて走ってみてはどうかな?と思います。

当然、私も行きます。


当日やり残したり、聞きそびれたり、分からなかったことを確認なとしてみたらどうかな?と思います。

私も少し気楽に構えて見たいなぁ~と思います。

当日参加された方で考えている方はご連絡下さい。日程調整しましょう。

エアロフィッティング


昨日、お昼から新潟へエアロ製作先に製品と型を引き上げに急遽行ってきました。


帰ってきたのは11時過ぎ…。(笑)

だいぶ疲れましたが、本日入庫した車両へフィッティング開始しました。
某…誰かさんより早めにオーダーを貰っていましたが、後回しにしていた方でした…。(爆)
誰かさんはぶつけて修理を余儀なくしてしまったのでね…。(笑)


元々はTandEのコピー品?オリジン?が付いていてうちのエアロにしていただきました。

フィッティングも無事に終わり、後は板金塗装へ向かいます。


ん~。

タイヤとホイールが駄目だなぁ~。

カッコ良くないです。。
フェンダーギリギリまで攻めたホイールが欲しいね。

誰か買ってくれないかなぁ?


もう、5年も売れません…。(爆)


いよいよオーナーさんから売りたい…。との事で誰かに嫁がせなければならない状況です。。
いろんな業者へ聞いてみましたが、良い返事がなく、いよいよ中古車雑誌へ掲載してもらおうかと思っています。




流石にSR20DET、2.2LのGT3037Sのフルチューン500PS仕様なんてそうそう使いこなせる人なんていないから(前オーナーも。)なかなかねぇ~。


会社に予算あれば買い上げても良いのですが、そんなに余裕ある会社じゃないので到底無理です。。(笑)


5年経った今でもセル1発始動で走り出せば中途半端なシルビアより乗りやすく速い。

しかし、売れるのはベースのNAやそこそこのライトチューン車両。
当然その様なクルマは値段は比較的安いし維持も大変ではないし、自分で何とか出来るし…。


久々に動かして、オイル替えたり、ローターのサビを落とす為に仮ナンバーで転がしました。


乗ってみるといいね~。
走りは全く古さを感じず今時のチューニングカーと変わりません。

排気量上がっているとトルクあるから低回転でもストレス無く走るし。
痛んでないクルマだから静かで普通の乗用車だし。




う~ん。
どうしたものか……。