ろで作業日誌

基礎練習

クルマを自由自在に操るにはやはり基本である、


走る。曲がる。止まる。


これがクルマとドライバーがリンクしないとまぐれ的に出来たり…、ちょっと外れた所を走っていてもズレが分からなかったり…、出来たつもりでいたり…。全く出来なくて諦めちゃったり…。


色々な要素で自主練習していても、正解が見えない事、多々ありますよね?


ある程度やったからコース走りたい!ばかりに気を取られている人は結果きちんとライン取り、加速、減速が曖昧になりがちです。。


そんな状態では攻めたくても攻めれないのは当たり前です。


基本の車速が低い領域のコントロールを濃くする事でその上の領域が見えて来ると私は思います。自然な流れですが、きちんと減速とライン取り含めたコーナーリングが自信持って出来れば車速を高くする事は決して恐くはないはずです。。(限度はありますが。)


そんな基本の大切さを学んで欲しくて基礎練習のスクールを良くやるようになりました。

広くて安全な場所にてスクールを今年から群馬サイクルスポーツセンターの臨時駐車場を使い行っています。
最大のメリットは少人数制でスペースも限られるため目が行き届きやすい状態で貸切が出来るのです。


一か八かでコースに出て、出来もしないことにチャレンジして失敗してクルマを壊す事をしてほしくない思いでこのような゙感じる゙を大切にしてもらいたいです。。

ここは2面のスペースがあり、今年の1回目はパイロンスラロームと8の字旋回の練習を5名のみで行いました。
スペースは決して広くない(雪が残っていて約四分の一は使えず)状況でも十分なスペースで行えました。

そして二回目は9月29日、三回目は10月9日に決まりました。
もう、雪は残っていないので相当広々出来そうです。


基礎練習だから、クルマをあれこれいじっていかないと…。と思っている方が多々いらっしゃいますが、先ずは、現状のままで来て走って、感じて、足りないと思ったモノを交換しても良いのではないかしら?


これから始めたいけど、沢山人が集まるサーキットは走り方分からないから不安…。

ノーマルだけど走れるかなぁ?

何から始めたら良いか分からない?

何時も独りぼっちだからきっかけが掴めない。






そんな方に是非参加してほしいスクールです。。
クルマって楽しくて、今より運転が上手になれたり、クルマの事が少しでもわかって来るともっと楽しくなれるんだと思います。
それをリスク無く安全に楽しみ、責任を持ってきちんとその人にあったやり方を見つける自信のある先生(私)が待っています。


二回目と三回目は定員になりましたが、見学は無料(道路沿いだから丸見え。)ですので気になる方は身にいらして下さい。


クルマを使った非日常的な所を知って貰いたいです。。

スポンサーサイト

ATオイルクーラー


レクサスIS-Fの純正ATオイルクーラーコアを大型のコアへ変更しています。


スポーツ走行やサーキット走行するとATオイルの温度上昇でロックアップしなくなったり、ギアが変速しなくなってしまう為、カロリーUPが必須です。。

純正の約3倍のオイル容量のセトラブコアに替えてナイロンテフロンメッシュホースで配管致します。

ステー作り~ホースフィッティング~取付固定。
そして、効果的な導風板を制作。

黒い車体に黒いコア、黒いホースにシルバーのアルミ板…。ではダメです。(笑)

分からないように導風板に黒いアルミテープでカモフラージュ。
バンパーダクトからもよくよく見ないと分からないようにしました。

これで冷えがバッチリになってくれれば良いですね。





そういえば今年の夏は冷え物の仕事少なかったなぁ…。(泣)

綺麗になり帰還。


石川のYさんのS15が先月のエビス南でのプチクラッシュ後の板金修理から戻ってきて、ヒットしたホイール周りの分解、点検、一部部品交換が済み試走。

ここまでは普通の流れですが、それではダメなのです。


私の場合は状況の確認がしたく、Yさんに事情聴取をしてクルマからの情報不足があったのでは無いか?何か違ったアプローチをしたのならば仕方無いのですが、同じままならば再度クラッシュがある可能性は摘んでおきたい…。


そこで、大幅なセット変更を敢行しました。

私が試乗した際に感じたのが以下。

①フロントブレーキが効き過ぎる
②リアのバンプタッチまでの時間が短い
③リア荷重が大きく溜まりすぎでフロントの接地感が乏しい(特に登り)④リアブレイクが時間掛かりすぎ(引っ掛かりが気になる)
⑤アクセルのON.OFFで車体の動きに不自然さが気になる



以上が乗りにくいのでは…?。

以前はパワーのあるクルマだから…。の設定値でしたが、今回は思い切って限界値をがっつり下げ仕様変更しました。

実際、峠レベルで限界を超える手前で何も起きずに素直に走れればサーキットではやや滑っちゃう。が私のセットアップの基本ですが、それを峠レベルでもジャンジャン滑る仕様です。。



後は走る際に現地で限界が低ければダンパーとタイヤを調整する位にしてあげましょう。



普通、こういった限界値を下げる。って聞きが悪いと皆さんは思いますが、先入観に捕らわれるからこそ不安になるのですが知らない状況だったら受け入れられるし、先入観も不安も無く走れるんじゃないかしら…。


だから、アライメントの数字は聞かないのが幸せかもしれないんです。



結局は自分が自分のクルマを気持ち良く恐い想いをしないで走るのが一番なんだからね。

これが魔法なんです。(笑)

直すべきか、捨てるべきか…。


くさりちゃん1号が修復後にエアロとアルミを装着して知り合いのクルマ屋さんのお客さんに売れたので、その売れたお金で近所の板金屋さんに長い間放置されていたスペックR MTフルノーマルワンオーナー車両を譲ってもらいました。(くさりちゃん1号よりは高値でしたが…。)

見た目は綺麗で塗装もまだまだ現役ですが、修復暦があり、不完全だったせいか、腐食が酷くなっている個体です。。



命名しますよ。
くさりちゃん2号!


部品取りレベルの金額でしたから、状況を見て判断しようとバラしてみたら…。




凄いヤバい状況です。。
初めてです。。

さわる箇所がザクザク状態で指で穴が開いてしまいます。(笑)
最終的には画像のような状態。(爆)

ヒューズBOX揺らすとパネルと一緒にグラグラ…。





でも、乗っても普通です。。(笑)


凄いよ!!S15シルビア。


まだサビが浸食している範囲は広いのでどうすべきか悩みます。

エンジンはまだ10マンキロになったばかりなんです。


NAの車体を買ってきて1台製作する?

腐食箇所を直して他人に売る?

誰か、S15新規製作しませんか?この子をドナーにして。









こんな時、きれいな箱出て来ないかなぁ~?(笑)

2年更新しました。


久しぶりにマイカー(走り用)の車検を取得しました。



まだまだ走るのに活躍してもらわないといけませんから、昨日1日掛けて車検適合出来るよう作業して午前中にサイドスリップと光軸調整を済ませて午後一番に陸運局へ。
適合する箇所への変更はたいして無いのです。

①マフラーを純正。
②スペーサー抜いてはみ出ないタイヤホイールに交換。
③シートバックプロテクター付け。
④フェンダーにサイドウインカー装着。
⑤昨年からの規制によりカナード外し。

…だけ。





車高も地上高9センチは余裕でありますから、全く足は弄らないので大きくアライメントも崩れません。





さぁ~、ラインに並びスタート。

先ずはガス検査。
プローブなる感知器をマフラーに突っ込み数秒後…。


CO × HC ×



????




あ!!インジェクターが740ccだから出ちゃうのを忘れていました…。

その他は公認を取ってあるのでとやかく言われても問題なかったのですが、一度滑り、再検査。

端っこで1つインジェクターのカプラー抜きをして(3気筒)裏技を使い再検査。


見事に


CO HC



ホッ




ほんの30分程で終了しました。


これで2年はカッコ悪くならずにいられます。


結局はきちんと整備やメンテナンスをしておけば車検での煩わしさや整備の時間、部品待ちも短くなり結果費用は最小限で済むわけです。
改造車だから陸運局ではネホリハホリされますがきちんとしておけばそんなに大変では無いのです。(皆さんが自分で行くにはちょっと大変

普段からオイル漏れ、部品のガタ、電球切れ、不適合な部品取付、社外パーツの間違った取付などが無いようにしてあれば大丈夫です。








戻ってきて、何時ものスタイルに戻り完成です。週末はちょっと走りに行こうっと

ヤバいぜみんなVol2

続きです。


練習中に末永お兄ちゃん登場して遠くから見ていた時にそれは起きました…。

最初はオーバルコースをターンインから曲げた後に立ち上がりでスライドさせていた後に8の字をやっていたんです。

な…なんと…。


振り返しをやったんです。
1回目はスピン。
そこから再度やり直した2回目に振り返したら形になって小さいながら回って立ち上がって行きました。

末永お兄ちゃんからも「めちゃめちゃ上手いじゃん。」とお褒めを貰ったのに気をよくしたせいか、振り返しの練習を没頭していました。

最初に「明日はこれが出来たら十分だからね」と見本を見せたのですが、スタートから2時間で出来てしまい…。


他にも練習している子達もいましたので、交代しながらでしたが、全く変わり映えしない他の子をあっさり抜いていってしまいました。(笑)
進歩のスピードが早すぎて笑いが止まりません。
初日はお昼過ぎからスタートして、約3時間程でしたが相当進み、終了後は末永お兄ちゃんとフェデリコ選手と写真撮ったりお話して楽しそうにしていました。

私は方付けに勤しんでいましたがね~。


その晩は岳温泉に宿泊して翌日のミーティングをして早めに休みました。

※この時点で持ち込んだタイヤ12本(6セット)中3セット途中消化。
配分考えないと足りなくなる予感。








明けて翌日。
朝7時に朝食を済ませて奥様はゆっくりしてからサーキット入りするとの事で私とりきやは先にサーキットへ向かい、8時半からスタート。
先日の復習(自発的にやる!と言った)から始めました。
同じことはサクッと出来たのですが、やや右コーナーが苦手なようですね。
隣に乗り、狙う場所や切り込む位置、待ちの時間を一緒に確認したら形になってきて3セット目のタイヤが終わりました。

ん~。タイヤが足りないから消耗し難いコースへ移動する事にしました。昨日までのタイヤはフェデラル595中古4本、サイロンレース1中古2本。
替えたタイヤはネクセンN9000。

実はここでのタイヤ選択が良かったのが後で凄い事になるのはこの時点では予想だにしませんでした。
コース4のチケットを買ったのでくるくるランド、スクールコース、北コース、峠コースのいずれかを選ぶ流れではスクールコースになりますね。
外周をくるくるランドと同じようにスライドしながらの周回を始めましたが、ここも一番奥と壁のある手前を普通に慣性ドリフトやブレーキングドリフト、インフィールドに入った振り返しを難なくこなしてしまいまして、外人さんが乱入してきたので仕方なしに北コースへ上がりました。


「さすがに北コースは普通にしか走れないだろうなぁ…?」
と思い、最初に普通に走るお手本~最終的に出来たら良いなぁ~系のストレートを4速(約120k位)から3速にシフトダウン後からの1コーナードリフト(約80k位)を見せて隣に乗り込みコースイン!

先程までは2速ホールドだったのでシフトは1回上げるだけ…。しかし北コースは4速までシフトUPは3回ダウンは2回必要。
一応簡単にヒールアンドトーは見せました。

最初は挑戦していましたが、ぎこちなくブレーキロックや回転が上がらずシフトロックしたりを3周位していましたが、その後は形なってるんですよ~。ハヤスギ!

カートはシフトダウン無いしヒールアンドトー出来ないけどあっさりクリア。
ハンドル切りながら操作しなければいけないので1コーナー先のダブルヘアピンは苦戦していました。


1時間位はずうっと走りっぱなし。
さすがに水温が上がってしまいますから水を掛けて冷やしながらみっちり走り込みお手本通りに出来ちゃってました。



こんなに簡単に教えて出来たら楽だろうなぁ~。何時も苦労してるからね。(笑)



この時点でお昼過ぎになり奥様がお昼ご飯を買って来てくれて合流。
残るタイヤは4本。
ご飯食べながらこの後どうするか?を模索していました。
奥様はまだコース内で走っているのは見ていないから、北コースで親子水入らずで走ってもらう事にしました。
奥様はレース経験者でりきやが小さい頃から助手席に乗せてあちこち走り回っていたそうで、今日は座る位置が逆。
なんか不思議な光景ですね。
子供はあっという間に大きくなり、今では私よりちょっとだけ大きいです。

走行中は私は撮影係で動画撮影していました。

クーリングで戻ってきてもらった直後の奥様の一言。

「私よりだいぶ進まれちゃったぁ~。」


いやいや…。


昨日の時点で抜かれてましたので…。


北コースに向かうまでは相当疑っていたんですよ。

「本当に出来るの~?」「ちょっと滑って立て直す位じゃないの~?」
なんて言っていた位でしたが、子供の凄まじい進化のスピードに驚いていました。


この時の二人は本当に楽しそうでした。

来て良かったなぁ。






タイヤもネクセンN9000の中古が北コースでは使いやすかった(コメントあり)そうで残り2本もこの時用に使い4時過ぎとなりました。

最後の2本のトライアングルをくるくるランドで振り返しメインで時間いっぱいまで走り回り、エビス合宿が終了となりました。


※使用ガソリン
満タン2回(約120L)+携行缶20L

※使用タイヤ
フェデラル595中古4本
ネクセンN9000中古4本
サイロンレース1中古2本トライアングルTR768新品2本




とてもハードでしたが、楽しい夏休み?となりました。


又、やってほしい…。と言われても、簡単には出来ません。(笑)
だって…。なんだかんだで\150000程飛んじゃうからね。(爆)





追記
これを見て、若いから…。って思ったらダメなんですよ。

小さい事でも出来た事に自信を持つことで次にチャレンジする気持ちが強くなり、出来ない事だって出来るようになれるはずなんです。
そこを始める前からりきや君は楽しんでいたから出来ただろうし、進歩のスピードも人一倍早かったんだと思います。
ずうっと前からやってみたかったらしいので、それが叶ったからこその結果なんでしょうね。

だから、皆さんも自信が持てる事から始めて次のステップへ向き合って下さい。
「絶対出来る!」と信じて。



そのうち、りきや君をスクールに送り込む予定?です。
皆さん首を洗って待っていて下さいよぉ~。(笑)ブッ

お盆は休まず営業中。

世間は夏休みですね。

避暑地は人が多く、松本市内も観光客が多く、美ヶ原もクルマが沢山いてビーナスものんびり走るクルマとバイクで渋滞が起きている箇所もチラホラ。


こんな日に出掛けても混み合うだけを嫌う我が家はこの時は営業しているわけです。


納車が数台あったり、来店される方がポツポツいるので開けているような状況ですが、突発的なトラブルやオイル交換などには対応していますので…。


シーズン4号も今月車検切れになるので取得準備したいと思います。

ヤバいぜみんなVol1

先日の午後と本日1日エビスにてマンツーレッスンでした。


あづがっだ…。


多分37℃の予報だったのでその位?アスファルトの照り返しで+α。(^_^;)




知っている方もいますが深くは話しませんがりきやくんが高校2年生になりまして、夏休み期間中のこの時期を見てエビスデビューとなったわけです。

中学生からカートをやっていて、最近は会場内でクルマも動かせるようになったそうでドリフトにも興味(だいぶ昔から)アリアリで行ってきたわけです。

私は一足先に出発して11月にあるリンクサーキットの大会の審査員を申し受けて下見をしたく寄り道して審査区間やポイント等確認しました。


このコースも結構楽しそうです。

今度走りたいと思いました。スクールやる?



下見を済ませて午後にエビス入りして奥様とりきやくんを待ってスタート!

マニュアルに慣れる事からスタートしようとしたら…。『軽トラの3速全開はやったことあるよ。』


…。



話は早い。




『まぁ~、取りあえず乗ってみようか?』





あれあれ…。






普通に1速→2速に入れて加速してます。





たまにブレーキはロックしても直ぐに離してリリースも出来る。




ラインはやや無理があるV字。
ちょっと直したら旋回もスムーズになり、ここでブレーキを残したり、荷重を移す事を説明する意味で交代して見本を見せたらその後あっさりクリア…。

まだ始めて1時間…。





そこに末永お兄ちゃん登場。







あ~。長くなるから今日はここまで。





オイ!みんな…。そのうちりきやくんに喰われるぞ






続く。

明日からエビスです。(夏休み?)


明日から5日までは会社お休みです。



会社的に夏休み?なのかしらね。



エビスへ行ってきます。くさりちゃんを走れる最低限のパッケージに仕上げてありったけのホイールにありったけの16インチの新品~中古タイヤ全て組みその他の道具も載せました。


高校2年生のドリフト練習のお付きと先生とメンテナンス係です。


1日で何処まで出来るようになるのかなぁ?

カートやっているし、若いから直ぐに出来るような気がします。

でも3ペダルのクルマを動かすことから教えないといけないから、最初は加速と減速だなぁ。




全く真っ白な所からスタートしますから手腕が問われる部分ですね。






頑張ります。

走行記録 8月1日

8時30分

七島八島線
ドライ
ATR2 265/35ー18×4
走行前オール2.10kスタート




走行後
右前2.35k
左前2.30k
右後2.40k
左後2.35k

フロント10戻し
リア18戻し


アベレージ100~130、ロール量適量、ギャップ走破は煽られ、跳ねナシ。ロールタイミングフロント早めからラグなくリアへ移る。終始ニュートラル。
切り込んだ時にややフロントに残り気味。しかしタイトコーナーは最適。キャンバーやや起こした方が良いか?

リアキャンバー起こしと車高ダウンでリアの粘りは以前より懐広い。怖さはない。

今まででベストに近いセットかもしれない。