ろで作業日誌

足回りを換えても走れない…。

昨日、やっとOさんの車高調が届き装着してセットUPをスタートしました。

会社の周りを慣らしを兼ねて数キロ走り、何時ものテストコースNO2(この時期ここしか走れない…)に向かいました…。



が…。




ダメです…。




雪の中央分離帯状態+路肩の雪で走行ラインは1本。所々轍あり。

とても荷重入れたり、ロールするスピードまで行きません…。



そそくさ諦めて会社に戻ります。


朝晩は凍るので日の上がっている昼間に行うしかないのですが当分無理っぽいです。

グリップ仕様でタイヤはDLのZ2☆ですから、全然スピード足りないの…。

スポンサーサイト

急遽公認車検取得。

水戸のFさんのS15も大詰めです。


先日エアコンガスチャージが終わり、残りは公認車検。

このベース車両はまだ少しだけ車検残がありましたので継続車検と構造変更検査を急遽行いました。
元々がNA、ATですから、ミッション公認、クスコアッパーアーム、エアロとオバフェン装着で種別が小型→普通になります。
急いでライトテスターとサイドスリップを調整してもらい陸運局へ…。
書類は前もってお願いしてあったので通常の検査をしたあと測定。

夕方無事にナンバーも5→3ナンバーへ。
長さも444→456ミリ
幅も169→180ミリ
高さも129→127ミリ
動力伝達装置、緩衝装置が記載されました。


これで残りはECUセッティングとイケヤタイロッド装着となりました。

先週降った雪もだいぶ融けてきましたのでやっと通常の業務もしやすくなりそうです。


改造車の車検はうちでは数日(約3日位)で出来ます。
お困りの方はご相談下さいね。
結構聞くんですよ…。
出しても2~3週間も掛かった…。なんて聞きますし。(笑)





ブレーキメンテナンスは重要です。

最近パッド交換が多い当社です。



社外パーツが多いくせにブレーキはノーマルだったり適当なチョイスだったり…。
こんなクルマは運転でどうにかすれば良い…。って決めつけている人や分からない人のどちらかでしょうね。


先週入庫した近所の方のS15シルビアが「キャリパーをOHしたけどタッチが柔らかい。」「エア抜きしたけどペダルがフカフカする。」症状で私の知り合いの日産ディーラーの方からの紹介で作業しました。

入庫時には前後左右はキャリパーOHが済んでいて、パッドはG○スポーツのパッドが装着済み。パッド残は半分ちょっと。

しかし、熱が入った形跡(ヒート跡)がありました。
疑ったのはパッドの炭化。材料に対応温度を越える熱が加わると燃えて炭になっちゃうんです。
入庫時にそんな話をしてパッドを交換する運びとなりました。
タイヤはATRとトライアングルのミックス。足はGマスター。車高はペタペタ。
パッドが届き交換している最中にシールが飛んだ左側のリアキャリパーに装着していたパッドはなんと…。
フルードが染み込んで柔らかくなっちゃってました。
入庫時のペダルタッチが悪かったのはこれが一番の原因だったようですね。

炭化だけならばそこまでフカフカにはならなかったかも知れませんね。
残量があるから安心。ではありません。
酷くなると炭化してしまうと裏金からパッドが剥がれて脱落、欠損してブレーキが抜けてしまう…。なんて最悪の事態になりかねます。


キャリパーが壊れてフルードが漏れたら必ずパッドも換えましょう。

S15の左側のリアキャリパーのパンクは定番ですね。

先ほど道路に雪や氷がなくなった所を見つけてペディングも済みました。
タッチも良くなり、明日納車出来そうです。

早々板金して納車。

昨年11月から来てくれるようになったお客さんのHさん。近くに住んでいるので何かと頻繁に来られています。


先週の雪が降ったあと夜間走りに行った際に見えなかった段差に落ちてバンパーとフェンダーを破損して木曜日に入庫後に私ができる範囲で修復作業して何時もお世話になっているカーサービスボウさんへ入庫。事故車両が沢山あるにも関わらず素早い修理で土曜日に帰還。

インパルバンパーだったのですが純正バンパーにフォグランプを取り付けました。
インパルバンパーも修理は可能だったのですが、あえて純正バンパーにした理由はHさんの体の問題を今回の事故の中から導きだした結果このような形に致しました。

Hさん…。以前やっていたスノボでの転倒で怪我した際の左目の網膜剥離で左目がやや不自由だった為左側の視界確認が不十分だった事による破損事故だったのです。


要するに夜間の視界が不十分で確認出来なかったから起きた事故。
元々ハロゲン車両も相まって見えない体に見えない車両ならばこのような事故は起きても仕方無いかも知れませんね。


その為、フォグランプ装着出来る純正バンパーが必要であるわけです。
そして同時にLOビーム側も社外HIDへコンバート。
先程引き取りに来られて確認しに試乗して頂きました。

これで足りなければ、フォグランプやHIビーム側もアップデートが必要かも知れませんのでしばらく様子を見て頂きます。



直すだけならば簡単なのですが、そこから一つ先を見据えた事故防止の為に車両の仕様変更は必要なんだと私は思います。
今回の事例は私は見えている前提(両目共に1、5)で話をしていてもHさんは見えていない事を知らなかった事にも問題があったと見ます。


走る為に必ず一番最初の認知(見る、見える)が不十分ならばその環境を変えたり、伝えて貰う事がとても大切だと思いました。


皆さんもご自身で抱えている体の不調や不自由な部分を我慢していませんか?
自分で何とかしなければ…。なんて思っていませんか?

見える様に仕様変更するのは決して無駄ではないと思います。

ライト周りやシートポジション、サイドミラー、バックミラー、各ガラス等々の再確認してほしいですね。
通常走行だけでは無いクルマに乗っている方ばかりですから…。




結構ないがしろにされている部分が露呈した事例でした。

洗うはじから凍る。

今朝はかなり冷え込み-9℃。

只今工場内-2℃。

余り上がっていません。(笑)


Dicek号の全バラも済み、かなり汚いエンジンルームを洗う為に外へ出し、クレンザーやオイルクリーナーを使いクリーニング開始しましたが、さすがの寒さに洗うはじから凍っていきます。


もう…。手がかじかんでしまいギブアップです。

この作業は板金屋にやってもらう仕事なのですが、やはり拘りの仕事をするためにも自ら納得できる状態で持ち込みたいのです。

今回、修復跡のやり直しがあるのですが、これも頻繁にチェックに行き納得できる作業をしてもらわないと二度手間になるのは嫌ですから。

事故修理って分からない(外注や委託先、作業する人、納期の問題、金額の問題)ので簡単に一言で板金修理って難しいんです。
数年経っても何も問題ない修理跡と半年もしないうちに色ボケやパテ引け、塗装割れ、寸法ズレが起きてしまう修理跡の違いは大きいです。。

今回Dicek号も修理跡の内部にサビが出てしまい進行しているために大掛かりなパネル交換となりそうです。
せっかく全バラにしますから、仕上がりは今までより良くなければやる意味はありませんからじっくりやりたいと思います。

大切にしているクルマだからこそ、修理もきちんとした所で行いたいものですね。

荒い終わったエンジンルームは真っ白になりました。
気持ち良いですね。

半年先の予定ですが…。

ロデックスタイル発足11年目の今年、発足当初からの念願だったお客さん限定の全員参加(希望)型のイベントが実現に向けて始動しました。


走り系のお客さんがほとんどですが、中には緩めに楽しむ方や動体保存重視やノーマル主義の方などもいらしています。

そんないろんな付き合い方の人達が交わる機会もお店ではなかなかできず、イベントとしての機会を設け、皆さんの交流の場(私の悪口で盛り上がっても可)に出来たら楽しいだろうなぁ~。と思った訳です。


関東、関西、中部地方にお客さんが多く、場所に悩みましたが何処からでも移動が平均的な距離の富士スピードウエイに決めました。


日程等は以下になります。


日時:8月11日(木曜)山の日 祝日


場所:富士スピードウエイ ドリフトパーク


募集台数:お客さん全員が希望ですが、50台は来て欲しいです。


参加費用:\16000 (参加者のみお昼付きですが同伴者がいれば別途ご用意しますよ)


1日専有でクラス分けやジャンル分け有り(同乗OK!)の走行会、パドックは各自コミュニケーション(写真撮影等)の場でお使い下さい。

サーキット未経験の方でも安心出来る先導付き(私の)走行も致します。

コース周回もありますが、定常円、8の字タイムも設ける予定です。
各参加者同士の車両乗り比べ試乗会なんかもやってみたいと思います。


参加条件ですが、当社にて車両購入、部品取り付け、セットUP等をされた車両にお乗りの方でお願い致します。

出来るだけ沢山の方に来ていただきたいと思いお盆の休日に致しました。
そして早めのスケジュール決定により調整していただけたら幸いです。

当社のお客さんは9割シルビアですのでちょっとしたシルビアミーティングになってしまいそうですね。
他の車種に乗っておられる方も是非ご参加下さい。

もし、まだ当社にいらしていない方は8月迄に何かお仕事させていただければ参加可能ですよ。(爆)


今からお休みの手配宜しくお願い致します。
参加希望の方はご連絡下さい。
電話、メールどちらでも構いません。
ご質問等も遠慮無く下さいね。


090-5349-3506
rodextyle15-_-15@softbank.ne.jp


順調に…。

東京のSさんのS15の作業も順調に進んでいます。


エンジンマウントを左右外してニスモ新品にしました。
外したマウントはやはり捻れてしまっていて使い物にならない状態でした。
かろうじて、ミッションマウントは大丈夫でしたのでキャリーオーバーです。良かったね。


テンションロッドが左右逆も入れ替えて1G締め。
そしてドライブシャフトのOHを開始。
ばらして見たら…。
やはりグリスは液化していますが、一部錆びています。

長い間動いていなかった?
結露した水分が錆びを呼んだ?


何れにしてもバラバラにして洗浄してブーツKitが片側分しかなかったので片側のみOH。

アクチュエーターも純正に戻して無意味なキャッチタンクを外し純正のブロバイホースに戻し「ブースト上がりすぎ症状」は改善出来0.7Kで落ち着き安心して全開に出来るようになりました。

着々とリフレッシュされていきますが、年末から気になっているラジエターのカシメ部分からのにじみが全開に走れるようになったせいで水圧が上がりにじみが酷くなってしまい、ラジエター交換になりました。


これで安心して全開に出来ますね。

明日は残りの片側のドライブシャフトOHです。
ポキポキ音からおさらばです。

おかしいぞぉ~。

本日は追い込んで作業していますよ。


水戸のFさんのS15の補記類のセットアップ→クランキングまでこぎ着けましたが、何故かセルが回らない…。

あれこれ見ていましたが諦めて赤ゴーさんのNVCSプーリー、ロッカーアーム、ラッシュアジャスター交換→エンジン始動→暖気後点火時期調整。残りは試運転して完了。これはすんなり。


そして東京のSさんのHKSGTアクチュエーターの再調整→ゆるゆるにしても加速していくと1KオーバーでNG!。と同時に発覚!
なんとニスモマウントが左右逆。\(>_<)/

何時かの誰かのS15にもありましたね。なんとニスモテンションロッドも左右逆。(笑)

どうやらディーラーの仕業らしいですよ。
こんな仕事だから1G締めなんてしていないだろうなぁ。

ディーラーのメカニックは左右が分からないのかね?箸と茶碗が反対に持つんだろうね。(爆)
こりゃ他にもヤバそうな所がありそうだぞ…。

そしてセルが回らないのを確認していたら、スターターのリレーに電気が来ていないと発覚。
室内側のリレーはカチカチ音がしていますから、フェンダー内のハーネスが臭そうな雰囲気。

もう寒いから明日フェンダー外して確認です。

チャッチャカ終わらせないとDicek号全バラやOさんの足交換等があるので早くリフト開けないと…。






只今、気温2℃
寒いねぇ~。

エンジン、ミッション搭載完了。

待った部品も届き、エンジン、ミッションを搭載しました。


まだ補記類が残っていたり、パイピング等の溶接が待っていますが目処がたって来ました。


完成間近です。


今週中には産声を上げるでしょう。


最多の来客日。

本日、3連休のなか日。


ご来店頂いた方が4名。

浦安人さんとお友だちのKさんがAM中にご来店。
Kさんの車両のカウンセリング。
午後一は昨年末にご来店頂き、打ち合わせをして本日入庫の東京のSさん。そしてスクール常連の群馬のKさんが只今作業中の水戸のFさんの15の見学にいらっしゃいました。


個々にコミュニケーションや情報交換等、同じシルビアに乗っている者同士なのか、会話も弾み楽しい1日でした。


うちのくさりちゃん2号に乗ったり、ちょうど入庫中の赤ゴー号やdicek号を見たりしながら談笑も自分のクルマしか知らない方には新鮮に映ったようですね。


KさんのS15は定番の1G締めを行い、走ってもらい違いが感じれたようで良かったです。
今後の進展も楽しくなりそうですね。
SさんのS15も安心して全開に出来る様に細かなセットやリフレッシュで何処まで新車に近づけるか?も楽しみです。
群馬のKさんも次の車検までにどんな方向性にするのか?もじっくりやって行きましょう。



皆さんとこうした時間が過ごせて、皆さんが末長くクルマを楽しんで行かれるような環境や受け入れられる場所や存在でありたいです。




残念ながら。

2月に予定していた筑波サーキットジムカーナー場でのスクールですが、結局月の半ば以降は全て占有が入ってしまっているらしく予約取れませんでした……。トホホ …。



しかし、これで終われないから違う場所探してみます。


せっかく暖冬だからね。



小さくオイル漏れ。

急遽11日に走る事になりまして、オイル替えたり、パッド替えたり、フルード入れ換えたり、アライメント確認したりしています。





そうしたら…。 エンジンの下に油の油滴が…。


オイルパンのシールが甘かった(OH時に急いだから?)かな?
シールやり直して数日…。


あれ?


まだブロックの左側がオイルが付着しています。


????


なんでだ?


タペットカバーのパッキン?

新品取り寄せて装着。


試運転に出て帰って来て見たら…。


ヘッドとタペットカバーの間が左側の2番と3番の間だけオイル滲みがある…。







……。





タペットカバー、ひび割れている…。(爆)





(笑)








このタペットカバー、3年前に使えないかも知れない…。って言われて買ってきた中古S15エンジンに付いていたタペットカバーでして、先日、結晶塗装してもらい装着したばかりでした。



多分、元々ひび割れていたんだろうね。

確認せず(降りていればわからないし、割れている…なんて想定外。) 装着したのも悪いのですが、まさかのタペットカバーのひび割れとは…。トホホ。


タペットカバーパッキンも必要無かったかもね。?


自分のクルマだから、何時でも良いや。と思っているのはやはりダメですね。

自分のクルマもきちんとやって、お客さんのクルマはもっときちんとやり完璧にしないとね。


外して見たら…。


小さいひびだらけでしたので、少し広い範囲で削りしっかり脱脂後に毎度恒例のエポキシボンドで補修です。


しっかり固まるまで一晩置きましょう。



まさかのタペットカバーのひび割れトラブルでした。



暖冬だから…。

いやぁ~。

暖かいですな…。


全く雪が降らないね。


暖冬だからこそ、せっかくだから暖かい雪の降らない場所で走りますか?

今、考えているのは2月の真ん中辺りに筑波サーキットのジムカーナー場でスクールをやろうかと思っています。

昨年から新しいお客さんが来られて、走りたいけど今はオフシーズン…。
練習出来なくて…。
走りたくても走れない…。


平日ならば、冬季料金で割安だから少人数で出来ますし、筑波ジムカーナー場ならば危険回避シュミレートも出来るし、コース設定も可能なのでシーズン前のセットアップも出来そうです。


人数はコースが割りと広いので7名位にしましょうか?

予定は金曜日辺りにしたいと思います。


関東方面の方は近いから冬タイヤは要らないね。
こちらの地元から行かれる方はスタッドレス履いて行って、現地履き替えならば大丈夫かなぁ?


ご希望日あれば連絡下さいね。

着地してリフトに移動。

GTRハブが到着したのでパワートレインが組み込み完了しました。



リフトに移動です。



下廻りの防錆の届かなかった所の追加を行い、エンジン、ミッションの受け入れ準備に入りました。

黒い車体に黒いホイール(私のホイールですが。)は怪しさ満点の「カラス」のようです。



やっぱり、歳を取ると黒って良いなぁ~。って感じます。

黒は綺麗にしていないと本当に残念↓になってしまう塗色になりますし、キズも目立ちますから、管理は大変ですが綺麗になっているときには他の色では満足出来ないツヤ。は敵いませんね。


いよいよ完結も間近となってきました。
今月中旬にはエンジン掛けて転がせれそうです。

路面の見極め。

暖冬の為、まだ雪は降る気配ありません。


今日は春のような暖かさでした。
今日からちょこちょこ仕事始めました。

暖かく、油断して夏タイヤでうろうろしている時がありますが、このような時期に凍結防止に撒かれる「塩化カルシウム」が路面を迷わせるんですよ…。

寒冷地に住んでいない方には通常のドライor雨のウエットの路面しか知らないと思いますが、私達のような寒冷地で過酷な状況下でクルマを乗る者はいろんな路面の上を走っています。

上の2つの路面の他に凍結路面、圧雪路面、塩化カルシウムのベタベタ路面。が追加されます。

知らない方は追加の3つの路面の走り方分かりますか? 微妙に違うんですよ。
当然冬タイヤで走るのは当たり前ですけど、その3つは外気や路温で状況は変わるんです。

見てもウエットと凍結と塩化カルシウムの撒かれた後の路面は同じに見えてしまうんです。(路面は黒っぽく見えているだけ)

濡れていると思って入ったらスパーン!と滑ったり、スピードが出ていなくてもコーナーに入ったらドアンダー!だったり…。
予想だにしない出来事がこの冬季には起きます。

地元の人ですら見極めが難しい路面ですから、冬季に来店される方は夏タイヤ装着しているならば、相当気をつけて来てください。

日向と日陰で乾いていたり、凍結していたり複雑に混じっています。

私はこんな時期太陽の上がっている高さと日陰の確認、窓ガラスから手を出して外気を感じ路面の冷えを想定して運転しているんです。
オフシーズンでも同じく外気を肌で感じてタイヤを暖めたりするんです。



この時期にご来店される方は気をつけていらしてくださいね。




黒っぽい路面も鈍く光っている路面とピカピカに光っている路面と光っていない路面では全く違うんです。
アスファルトによって見え方、グリップのしかたも変わってくるんです。
ヘェ~。