ろで作業日誌

下廻りの処理は。




下廻りのチッピング処理の甘いS15。(S14も同様)

毎度恒例となりました「防錆処理」ですよ。


錆や腐食が進む前に少しでも遅らせてあげる為の処理です。
根本的な解決にはなりません(新車時にやれば最適)が確実に進行は遅らせれますね。


小さな赤錆は転換剤を塗ったりして不必要なサービスホール、パネルの合わせ目にはシーリング処理をしてゴム性のチッピングを塗ります。

サイドシルに水分が溜まりやすいS15は水抜き穴は残し、雨水が浸入しやすいヶ所が数ヵ所あるのでポイントを狙ったシーリングが秘訣です。

タイヤの石跳ねの多いタイヤハウス後ろ側も厚めに塗りました。
ここは定期的にお客さん自ら追加してもらえれば長期的に防げますからね。

下廻りの外せる部品は全て外して洗浄→乾燥→エアーブロー→錆転換剤→シーリング→チッピング処理→クリア掛け。

大変です。髪はガサガサ…。顔中小さなはんてんだらけ…。鼻や耳の穴は真っ黒…。唾を吐けば黒い…。 (笑)



でも、少しでも永く乗ってもらえるならば頑張りたいですよ。


見た目が綺麗でも見えない下廻りがボロいと折角のクルマも台無しです。




本当は全部バラバラにして車体だけになればもっと細かいところまで出来ますが、先に出来る所だけ済ませて何れ他の大きな部品を外した際に追加も可能ですから、早めの施工が良いですね。

これから高速道路は「塩化カルシウム」を撒きますから下廻りは特に錆びやすくなりますし、濡れた後の塩化カルシウムはベタベタして車体のパネルの隙間に入り込み錆の原因になりやすいのでこの時期迄には済ませて起きたい作業です。



うちで作る車両(シーズン号や箱替え車両)には殆ど施工されています。
うちのお客さん達の車両は良好なボディ+防錆処理で旧さを感じさせないようにしています。







この作業…。結構大変です。(笑)



スポンサーサイト

ノーマルなのに不調…。


うちのお客さんのクルマなんですが、不調です…。


車検にて入庫しましたが、板金→車検→依頼ヶ所の部品入れ換えの流れで作業してきました。
車検時にもちょっとばかり「あれ?」と思うことはありましたが、対応出来ることだったので問題無かったのですが、実はこの不調の原因によるものだったのが今、判明しました。
お客さんも「なんか調子良くない…」と言っていたのです。


実は数年前に奥伊吹での当社のスクールでエンジンが壊れて、直したのは他所の業者さん。(エンジンは載せ換えしたらしい)そのあとは私は全く触りもしないし、メンテナンスもしておらず今回の入庫となりました。


原因はエンジン載せ換え時にきちんと調整してなかったのが全ての原因でした。
普通はエンジンが掛かったならば、暖気を済ませて、点火時期やAACバルブ、スロットルポジションセンサー、各センサー類の洗浄、作動点検して確認するのが一般的。

多分、載せて終わりにされたんでしょうね。


なんと…。

点火時期は6度(通常は15度)
おまけにAACバルブが開きすぎていた。(車検時に最初COがアウトだったし。)

それじゃ…調子悪いしちゃんとなんて走らないよ…。








やっぱり私が見ないとダメなんだよね…。


でも…。


お客さんは「何処でやっても同じなんだろ!」、「安いところでやればいいや」って思っている人が大半なんだよね。(泣)
確かにうちは工賃や作業代金は高いかも知れない?けど、ちゃんと走るところまでやってから返します。それなりにお金貰いますから面倒見ます。



伝わらないんだよね。文章だと…。



今は抜群に調整が済んだので入庫時より格段に速くなったし、調子良いでーす。


後はオイル替えたらおしまいです。



さてと、お昼食べてきましょ〓




シルビアでノーマルだけど調子が悪い…とか、改造をDIYでやってガチャガチャで調子悪くなっちゃったとか、他所でやってから調子悪くなっちゃった人。

直してあげますから…。

持って来て下さいね。
持って来れない人は取りに行ってあげるからね。



練習できたが…。

本日はスポーツランド山梨に走りにいって来ました。



当初の雨予報の為、ノーマルなS14にて走行しましたが、最初の1ヒート目がウエット路面でその後からはドライに変わってしまい、少し苦戦しましたが良い練習になりました。
途中、180を借りて走ったり周りの方々とくっついて走るのも出来てリハビリも出来ました。


まだまだ体は動いているし、乗れているから走らないと。

もっと出来ることや凄い走りが出来るように楽しんでいきたい。




しかし…。
練習車両のS14…。
ヘッドガスケットが抜けてしまいました。多分、元々?の可能性がありそう。
水温はきちんと管理していたし、ブーストは0.8kだし。
近日中にヘッド降ろしてガスケットを替えよう。(笑)



出発

本日お休みです…。

先程スポーツランド山梨に向けて出発しました。

何れで行こうか?悩みましたが、今村選手はノーマル?のR32(SR20)or180SXのどちらかで走るとの事でしたので…。

私はS14で行きまーす。




さて…。

一緒に走れるのかしら…?



一番最後でした。

車検で先程まで陸運局にいました。



夕方最後のラウンドで予約して、午前中にテスター屋さんで調整を済ませて会社に戻り作業をしてから時間を見て陸運局に行くと…。


何故か長蛇の列…。?
何だ何だ?


テスター屋さんも物凄い長蛇の列…。


たまたま車検にももさんが来ていたので聞いてみたら…。


「昨日の雪で車検に来れなかった人達が押し寄せたみたいですよ。」


通常は予約の出来る台数の制限はあるはずですけど、何時もの3倍はいたよね。

結局、待ちの時間ばかりが長く検査したらなんと…。








ブレーキランプの玉切れ…。 アサハツイテイタンダケド…。





既にこの時点で4時15分。


素早く電球を交換しに会社に戻りましたが、何故か行きも帰りも道が混んでいて陸運局に着いたら 5時…。



もう真っ暗で検査ラインは閉まりかけているし、検査しているクルマも1台もいない。(泣) ドウシヨウ


検査官にお願いして何とか合格して無事に帰ってこられました。ホッ

陸運局で最後になるなんて今まで無かったから、ちょっと不安になりました。




も~っ!雪のせいでとんだとばっちりでした。

随分予定が狂いました。(泣)

しかし、これから小諸に行く予定が無くなりましたのでこれから見積り作ったりです。





ショックOH。


関西のFさんの180SXが車検とメンテナンスにて入庫しています。



うちの足を付けて早3年。
最近、「ゴツゴツ感」を感じて減衰を緩めにして走ってちょうど良い…。 なんて状況との事でショックをOHする運びとなりました。

大体の車高調はOH時期が来た段階で製廃だったり、メーカーが無くなっていたり…。
うちの前の足も部品取り寄せに時間が掛かる事から今の足に移行しましたが、こちらは安泰なのでOHは余裕綽々で御座います。(笑)


車検前にメンテナンスを済ませて車検に行こうと思いますので先に足のOHからスタートです。

シート、ブラケット類の固着も無くすんなりとバラバラになりました。

山向こうのネコ先生の所へ持っていきましょう。

OHが済めば又、新品時と同じ?それ以上になると思います。

OHしたばかりは凄く乗り心地が良くなる(フリクションの兼ね合い)ので楽しみですね。



時間が経過すると内部部品も交換が増えてしまいますので、抜けたり、動かなくなる前にOHをオススメします。


OFFシーズンに合わせてショックOHも受付しますので宜しくお願い致します。

今年のシメ!



本日で今季のビーナスラインも最後です。



今回は残念な事に一番楽しみにしていた赤ゴーさんが2日前に通勤中に貰い事故にあってしまい参加を断念。


今回は地元から86のSさん、BRZ9891さん、NBロードスターのFさん、県外からは某ダンパーメーカー勤務のFさん、間抜け金貨さん、そしてたまにコメントくれる山田ひろさんが偶然居合わせて…。ズルいぜエリーゼなんて…。





今回は大所帯でしたね。


14時辺りから山辺側から登りだしましたが、山は白い…。(笑)

一枚目はアザレアラインの途中。

二枚目は扉峠の待避場。


でも路面はドライ。ヨカッタネ。


扉峠から和田峠まではやや怪しい状況(霧が結構出ていたり、日陰は滑りそうだし、路肩は濡れたりしていた)だったので陽当たりの良い七島八島~和田峠区間を走りました。ここが一番皆さんには良い状態でしたね。適度な車速とアンジュレーション。


クルマは以外と観光客は少な目でしたが、この日を狙って来ているらしきそれっぽいクルマが数台…。

県外ナンバーの外車も纏まってすれ違ったり…。

以外にも昨年より交通量は多いように思えました。
エアを見たり、減衰触ったり、クルマを交換しあったり、皆さん楽しそうに走っていました。



私はテストパッドが連続ハードブレーキングで甘くなってしまい、ちょっと消化不良気味でしたが、楽しく走れた部分では十分今年の仕上げは出来ましたね。


又、来春皆さん走りに来てセットUPに勤しんでくださいね。



今回のデータは以下。

※タイヤ ATR-2 265/35-18
※冷間スタート 2.5k→2.8k→2.5k→2.7k→2.5k→変化なし。
※外気温 -4℃
※ダンパー F→5/25→8/
R→3/25→8/→5/

路温が低いのは想定内だったので内圧を上げて早く温間に上げる方法を取り、現地で数回に分けてイニシャルまで下げる方法を取る。

短時間で良い所が来たアザレアラインから本線までに適温になる。

やや柔らかめで走らせてからダンパーを締める。しかしリアを締めすぎてリバースが早くなり軟らかくする。ニュートラルになり、前後荷重も大きくならず、レスポンスも上がり、旋回時にも姿勢が変に変わる事もならずに楽になる。合わせて内圧上昇もほぼ無くなった。

ブレーキが課題となる。試作パッドが低温向けだったのが残念。最後はジャダーも出てしまう。









完成→検査済み→磨きました。


全ての作業も完了しましたので納車に向けて点検兼ねた走行テストやアライメントの調整を済ませましたので洗車からの磨き作業に入りました。



板金をしていない場所は汚れやミスト、雨シミがありましたのでコンパウンドにて磨きを行いコーティングをして完成でございます。

以前装着していたインタークーラーはパイピングが潰れていたり、コア内部にブロバイが溜まっていたせいなのか、新品に替えたらブーストがやや高めになり調整しました。(同じヤツに替えただけなんだけど…)


洗車しかしていないクルマはやはり…汚い!

バフスポンジは真っ黒です。
綺麗に磨かれたボディは写り込みがハッキリしたり、艶々していますから若返ったようです。

キズを付けるな!とは言いませんが、この位のレベルまで綺麗にしてあげる事も気を配ってもらえるとクルマも喜ぶと思います。




さぁ~!明日はお休み。
ビーナス最終日。
天気は曇…?予報なので夕方から準備します。







本日朝早く起きた東北方面の地震は大丈夫なのかなぁ?数人お客さんいるから気になります。



ハブボルト点検してね。

本日、某サーキットでの有名なドリフト大会で事故が起きたようです…。


走行中の車両のハブボルトが折れた?閉め忘れた?かは不明ですが、フロントタイヤが外れてコース外にいた人に当り意識不明の重体?重傷? とのニュースがあり、気になりましたので記事にしました。


実は…数ヵ月前に私もタイヤ交換時にハブボルトが外す際にインパクトでナットを緩めたら折れたのを思い出しました。
通常の純正のボルトならば首丈も短いので余程の事が無ければ折れる事はありませんが、ロングボルトにスペーサーを重ねてホイールを装着したり、スペーサーにワイトレを乗せてホイールを装着したりするならば、ボルトの負荷は相当ですね。
多分事故した車両もそんな組合せだったはず?でしょう。
最近の切れ角UPの過激な車両にも相当のスペーサーの重ねての装着。スペーサーへの抵抗感の無さやリスクの理解がやや薄いように思えます。
サーキットならばOKですがストリートならばやはりNGなのでしょう。そんな私も使っています。
私なりに点検は欠かさず確認や異常への神経は研ぎ澄ませてはいますが、やはり何時起きるかは分かりませんから…。





そんな事から自身の経験も踏まえて社外のロングボルトを装着している方は定期交換部品として確認→交換しましょう。

確認しょうがない…部品なので交換するしかないんですけど。
暫く見ていない方は確認してね。


一般道路を走行していたらタイヤが外れて歩行者に当たったら同じ状況になってしまいますから。



納得行く仕上がりを目指して


板金修理から戻ってきたHさんのS15。



まだ未完成…。



最後の仕上げは私がやるパターンは毎度です。

普通は板金屋さんから帰ってきたらそのまま納車…。って流れですよね。

しかし、うちはほとんどが改造してある車両ばかり。固体別の仕様になっているのと細かなセットUPしてある車両ばかりなので修理中は板金屋さんとの打ち合わせは必須、上がりの後は私自身が確認しながら仕上げをしないと納車後のトラブルが起きる可能性があるのでこうした流れを貫いています。


今回も私の出来ない場所だけ作業してもらい、仮付けやバラバラの状態で帰社してこれから仕上げとなります。


バンパーのインタークーラー逃げ加工後取り付け、インタークーラー新品入れ換えとセットUP、リアバンパー中古取り付け、リアアンダー取り付け、フォグランプ、ヘッドライト入れ換え、HIDキット新品入れ換え、光軸調整、アライメント調整、その他確認等々。



来週には最終チェックして納車出来そうですね。



トンボ帰りにて…。 帰社

朝早くに出発して八王子に向かいました。

現着が9時。

ご連絡頂いたOさんのクルマを雨の中話をしたり見て確認したり。


やはり手に追えない乗りにくい仕様になっちゃっているS15。 付いていたら間違いなく下のピックアップは悪い組合せの車両でしたね。





クルマって、乗っている時に気分が盛り上がらないとダメなんだよね。

あれこれ気にしていすぎたりすると運転にも気を使えなくなるし、何より自然じゃない。

ストールしてエンストしちゃったり、乗りにくいエンジンフィールだと乗る機会も必然的に減ってしまいそのクルマを飽きちゃうと思うんです。



スペックじゃなくて、フィーリングが良いクルマならば永く楽しめるんだと思いますね。

今日はシーズン4号で出掛けましたが、やっぱりこの子は私にとって楽しい飽きの来ないクルマです。


日本全国のシルビア好きの方には大切にして欲しいポイントだと思いました。

明日は出張。

明日は朝早くから久し振りの出張…?です。


先日電話にて問合せを頂いた方から「車検が切れていて…持っていけない」との事ですので乗ってくるにもトラブルがありそうな車両みたいですから、こちらから出向いて診れる範囲で確認してから再度見積りや引き上げになる予定で明日は都内へ向かいます。



今まではやっていませんでしたが、こうした依頼もできる範囲で対応したいと思います。


※買ったお店では面倒見れない。
※個人売買で買ったらトラブルが出て見てもらえるお店が無い。
※余りにも高すぎる見積りで困り果てている。
※信頼出来なくなっちゃった
※買ったお店が無くなっちゃった

等々…。





こちらから出向いての確認ですので、最低限の経費はご負担頂ければ何処にでも参上…。

し…た…い…と…



思います。 ダイジョウブ?(笑)



シルビアに限らず改造車両でお困りであればご連絡下さいね。


どんなシルビアとオーナーなのか?不安と期待でいっぱいであります。




今まで何年もやって来ましたが、シルビアの弄り物を買ってきた方の半数以上は純正のポテンシャルすら出ない状態の方がほとんどだったり、安心してサーキット走行するには程遠い固体だったり、まともに走らずに危ないクルマになっていたり、あちこちから音がしてどうなっちゃってるか分からないなんて車両も多々。


だから「シルビアってこんなもんだよ。」って言われちゃうんだよね。(泣)
せめてうちだけはそんな事言いたくないですね。
ちゃんとやれば、凄く良くなるんだから。

これから買われる方はスペックに囚われない質の高いシルビアを手にして下さいね。








まぁ、うちで買えば間違いないんですが…。(笑)

修理状況



Hさんの本日の修理状況を確認とバンパーを持ち込みに来ました。。


左フロントも板金中で右クウォーター部分は剥ぎ取り後のインナー側を板金中。 痛々しい…。




かなり中はぐしゃぐしゃで引っ張ったり叩いたり…。大変そうですよ。


足りない部品があるようなので帰って手配です。







これが、人の体だったら…。


この画像を見て考えて欲しいです…。


テスト結果は。


部品取りからの復活劇から~の先日の群サイでのテストは…。



なかなかの出来映え。でした。

懸念していた逆関節やラックトラブル、走りにくさは全く無く、何故かとったアライメントがズレていたせいで移動中がちょっと疲れた位でした。
今後はフェンダーをワイド化やロアアームを伸ばしたり、車体側を改造して見たいね。


朝のコース設営(まだ誰も来ていない時)とお昼休みに走らせてみましたが、ON返しからの踏みきれる度合いがやはりノーマルナックル、シャコタンとは大きく違いますね。
足回りも元々の車高調なので改善の余地はありそうですし、アームもノーマル改レベルなのでコントロール領域を広げるにはその辺りも要変更でしょうね。



サイドガラス側を見ている時間が長い。(笑)



まだ…アクセルを姿勢が出来る迄待ってしまう癖はなかなか変えられないね。踏めば安定するのはわかっちゃいるんだけど…。
これはこれで時間を作って練習してみたいね。

本当の速いドリフトには役に立たないとは思うのですが、引き出しは増やしたいので何処かのコースで走ってみたいと思います。

お疲れ様でした。。

先日の多分?今年最後の群サイスクールにご参加した方々お疲れ様でした。。



行きの道中私は雪でどうなるかと思いましたが、参加者のももさんはルートをヤバイ所を選び積雪で引き返し遅刻。IさんはどうしてもPMより仕事に戻らなくてはならない為お昼で上がり。Yさんは前日に明け方迄仕事で寝ずに石川県から来て遅刻…そして仕事に戻る為15時に上がり。最初から最後まで全員で出来ずに残念でした。そして今回幹事の浦安人さんの4名でした。


生憎の雨模様でしたが、路面は練習に最適なウエットコンディションで身のある練習になりました。


先月のスクールと今回のスクールではお客さんからの依頼でしたが、私からの企画で行うスクールとはやはり違いがあります。自発的な所があるゆえに皆さんが目標や目的をきちんと持ち、必死でやっているように見えていました。

出来た時の達成感がかなり高いように思えますし、教えた甲斐もあります。嬉しい事ですね。

又、来シーズンもやりましょうね。



皆さんのやる気が伝われば私も頑張りますので。


浦安人さんはスライドに持ち込む方法とアクセルコントロールメインで。

Iさんは前回からインターバルが空いてしまいましたが弱スライドのスラロームと的確なカウンターコントロールをメインで。


Yさんはアングル強めのコントロールやアプローチポイントの違いを変えたら安全にデッドポイントにラインを取れる事を学んで理解を深めて。


ももさんは難易度の高いジムカーナー要素が強い練習をビッチリ行い8の字の精度UPで丁寧なコントロールメインで。




やはり…。


2DAY位やらないとなかなか自分のものにはならないよね。

来年は猿ケ京温泉に泊まりも入れた2DAYスクール強化合宿やるのも考えたいですね。
基礎練習をきちんとやればコース走行には必ず変化が起きますからね。



そして…。群サイ社長の坂木さんの御好意で終了後の真っ暗の中、群サイのコース(約6K)を浦安人さんとももさんと走らせてもらいました。


真っ暗でウエットで落ち葉だらけだったけど、やっぱり良いね。シビレマス。 こちらも又走りたいですね。



(笑)


只今群馬へ移動中ですが、鳥居峠は積雪です。(笑)




私は余り溝の無い夏タイヤ…。




抜けてしまえば雪は無いけどね。






20分位はゆっくりですね。

明日は群サイです。

多分、今年最後になるだろう「群サイスクール」です。



参加される皆さんは温かい格好をしてきてくださいね。(走れば暑くはなりますけど。)多分朝晩は冷え込む場所なので。
道中も山沿いの日陰は気をつけて来て下さいね。 群サイ近くは凍結する可能性もありますから。



何時も通りの基礎練習となります。

パイロンスラローム(数種)
8の字(数種)

がメインですが難しくしてあるので攻略頑張って下さい。









切れてるよ♪





時代の流れに乗るのも必要だけど流されはしませんけど…。


自身のドライビングの幅やレパートリーを広げるためにこんなの作ってみました。


骨折しているの?って感じ。(爆)


かなり、切れてます…。(今時ならば普通かね?)


ショート加工ナックル(過去最大60度オーバー仕様)
テンションロッドを内側に移動、タイロッド、ラックアダプター変更、ストッパー切除その他加工ヵ所多数等々。

ホイールも9J×17インセット+15にスペーサーを37ミリ入れないとホイールのインリムがテンションロッドやフレームの内側に当たっちゃいます。(笑)
少しでもアライメントが狂いトーインになったら当たる状況です。
フェンダーは純正のままですがタイヤは約20ミリ程はみ出ちゃってる。
オーバーフェンダー必要ですね。



最大切れ角でパラレルになる少し手前にしてあるのと、セルフステアも出るようにキャスターは6度50分。普通にUターンしてもスムーズに転がるので深いアングルでは効果的でしょう。

今のところ逆間接も無さそうなので、アングル深めの進入が出来る予定…。ですが、何しろ体がそんな領域は知らない(古いスタイル)ので…。どうなることやら。(笑)


もっと首を回さないとね。



金曜日はテストしてみまーす。








ここからの景色も。


もう少しでこの景色ともしばらくお別れです。


23日は満喫したいです。



日曜日の朝イチの空でした。

面白い。

クルマネタではありませんが…。

今日から始まった、「フルタチさん」面白いね。

スタビの無いクルマは走れるのか?

仕事も無いので、S14を更正していますが、フロントのテンションブラケット辺りを意味の分からない溶接をしてありましてスタビが取り付けできません…。


スプリングも今の車高調だといまいちなフィーリングなので変えてみました。


取り合えず、無駄だろうけどスタビレス車両に一度乗ってみようと思い走りに来ました。


法定速度の領域はさほど悪い印象はありませんが、柔らかいけど段差がある場所ではバタバタしちゃって、乗り心地は微妙ですね。
ロールは初期から早めに発生するので比較的楽なんだね。フ~ン ナルホドネ。


しか~し…。

峠道に入り車速も乗り出したら、コーナー入口は楽なのは変わらないのですが、踏ん張りが利かずにロールオーバー傾向&リバウンドが無くなって立ち上がりでふらついちゃうのです…。
ショックを結構硬くしてみましたが、大きくは変わらず最後の最後はロールが残っちゃいますね。特にリア。

フロントはナックルが替わっていたり、キャンバーが強めに付いているので何をしてもアンダーは出ません。(笑)


車高は高くしてあるので通常レートよりは硬めになっているだろうけど、こんなに船みたいに動くとタイトなS字はラインがズレちゃうのでやはりスタビはあった方が良いです。アタリマエダ!



ですが…逆手に取れば、動き出しが早い=タイヤの運動は早くなれば暖まりも早い。これからの路面温度が低い時には使いようによってはメリットとして働くのかな?とも取れますね。

こんな時期はロールはさせたいし、タイヤは早くグリップさせたいシチュエーションは増えますからね。


ダンパーをかなり硬めにして走ってみよう。




今日の実験コーナーでした。

今日…。休日でしたね。

忘れていました。

休日、休日でした…。


特段ご来店される方もいないので上に行ってきます。


紅葉綺麗でしょうから。

ショックアブソーバーメンテナンス。



ショックアブソーバーって一度取り付けられたらほとんどメンテナンスらしき事はしてもらえないアイテムですね。


よくあるダイヤルの固着やシート類の固着なども日頃のメンテナンスや調整で固着は防げますね。


しかし…。


新品の時よりなんかバタバタしたり、ゴツゴツしたり、動きが渋く感じませんか?

だいたい新品より早いと1年位?辺りから当初よりクリックを低くしないと跳ねちゃう…。なんてありませんか?

それは、ショック内部のオイルの劣化やガスが少し抜ける(余りありませんが)の他に、この倒立式だとシェルケースの内側にあるウエアリング(倒立式の振れを抑えるカラーみたいなヤツ)周辺のグリス硬化も原因としてあるんです。

正立式にはありません。

ショックの擦動部分がスムーズに動けば本来のしなやかさが戻って来ることもありますよ。

私は昨年ショックアブソーバー4本をOHしたのでここが一番怪しい部分でした。
開けたら…。やはり、グリスらしきものはありますが硬くなって粘りは無くなってます。(笑)

そりゃ、ゴツゴツしちゃうね。

綺麗に古いグリスを拭き取り、専用グリスをたっぷり塗り込んで倒立式のロッド側にもグリスを塗り組み込みます。


これで冷えた路面やダンパーオイルが冷えていても多少は改善されるはずです。



やはりナンバー付だから快適じゃないとね。



フリクションは少ないに越したこと無いですね。


うちの足を付けている、ノーメンテナンスなあなた! ちゃんとやらないと壊れて使い物にならなくなっちゃうよ。(笑)

ショックアブソーバーメンテナンスは随時受付ていますよ~。

修理完了からのデフ組み込み

直りました。ホッ。

トラブルシューティングの車両。


あれこれとっかえひっかえして約3日ばかりつきっきり(このクルマしか入庫していなかった…)で状況確認しました。




最終的にクランク角センサーの信号不良が原因の吹けない症状でした。
他にも以前純正ECUに残っていた「オーバーヒート」履歴が原因のやや調子悪い。も影響したようでした。



クランク角センサーも私の外れている手持ちに換えましたが、これも実はそんなに調子が良い個体では無かった為、大きく改善しなかったので他の箇所を疑ってあちこち触りましたが変化ナシで半ば諦め掛けていたのですが、足に使っている黒ちゃんからクランク角センサーを外して付けたら、バッチリ吹けたのでした…。 チャンチャン。
最終的に新品(約\60000)に替えました。タカッ!


そしてECUの「オーバーヒート」項目だけはダイアグのリセットを掛けないと初期化しないのでした…。 これも整備書をしっかり確認するまで知らなかった…。 ナニヤッテイルンダ。
他の項目はトラブルが解消出来ればIGをOFFするとリセットされるのでした。

一応「オーバーヒート」項目がありましたので診断には出なかったのですが、水温センサーも新品にして部品を全て装着後エンジン始動!

一発で掛かるし、時間は短いし。


直りました。

その後試乗に行きましたが、バッチリ吹け上がるし、加速も前よりは良くなった?っぽい。
ノーマルだから、私には速くは感じませんけど…。 (笑)


明日、最終チェックして問題無ければ完成ですね。

当初はエンジンハーネスやECUユニットまでアウト!か? と考えましたが、どうやらここは大丈夫でしたね。ヨカッタヨカッタ


代わりの部品やドナーがいないと間違いなく倍以上の時間は必要でしたね。
取り合えず原因は経年によるもの+熱害による回路の接触不良(ときたま直る)でしょうね。オーバーヒート履歴がある位だからクローズド辺りでガンガン走って130℃オーバーさせた経歴のあるECUも悪さをしていたようですね。
やはり部品は高いけど新品が良いですね。

当面は大丈夫かな?



夕方になり、雪山用S14にヤフオクで格安で仕入れた古いニスモセレクティブLSD(GTLSDプロの前モデル)のS13用をS14やS15キャリアのリングギアに使えるようにボルト穴を12ミリ→13ミリに拡大改造して、完全バラバラにしてからシムの厚み測定、プレートの厚みを変更してMidで14k位にイニシャルUPをしてからER34ビスカス付キャリア(ファイナル4.111。S14純正は4.083)に組み込み開始したのですが、ビスカスに付いているリングギアボルトが後3本だけ緩まなくて…緩まなくて…。(泣)


本日は諦めて撤収です。


これで組めたら、11日の群サイに持って行き、空き時間に走らせてみよう。
昨日は切れ角UPナックルも組んだので角度付けて走れるか試したいです。 逆関節症状出なければ良いのですが…。




ビーナス最終日は。

今年のビーナスラインの閉鎖日は23日の祝日になっています。


先日、赤ゴーさんがわざわざ問合せして聞いてくれました。
近々看板を見に行こうと思っていたところでしたよ。



いよいよ走る場所が少なくなる寂しい冬がやって来ますね。



今年も最後の走り納めには行きたいと思います。 スタートはうちのお店を14時位に出発して上がりたいと思います。
参加希望される方は時間迄に来るか、直接行って下さいね。
今年はシーズン4号は何も進化せず現状維持のまま…。
ルーフとドアのカーボン化は来年に持ち越しですね…。
なんか仕様変更したかったなぁ~。
本当は違うクルマで走りたかったのですが…。(笑)

年末に黒ちゃんを売却して資金作りしたいと思います。



11月になりましたが作業予約や来店アポも少ないのでお仕事お待ちしています。(暇なんだけどね。)
今の所11日に群サイスクール(後一人分空きアリ!)と27日はスポランで走行会に参加予定。



車両メンテナンス、アップデート、セットUP等お請けしますよ。
今シーズンも残り少なくなりました。走って疲れたクルマのリフレッシュや点検はきちんとやってあげて下さいね。