ろで作業日誌

明るくなりました。


私は何時も明るいです… (爆)



違います!。




工場内の電灯が新しくしていただきました。




今までは築40年来の水銀灯でして、ついに真ん中の電球切れが起こり、大家さんに相談したら新調していただける運びとなりまして、本日一日作業していただきました。


最新のLED仕様になりまして、メインの作業スペースの上は照明をツインにしていただき今までの薄暗い中での作業も以前よりしやすくなりました。

これで電気代も格段に下がりますので、夜の作業もバシバシ出来そうです。(笑)



明るいって素敵!

気持ちも明るくなりますからね。



でも…。


今日は帰りまーす。(笑)。

スポンサーサイト

ロアアーム折れた…。



rrsさんのゼロワンの左側フロントロアアームが折れたのを修理しています。


人的な損傷では無く、構造上の問題?金属疲労?経年劣化?のようですね。

特に構造や製作段階での個体差が大きい為(多分、ワンオフ製作)に起きる可能性は高いと推測します。一般的な自動車のアーム類はプレスで打ち抜かれた成型品なので設計段階から引っ張り強度や捻れ強度を計算したり、材質の選択はされて試験もしてあるのです。


フロントのロアジョイントはロードスター用でロアアームはそのジョイントを使えるようにパイプでAアーム状に作られています。

折れてしまったヶ所はそのジョイントの土台部分(ショックの下側取り付け)と後側パイプの付け根からポッキリ折れていました。
ハブ、ナックル側は負荷が大きい為に引っ張られて負担が掛かったんでしょう。特にrrs号はワイドフェンダーと8jホイールにキャンバーも付けていますので尚更です。

実は後側だから大惨事にならなかったのです。
rrsさんもバックした際にポッキリ折れたのに気付いたそうです。
走っていたときにはステアリングセンターがずれて、気になり帰宅した(←この選択が正しかった)時にポッキリ折れたようです。


ゼロワンオーナーさんもお気をつけあれ!ですね。
どうやらバーキンやロータス、ケータハムも良くあるトラブルらしい…(怖!)



昨日よりバラし始めて現物修理となりました。

力の掛かるジョイント部分には補強を入れて対策します。純正状態は溶接も足りない状況でしたので、パイプを追加したりカゼットを組んだり、応力や捻れに耐えられるようにしました。
修理後にアライメントを取りましたが、折れる前とほとんど狂いが無かったので修理による弊害は無さそうで一安心です。

流石に19年前のクルマだけに錆びも原因として考えられたので塗装を剥がして下地からやり直して完成!です。


やはり軽く作られているのと、ハード走行を前提にしていない車両なのでこのような所も改善の余地はあるんでしょうね。

他の箇所のAアームは構造が違っていたり、力の分散が出来ているので点検はしておきます。無闇に補強をしても重くなりすぎはこのクルマにはデメリットになってしまいますからね。



正に予期せぬトラブルでした。









疲れていても雪が降っていれば…。

只今帰社中です。


24時間でトータル1100k走破しているのに戻ってから雪山に行きますよ。


自分で言うのもなんだけど…アホだね…。(笑)


小淵沢から雪が降りだして、乗鞍、白骨辺りはうっすら積もっているらしいので練習に行ってきます。







チャンスは落ちている!
その時に拾わないと後悔するから。






今日も今から引き取りに…。


今日はこの子を連れて今からFISCOに引き取りに向かいまーす。(笑)


昨晩もちょっと午前様の帰宅からのロアアームが折れちゃったゼロワンをローダー上で降ろせるように四苦八苦していた矢先に「SOS!」の入電。



何とか必死に降ろし終わりましたから、積み替えて出動です。



大きなトラブルや被害が無ければ良いのですが…。



心配は尽きない。(笑)

今から茨城県へ引き取りに…。


久しぶりの快晴な一日です。

北アルプスも眺めが良く、気分は良いですよ。




先程お客さんより「トラブルが起きました!」との入電が入りまして、今から引き取りに向かいまーす。



本日のセルモーター交換のお客さんの作業も済みましたので、のんびり向かいたいと思います。



SR20DET OH しまーす。


メタルが流れた?と思われて降ろした(昨年の春)
S15エンジンを時間が出来ましたのでOHの為に開けました。



メタルトラブルでは無く、オイルポンプがなんと…。


ハウジングにクラックが入って歪みが起きてポンプからの音だったようです。
どのみちオイルポンプ内部が削れて切り粉が廻って若干メタルには傷が入っていましたが、そのまま使っていたら十中八九ブローはしていたでしょうね。

被害はブロックよりはヘッドに出ていて、カムのジャーナル部分がかじってしまった跡が出来ていて再使用は無理でしょう。 当然カムもアウト。


ヘッドだけ何処かから探してくるしか無いね。

クランクメタルも当たりがちょっとムラがあるのでクランクは曲がり修正は必要と思われます。



載せるクルマは決まっていないので、どんな内容にしようか?悩みます。

1機作っておけば、何かと融通利くので最低限のOHだけはしておきたいと思います。

車検が控えている方々。

毎年こんな記事ばかりですが…。



年度末が近い2月、3月に車検が控えている方々。


早めにお願い致します。
陸運局も年度末の登録業務はかなりの時間が掛かったり、車検もなかなか予約が取れない状況が発生しますので、継続検査ならば一ヶ月前からは有効期限が変わらずに車検取得出来ますので早めのご連絡→入庫でお願い致します。


そろそろ新規のお客さんのS15製作も始まりますので作業段取りも早めにできると皆さんにもご迷惑を掛けずに済みますから…。


3月車検のクルマ…。
多いんじゃないかな…?

仕事終わりに軽~く。


早々仕事も終わり、外はかなりの冷え込み。


ちょっとばかり体を暖めに出掛けました。


場所は会社から約40分位の白骨温泉方面。


会社の近くは全く雪の気配すら無いのですが、近づくにつれてチラチラ雪が降っていて、脇から逸れたら既に銀世界です。

何時もよりタイヤが滑りますので雪の下はアイスバーンでしょう。
割り切って早めの減速からの早めの角度を付けたアプローチに切り替えて一往復。


十分暖まりましたからのんびり下ります。

すぐそこには温泉が…。 良い匂いがするのに入れない…。


ぐやぢぃ~!

松本陸運局


私の練習車の黒ちゃんが売却が決まり、車検を取ってからの移転(長野市)となりました。



ほぼノーマルだから大丈夫?かな…。


いやいや…。



油断は禁物です。


何処を突っ込まれるか?分かりませんからね。(笑)


車検が済んだら納車準備です。

後期より前期



前期よりは…後期が…。


なんて言葉を良く耳にしますよね?


S15シルビアって、実は色んな意味で前期(平成12年迄)の方が良い!って思っているのは私だけ?かも知れません。(笑)



一つの理由は純正のヘッドライト。

S15シルビア全般にライトレンズのくもりやくすみは定番のトラブルにはならない気持ち良くない事例の一つですね。
最近はレンズのみ交換(社外)も可能になりましたが、少し前迄は交換前提や頻繁に磨いたり、コーティング等をしていました。
ユニットは高額すぎて私も手が出ないので中古と差し替えたりしていましたよ。



たまに仕入れる車両にも完全に磨いてもムダ!(インナー側が曇っている)なユニットもチラホラ見受けられるようになりましたね。経年劣化だから仕方無いのですが。
そんなインナー側が曇っているのは何故か後期ライトユニットがほとんど…。

前期にはほとんど無いんですよね…。ナゼダ?

最近仕入れたスペックSも後期キセノンライトユニットでして、内側が曇っていて磨いてもダメなライトさんです。
S15シルビアってライトが綺麗で外装もボロく無いだけでイメージ大きく変わりますからね~。
これは後日、レンズ交換します。

新品は既に後期ライトしか出ません。(前期は生産廃止)
それも新品なのに稀に内側に水滴が入る物もあります…。(泣) コマッチャウヨネ…。


うちも数々のS15を製作したり、お客さんのを手掛けて来ましたが、いよいよ生きにくい時代に入ってきましたね。
少しでも旧さを感じさせないような仕上がりを心がけてはいますが、資金的や時間的な物が許せる方しか乗れないクルマに近づいて来たのが現実です。
一台一台、大切にしていって欲しいと思う今日この頃です。


因みにAT→MTにするときにメーターパネルのATインジケーター無しのMTパネル単体も廃盤!となってしまいました…。

嫌だよなぁ…。MT載せ替えてもバックに入れるとピーピーブザーが鳴ったり、ATの面影残ったままだとさ…。(泣)



ニスモマウントへ変更。

外注先からの依頼の仕事ですよ。



以前社外安物エキマニが割れて、持ち込みにてARMSエキマニに交換した車両の入庫です。

エキマニ交換後に「高いエキマニだからエンジンマウントは近々替えた方が良いですよ。♪」と外注先の社長さんに話したら、早々依頼となりました。


午前中より作業スタートしてお昼過ぎには完了。


外した純正マウントはグニャグニャでマウント交換後はエンジンも揺れが少なく、シフトの入りもカッチリ!しました。


毎回、お話ししていますがマウント交換ってかなりの効果ですが、見落とされがち…なアイテムです。

震動は純正よりは多少(私は全く気にならない)出ますが、違いは他にも現れます。

加速、減速、コーナーリング時等では車体のレスポンスにも影響があるんですよ。
スポーツドライビングするにはマフラーやエアクリを替える前にマウント交換してほしいですね。


これで楽しいシルビアになるでしょう。

磨きが完了。


昨日からの磨きの続きから仕上げを4352号の車検をはさみつつ仕上がりました。


4352号の車検でちょっと陸運局でケチを付けられ手直しに時間を食われてしまい、夕方からの続きとなってしまいました。
ウイングも外して下地からきっちり仕上げましたが…。

ルーフと右のドアミラーが塗装がダメになっていたり、時間の問題的な状況。(泣)
ここは直しましょう。

側面はエクボすらなくツヤツヤな状態ですので一安心です。

やはり磨くと良いですね。

クルマが高くなったように見えますから。


綺麗に仕上がった後に4352号の車検用の足を外したり、戻し作業をしてOHされたショック待ちとなりました。


私が先日まで乗っていた練習車の黒S15も売却が決まりまして車検取得に向けて準備に入ります。




昨年のこの時期は全く仕事が無く潰れちゃうかも?(笑)なんて言っていましたが今年はお仕事が定期的に頂けて嬉しく思います。 寒い時期ですが、道路状況次第で夏タイヤでも問題なく来れますからお越しくださいね。

明日はボツになりました。(泣)

明日の八千穂レイクの氷上走行会は氷の状況が良くならずに中止となってしまいました。残念!


お誘いしていた方には申し訳なく思います。


又、次の機会に…。




氷の上走りたかったなぁ~。



よ~し!雪山行くぞ!

一足先に仕入れました。

只今新規のお客さんのIさんに製作するベース車両を先週より探していましたがオークションでは買えず…。


そんな折に先生が隠し持っていた自分用のスペックSエアロ、AT、SR付き 純正ブルー、ノーマル美車 を譲っていただきました。




夕方引き取りに行ってきて、真っ暗&極寒の中洗車したりしておりました。

流石、私と同じくらいの変態なので程度は間違いないレベルの個体(サビナシ、事故ナシ)でした。

取り置きしておきたい位です…。



だって、もうこんなに揃った良程度なS15はなかなか出てこないと思いますね。

純正キセノンライト、サンルーフ、プライバシーガラス、純正エアログレード(サイドステップ、リアウイング)。

ありがちなダッシュボード下のパネルやセンターコンソールも全然綺麗な状態です。

明日は磨いたり、室内をお掃除したりしましょう。










本当はこの子を使って青いシーズン号作りたい…。(笑)
まだいないからね…。青いの。

修理完了です。

お預かりして腐食修理のS15も外した部品組つけが完了して試運転も済みまして納車前まで済みました。


最初はどうなるか?と思いましたが、以外と順調に作業も進みました。


長く乗っていくのにメンテナンスへの気配りは忘れないようにして欲しいです。

限りある資源ですからね。

今、乗られている方も通常メンテナンス+αがキモとなってきます。

普通の整備工場では分からないシルビア特有の車体メンテナンスは実績がある程度ありますのでお困りの方はご相談下さいね。

こんな良い条件ならば。



寒波の影響で雪が続いていますが、会社周辺は殆ど雪はありませんが、一度山手に行けばもう…勘弁して!って程あります。


今夜はわざわざ遅い時間を狙い、長丁場のラリー形式で雪山に出掛けました。

スタートは0時00分。


ルートは上高地方面へ上がり、白骨温泉迄のタイトセクションを走ろうと思いましたが、雪が深すぎて断念して奈良井ダム周辺で遊んでみましたが直ぐに飽きてしまい、雪の量がちょうど良さそうだったので、初めて向かう野麦峠スキー場方面からやぶはら高原スキー場を経て木曽へ降りてくる約65kを視界は吹雪混じりで道は殆ど分からない(何十年前かに一度通ったくらい?)状況下で3、4速メインのノンストップで走りきって来ました…約1時間半。(笑) 無意識だったのでこんなに長くは感じなかったです。



路面は3~5センチ程の程よい路面状況を初見でマージンをしっかり取りつつ(ひとりぽっちだから)走破出来ました。

ルートはめちゃめちゃ良かったです。こんな時間や状況だから対向車は皆無…。





それにしても良い環境です…。特に野麦峠スキー場に上がる新野麦街道からやぶはら高原スキー場からR19へ降りてくる下りは最高!でした。



それにしても最高な路面とチープなS14だけどまだまだ学びが多い練習タイムでした。

クルマの仕上がりもとても良く、楽しめましたよ。





板金修理完了



ストラット後ろのパネル交換が終わり帰って来ました。


腐食してしまいペラペラになってしまった所も新品パネルできっちり接合されて室内にも雨水浸入も無くなりました。
エンジンルーム側は白く塗られ、タイヤハウスはチッピングとシーリングの追加作業を始めました。



外したり、どかした部品がかなりあるので、戻すのには時間が掛かります。(笑)


ボチボチやっていきましょう。





下廻りのサビ止め処理、進行を遅らせる処理は随時受付ています。

時と場合によりますが、バルクヘッドから先を全て交換…。なんて有り得るかも知れないですね。

切り取りが終わり…。


先日板金屋さんに行ったS15のパネル切開が済みました。


バルクヘッドのパネルは腐食が激しく、広範囲で切り取りが必要な感じです。

ここは切り取り後に鉄板を切り出してパッチワークですが穴を塞いでから新品パネルを溶接して取り付ける運びとなりました。

ステップにも腐食穴があってこちらも広めに切開後にパッチワークにて修理をしていただきました。

後はシーリングと塗装の流れになり帰還ですね。


これで安心して走れるようになりますね。

同じ仕事は続くものです。


昨年から年明けに掛けて何故か?タービンブローの修理作業が続いています。


昨年末は3台。年明け早々1台。

この年明け修理の1台はリビルトに替えてから2年少しか使っていないのに酷いブローの仕方です。

余り見ないパターンです。

製品のアタリ?ハズレ?なのか…。

他にも何台かリビルトに替えてきていますがこんな短期間でブローしてしまうのは初めてです。

安い買い物ではありませんから、製品のコンディションのムラは無くして欲しいです。
保証は付いていたのですが、距離、期間から外れてしまっているので再度リビルトとなりました。

使用状況、個体差等の違いはありますが、次のリビルトは大丈夫かな?と心配です。

半年先ですが…。

今年もやりますよ!。

懲りずに…。(笑)


ロデックスタイルMTG 2017 in 富士スピードウェイドリフトコース


日程は昨年と同じく…。


8月11日 金曜日 祝日の山の日 です。


取り合えずコースを押さえないと始まりませんし、皆さんも早めならば予定を立てやすいと思います。


お客さん限定、半強制的なのは変わりませんので(爆) 宜しくお願い致します。
参加費用は昨年と同じく\16000(ドライバーのお昼付き)同伴の方は別途事前にお申し込み頂ければご用意致します。


走行形式は昨年と同じで行く予定ですが、評判の良かった借り物タイムは長めに取ろうかと思います。

新しく来られたお客さんには是非参加頂けると嬉しく思いますので宜しくお願い致します。


年に一度のお祭り的イベントですのでふるってご参加下さい。





今からお客さんになって参加もOK!ですからね。(笑)








降ったねぇ~。

昨日の夕方から降りだした雪は松本市内で約20センチ。


久しぶりの降雪でしたが、今日の夕方にはある程度は暖かさのせいで融けちゃいました。
今回の雪は何故か県内は松本周辺がかなりの量みたいでした。
いよいよ冬期らしい天気になってきました。


昨日は新たなお客さんにご来店頂きました。
東京よりお越しのIさん。(私と同じ世代)
S15の新規製作依頼の打ち合わせにて一日お話させていただきました。
以前もS15やAE86に乗られていたとの事で話も弾みうちの商品車両に乗って頂いたり、作るクルマの仕様についてや希望等々を聞かせて頂きました。丁度ご来店頂いていた浦安人さんともクルマ談義で盛り上がり楽しい一時でした。


こうした時間が無ければ良いクルマを作れないはず!ですから、凄く大切にしています。
久々に新規製作ですから、楽しみですね。
見積もり作りやベース車両の探しをスタート致します。



旧さを感じない、良い歳を取ったおぢさんでも乗れる綺麗でシンプルかつ存在感あるS15を目指しています。



楽しみですね。


バラし終わりましたが…。



周辺部品をバラして板金に出せるまでになりました。

室内はアクセル、ブレーキペダルは外して、右側の足元にあるヒューズのジャンクションBOXも外して完了ですが、サビや腐食を削り込んだり切開したらここまで広がっていました。


目視した範囲の約3倍はサビや腐食に侵されてしまっていましたね。
既にパネルはペラペラ状態でこのままハード走行させるにはキケンな状況でしたね。
このタイミングでの修理はやはり正解でしたね。


しかし、この場所だけのパネルが単品で無いんです…。

なんと…。ストラットタワー前後の一体全てのみの販売だそうです…。(泣)

ちょっと高いけど仕方無いですね。


何とか見通しは付きましたが、板金屋さんもこんな状況の修理はやったこと無いそうですので、ある程度作業はお手伝いする運びになりました。


来週から時々お手伝いです。

直すぞぉ~。




地元の初めてのお客さんのS15です。



サビ、腐食の修理依頼を請けました。


これが結構重症で御座います…。(泣)


普通ならば箱替えを推奨するレベルなのですが、車検も取ったばかり、予算が限られている等の理由で部分修理での作業です。 ある程度は私の仕事ですが、サビや腐食部分を削ったり、切開していたらどんどん範囲が広がっていきパネル交換になりそうな状況でしたので先程板金屋さんと打ち合わせ。

結局、右側のヒューズBOX周り、ブレーキマスター一式、室内からのハーネスを全て撤去してからのパネル交換の流れとなりました。
多分20万円近い修理代にはやはりなりそうですね。


しかし…何故?このような状況になったのか?は原因がこの車両にはあったのです…。

※右側の事故暦があり、修理が不完全で年月がかなり経過していたと思われる。(前ユーザーの頃)

※インナーライナーが付いていない時期が結構あったはず。(今は付いている)


以上の2点が主な原因と見られますね。四季を通して長野県内で使っていますからサビはある程度仕方がないのですが、それだけではここまで酷くはなりませんので、何時もの事ですが、事故暦車を買う際には良く見て、インナーライナーの付いていない時期が長い物、サビや腐食のある個体は敬遠した方が良いです。
そんなに良いまともな個体は無くなりつつあるので難しい問題ですがね。
もし…事故を起こして直す際にはきちんと値切らず熟知した業者さんに直して欲しいですね。


色々な都合上、出来る事は限られますが良い仕事になるよう頑張りましょう。
走っているクルマだから適当には出来ませんから。


残念(>_<)

先程、筑波サーキットからメールが届き、2月17日は既に埋まっています。

との連絡があり、又今年もスカを食らってしまいました。(泣)


2月はもう何処も空いていないそうです。


どうしましょ…。





こんな調子ですからね…。今年も「ロデックスタイルミーティング2017」は早めに押さえるべきですね…。




昨年同様8月11日の休日に決めましょうかね。
場所は同じ富士で!

段取りしてみます。



そんな富士に今からトラブル車両の引き取りです。
行ってきます。

仮予約しましたよ。

以前より企画(昨年はモタモタしていて未遂に終わる)をしていた「筑波サーキットジムカーナー場練習会」の仮予約をしました~。


日程は2月17日(金)
全日。


多分、年末年始休みの為サイトからの仮予約ですが、多分大丈夫でしょう。


本格的に決定しましたらご案内致します。



冬のなまった体を動かすには良いよね~。

夜に向けて準備中。




もう…。お正月は飽きました…。(笑)
家でゴロゴロしていても逆に疲れちゃうんですよね。
お酒飲まないから尚更退屈全開!です。
昨晩からチラチラ雪が降っていたので、天気次第でスポランに行こうと年末に準備していたのですが、諦めまして、夜、雪山に走りに行く為に準備中です。


周りの山は白っぽくなり、寒さも良い塩梅なので仕様変更しています。

タイヤも03年モデルのREVO1から13年モデルのVRXに変えたり、リア足を柔らかくしたり、アームストロークを稼ぐようにしたりとあれこれ触っています。




暗くなったら出掛けよう。

誰か行きませんか?