ろで作業日誌

買取りしました。

ひょんな事から一台買取りしました。



S15 スペックSパールホワイトBパッケージ AT 100000k 社外タコ足、マフラー、足廻りはノーマル、社外のエアロ、車検29年7月迄 事故ナシ、サビ、腐食無し。 状態は良好な個体を取引ある部品屋さんの担当さんからTELが入り、近くのタイヤショップさんを紹介してもらいました。(うちから5分)


夕方見に行き購入する運びとなりました。


サビや腐食が無いので買っておけば何れは誰かが使うだろうから買っておきます。


NAで乗るも良し!載せ替えベースにしても良し! 新規で製作でも…でも…。まーまー良し!

エンジン、ミッション若しくは一台丸ごとベースがあればやりますよ!



現状ATノーマルならば、\350000。

中古MT(5速)載せ替えして\550000(未公認)

中古SR20DET+6速MT載せ替えしたら…。 \時価(爆)

近日中に入庫しますので気になる方は見に来てくださいね。

多分、エアロは外してノーマルルックになるでしょう。

スポンサーサイト

エンジン掛かりましたが…。

昨日に作業はほぼ完了して、エンジン始動!となりましたが…  

 

 

掛かりません…。(笑) 

 

 

掛からない原因究明しましたが、ありがちなクランク角センサーを一度外された為の点火時期が合っていなかったようです。 

 

適切な位置にやり直したら一発で始動しました。 ヨカッタヨカッタ…。 

 

 

 

のも束の間…。 

 

 

アイドリングでオイル漏れや水漏れを確認後にギアを入れて回し始めたら…。 

 

 

 

カタカタ~! 

 

 

 

ヤバ!((((;゜Д゜))) 

 

 

変な音します! 

 

 

気を取り直してもう一度回し始めたら…。 

 

 

1速で小さくカタカタ。 

2速ももう少し大きくカタカタ。 

3速入れたらガラガラ!

4速は辛うじて大丈夫そう。

5速も大丈夫かな?。 

6速は小さくカタカタ。 

バックも小さくカタカタ。

 

 

 

 

 

ハイ! 

 

 

 

ミッションブローしていまーす。(笑) 

 

 

 

エンジンじゃなくて良かったよ~。 

 

取りあえずは動かせるので代品の手配も出来ましたから、最後にミッションは再度載せ替えです。 

 

 

これから細かな仕上げに入りまーす。 

 

 

 

こんな事はよくある話です。 

ミッション購入先にも連絡したら代品は直ぐに用意してくださりましたから一安心です。

 

 

 

 

明日はエンジン掛けたいね。


本日は集中してここまで来ました。(;>_<;)
朝飯、昼飯抜きで…。(笑)


エンジン、ミッション、、デフ、プロペラシャフト、配管類、補記類が装着完了近し。です。。。


作業中に細かな部品(ATには付いていないけどMTには必要)があれこれ足りませんから、仲間の所へ物色しに行ってきます。(笑)


明日にはエンジン掛けれそうです。



お腹空いたぁ~。

もうちょっとで。


リジットラックの上からそろそろ降りれそうです。


フロント足廻り→下廻りの遮熱板を錆びとりしたあと耐熱塗料で塗装後に取り付け→リアメンバーをごっそり降ろして単品にしてから洗って→塗装→取り付けてクスコアームフルセットとメンバーカラーを取り付けしましたので降りる準備になりました。


このあとリフトに移動してエンジン、ミッション、デフ、防錆処理の残りを行います。



何時もよりピッチ早いなぁ~♪








慣れてきたのかな…。(爆)





今日は温泉に行きたい気分です。〓

シルビアらしくなってきたね。


形になって来ましたよ♪

本日はブレーキをターボ用に入れ換えて、アームが来ていたので全てバラしてコパスリップにてかじりや固着予防をしていたら車高調KITが届きましたから、明日はフットワーク系ですね。



着々と進行しています。


本日はシーズン1号さんが息子さんとご来店。
修理の打ち合わせと+αの作業依頼をお請けしました。


復活するなら、現状維持より進化したいね!って話しに行きつきました。 夕飯を3人で食べに行き、宿に送り届けた後に私は一人で近くの峠にひとっ走りに…。


全く雪が降らなくなっちゃったので、久々のドライ路面を走りましたが、雪走りが定着していたせいか、調子狂いますね…。(笑)
路面も掴みにくいせいか所々危ない場面もあり…。

この様子だと何時ものテストコースも走れそうでーす。

Iさんのも天気次第でセッティングも出来そうでしょうかね。

シーズンOFFからシーズンINに入りますので準備を始めましょうね。

インタークーラーはピチピチで。


拘りすぎですが、プロの仕事とアピールするには外せない作業ですね。



社外の前置きインタークーラーの取り付け。



DIYだと、道具や環境等で仕上がりがイマイチ…。 作業が適当なお店だと曲がって付いていたり、パイピングやコアが車体に当たっていたり、切ったり削った跡はそのままだったり…。

最後のバンパーカットまで集中力を切らさずに仕上げるのは結構大変ですね。

パイピングの穴も最小限にしてクリアランスは確保。
コアとサイドメンバーの間もクリアランスが狭ければ先端部をカットはしておきます。

本日はエンジンルーム内や右側の配線を移動したり等の細かな作業で大物はインタークーラーとオイルクーラーコア設置位しか出来なかったです。




やっぱり…人のクルマなんだけど、自分のクルマを作るのと同じ気持ちでやってしまうんだよね…。(笑)



分かる人には分かる!仕事は心掛けたいね。



さて…もう少し進めようかな〓



あぶねぇ~!


危なく期限切れ寸前!でした。 

 

 

 

 

ポックリ忘れてました。(うっかりより酷い…。)

 

 

 

昨日不意にフロントガラスを見たら、25日迄…。 

 

焦って予約を入れたら…。 

 

 

 

セーフ! 

 

 

 

午後一にて検査に行ってきます。

 

 

 

 

自分のは忘れがち…。ですね。

 

以前は半年切れたの忘れていて我ながらビックリしたときありましたから。(笑)

 

 

 

今日はここまで…。


約4時間程で補記類はほぼ取り付け完了。


後は室内側のペダルやコンソール廻りですが、今日はここまでにします。

何時もですが、気を使います…。

傷つけないように慎重に作業しますので。

形になりだすと、俄然やる気は出ますが、おなか空いて仕方ないので明日にしましょ。(笑)



来週早々にはエンジン載せて始動迄行きたいね。

まだ細かな部品が待ち状態ですが、下廻りの防サビ処理を先にやります。

ご帰還。



今日は気持ち悪い位暖かいですね…。調子狂います。(笑)


IさんのS15が板金塗装から帰ってきました。



エンジンルームはブルール・マン。



写真だと何か冴えない青?に見えますが、実際は丁度良い塩梅の明るすぎす、暗すぎない青です。

後々シーズン化したときにはかっこよくなりそうな予感ですね。


さぁ~!いよいよ、一番大変な部品を組つけていく作業です。。
部品一つ一つを綺麗にしたり、無駄の無いスッキリとしたレイアウト、シンプルかつ機能的でメンテナンスがしやすい!を目指して仕上げていきます。

何処かのデモカーみたいなサイクルフェンダーやヒューズBOX移設等は私を含めお客さんには不要ですから、如何に純正レイアウトでも仕上がりが高いレベルで出来るか?がテーマです。

街乗り~サーキットまで使えるナンバー付。余りハード過ぎちゃうと乗らなくなる(乗れなくなる)のは楽しくありませんからね。
使い勝手の良さはきちんと残したい!だからノーマルに準じた作りは外せない!のです。



見えない所にも気を配り作業していきます。

黒ちゃん登録→納車。

久しぶりの長野陸運局。

やっと黒ちゃんの納車が出来ます。


昨日までの雪もほとんど無くなってました。



引き渡しも現地となりますので、ナンバー交付まで暫くstay!ですね。



終わったら、何か食べて帰ろう…。



SR20DET



共にS15のSR20DET。


1機は新規製作のIさん用に用意したもの。

もう1機はシーズン1号用に用意したもの。



この2機を入手するのにはここ数年の中で一番苦労したかな…。


粗末に使っていた時代はとっくに終わっていて、無ければNAエンジンを加工してまで使っている人もいるらしく、生きにくい時代になりました。



大切に使っていきましょうね。

Iさんのは載せる準備万端。
シーズン1号もオイルパン換えて、エキマニ修理してタービン付ければ載せれるね。



夕方は陸運局へ書類提出です。

下準備も整い。



日曜日は引き取りに行った事故車両を降ろせるように一日がかりで工場内に降ろせたので、エンジンルームペイントに出ているIさんの車両を板金屋さんへ偵察へ…。


休みなのに作業していました。(本田君ありがとう!)


屋根も塗装が一部ダメになっていたのでミラー含めて板金塗装も同時に進行しています。
エンジンルームも下処理も終わっていていよいよ塗る前段階になりました。

色は「ブルール・マン」。


調べてみてね♪(笑)


そのうち外装も組んだら、その色になるでしょう。





S15のサビ、腐食で定番な左側サイドメンバー(フレーム)のパネル浮き。
2枚目写真の3ヶ所のシールが入れてある所は何故か直径15ミリ位の穴がベースとなるサイドメンバーに開いているんです。
そこに被さるように2枚目、3枚目のパネル(ストラット)がスポット溶接されています。
サビや腐食の原因をこの穴が作っていると思われます。
外側は薄いチッピング処理、内側は全くなしのパーツクリーナーで落ちてしまう位の薄い塗装だけ。湿気や下からの雨水の巻き上げ等により水分が抜けにくい事からのサビがあると思います。
バラバラにしたからこそ穴を埋めて雨水の侵入を防ぎましょう。
他にも水抜きの穴を追加したり、要らないサービスホールも目張りしてあるのと、しっかり塗装をすることで少しでも長生きさせてあげれるように致します。

ほんの少しの手間で同じ仕上がりでも短命か?長生きか?の違いが出るならばやらなきゃ損!ですね。


まぁ~、この作業を頼まれたら何時もやりますがね(笑)



今週には出来上がって戻って来たら組始めるよ♪


大まかに部品は揃った!

本日は車両引き取りと製作中の車両用に探していてもなかなか見つからなかった純正6速ミッションの中古を買い付けに出掛けてきました。 (あとは細かい部品くらい。)




今回、車両引き取りは事故車両でして、オーナーさんは初めての事故。つい昨年末に車検取ったり、ブーストUPをしたばかり、最近走りに行ってベストタイムを更新して俄然ヤル気バリバリの楽しい時期の最中の事故。
相手はいて、今の所は物損事故として話は進んでいます。 お互いに大きな怪我も無く一安心ですが、ここからが本題です。

付き物である、お互いの過失の割合の話です。

よく聞く止まっているクルマにぶつけると10:0って聞きますよね?。

今回はお互いが動いていての交差点内の事故でして、うちのお客さんが優先道路を直進時に相手の車両が反対車線からの前方不注意による交差点侵入での衝突事故。

当然警察による現場検証もあり、保険会社からの回答は8:2。

これを初めての事故で動揺もあったり、情報が不十分でそのままを納得して受け入れてしまう方がほとんどなんです…。が!
ここで一つ。

その過失割合が本当に納得しているのか?
もし…事故を起こしてしまったり、貰ってしまったら、落ち着いて考えて欲しいです。当然、理不尽な事を言っても構わない…。ては言っていませんから間違えないで下さいね。
今回の事故のように過失が少ない時は自分の正当性はきちんと主張すべきです。


自分があからさまに過失があると思ったら素直に謝りましょうね。



今回の事故も損害が余りにも大きすぎて、何とかお客さんを守ってあげたいと思うのと同時に再起に向けて前進させてあげたい!と強く感じました。 (過失の話も含めて、いろんな話も。)


ここでは書けませんが、上手に駆け引きしたり、押したり引いたりでなんとか辞めずに出来ている方もいましたので今回も出来る限りの事をしたいと思います。

お客さんが話した3つの選択はこうでした。

1金額次第では修理したい。
2無理ならば箱替え。

3自腹が多いならば諦めて辞める。


私は即答で3は無いな!って回答しましたよ!
一人でも辞められると寂しいからね。
なんだかんだ言っても運命共同体だから…。


事故は何時起きるか?なんて誰も分かりません。

クルマを乗っている以上は誰にでも起きます。

大切な愛車を守るためにも最新の注意をしながら乗って下さいね。


そういう場面でも沢山の経験をしてきたので、アドバイスは出来ますので。





走るためにお店をやるのか?お店をやって走れるようにするのか?

ちょっぴり、独り言です。いろいろと思うところもあったり…。

タイトルの内容は言葉は同じに聞こえちゃうけど、正反対なんだよな。


私も何十年もクルマ業界にいますが、これをはき違えて上手く行かなかった人、お店、きちんとやって成功した人、お店を見てきました。


当然お客さん相手の商売ですから、仕事があって、お金を頂き、そこからお給料があり、その一部から走る事にお金を使える…。って流れですよ。
私はその一部~先はなかなか出来ませんでしたが。(笑)


自身が走るためにお店をやっちゃうと自分のクルマ最優先からの、お客さんは後回し、適当、最終的にはお客さんは来てくれない…。
そんな話「あるある」ですよね~。


私もサラリーマンから自営に変わって約10年弱は会社を起動に乗せるのが本当に精一杯だったり、少ないながらもお客さんの事で頭も手も一杯一杯でした…。
従業員なんてとても雇える程の余裕や器量も無かったですし、自分が走る!なんて全くもって無理だったんですよ。

それも沢山の良い例、悪い例を見て来たこととそこへ導いてくれた我が奥様のお陰です!。

周りに助けて頂いていたからこその今を忘れないようにしていきたい。

そして、お客さんありきの自分であることを。忘れないように…。




お店をやる以上は主役はお客さん!なんだよ。

ヘッドライトレストア 完了



ヘッドライトのレンズ交換も完了しました。


写真が上手く撮れない…。


レンズが綺麗すぎて反射して見えにくくなっちゃうのよ。嬉しい悲鳴ってヤツですね。


通常ならば、これで直ぐに装着!っていきたい所ですがね…。


これで装着して雨でも降られたら…。
雨漏りの可能性があるような気がするんですよ。 まだブチルゴムも落ち着いていないし、ある程度固まったり、柔らかくしたりを繰り返して馴染みを作りたいんです。

以前にも新品ライトユニットを購入されたお客さんも箱から出して装着後に新品なのに結露…。なんて事例があったことも踏まえて、事務所内で暖かくしたり、夜間の寒い時の繰り返しで馴染んでくれれば良いです。



古臭い黄ばんだり、白くなって曇ったレンズは替えちゃいましょう!

新品ユニットは流石に変態か保険使った修理位しか手が出ませんから、春に向けてS15リフレッシュメニューに組み込んでみては如何かな?

バンパー脱着、ライトユニット脱着、分解、交換、部品代、調整費用込みで左右¥75000(税別)にて受付致します。

車両は預かりで最短約4日~1週間(馴染ませる時間込)頂けると幸いでーす。

ワイズスクウェア レンズKIT S15用


昨日分解してレンズ待ちだったヘッドライトユニット。

昨日夕方前にワイズスクウェアさんにFAXを送信したら、今朝…。

既に届いていました…。


はやっ!



早速、事務所内を暖めて作業スタート。

付属のブチルゴムは1ロールなので半分にして、ユニットの溝の太さに丸めながら細くして入れていき、細いドライバーで押し込んでからヒートガンで少し暖めてからフェンダー側の方からゆっくり押し込みながらはめ込んで行きます。

後はネジを少しずつ均等に閉め込んでいき、ユニットとレンズが密着すればほぼ完成!




かなり若返りそうですね。


期待出来ます。


古いレンズとの比較は…。

比較にならないね。(笑)

地味に時間が掛かります…。


本日は地味~な仕事です。




S15のヘッドライトの殻割~のレンズ交換です。



先日購入頂き作業を開始しているIさんのベース車両のヘッドライトが中からの曇りが酷く、レンズ交換依頼がありますので、取り合えずバラし始めましたが…。


地味に大変です。(汗)


寒い時期もあり、ブチルゴムも暖めても直ぐに冷えてしまい、徐々に外していきますが、力ずくでやるとユニットのボディ側を壊しちゃったらOUT!なのでじっくりと牛歩作戦です。(笑)


バラしが終わった次はユニット側のブチルゴムを綺麗に掻き出すのですが、これまた一苦労。
ここを適当にやってしまうと水漏れの危険性が出てしまいますから、根気よく綺麗にします。


お昼前からスタートしてやっと1つは終わり、2つ目に入りますがお腹好いたので休憩しまーす。(笑)



いけねぇ~!

肝心なレンズを頼んでいないわ…。(爆)

稼働時間は14時間!


本日は稼働時間が14時間…。

へとへとでした。


エンジン降ろした車両の室内をバラして、エンジンルームを塗る前にクリーニングを朝からスタート。。

近所のHさんのクルーのプラグ交換と点検。

お昼にはキシピー号の納車。

Hさんから委託のジムニーを伊那へ納車&集金。

マフラー屋さんにプロペラシャフトの短縮依頼に行き、ゼロワンの進行状況確認&打ち合わせ。

戻ったら板金を1台出しに行き。

帰ってきてから明日走らせる!からと急に依頼があった近所の外人のアライメント。



全て終了したのは20時過ぎ。
そのあと請求書作りや、名義変更書類を作ったり、Hさん、外人の納車が終わりご飯を食べて帰ったら22時…。




今日は頑張ったねぇ~。(笑)



週末まできっちり予定は詰まっているのでのんびりは出来ないね…。

セルモータートラブル

最近増えているS15シルビア全グレードのセルモータートラブル。



本日も昨年販売した地元のお客さんのスペックSも先週から掛かりが悪くなってきて、昨日は遂に掛からなくなってしまい、引き回してエンジンを掛かるようにして本日入庫しましたが、昨日の今日…。なのでリビルトの手配が出来ずに取り合えず、手持ちの中古品を取り付けて対応しました。



所詮中古品ですから何時又トラブルが起きてもおかしくないので…。とお伝えして本日の作業は終了しました。



セルモーターがトラブルと身動き取れなくなっちゃいますから、掛かりが悪かったり、バッテリー替えても悪いまま、モーターの音がガリガリッと音が酷くなったり、飛び込んだ後に回りが渋くなり出したらほぼ壊れかけや動かなくなる前兆ですからね。



走行距離が12マンキロ~20マンキロ辺りの車両に良く起きています。
交換暦の無い車両は早めの入れ換えをオススメします。
事前に車体番号をご連絡頂ければリビルトを手配して、作業は約30分程で終了しますから怪しい方は替えてあげましょう。

この姿も見納め。


ノーマルのスペックSの姿も見納めです。


これからバラシが始まり、エンジンルームは空っぽになり、エンジンルームペイントに出てきます。


元々が綺麗なのですが、バラせばあちこち気になる場所も出てくるでしょうね。


今日中には殆ど降ろして明日から細かな部品外しと必要な穴開けやサービスホールの目張り等々目白押しです。

打ち合わせも済み。


昨日はIさんと打ち合わせも済み、ベース車両の確認をしていただきました。


まだエンジン、ミッションはまだ入手出来ていませんが、エンジンルームペイントがあるので今週から分解スタートです。

程度が抜群なベース車両ですから、下廻りも防サビ処理も行いますのでほとんどバラバラになります。

この子も何れはシーズン号化される予定ですので最初に下準備をナローの頃に済ませれば、費用も時間も最小限で済みますからね。
車体優先ですので、今のうちに今のうちに…。



そして、恒例ですがシート選びを相談していました。
丁度入庫中のお客さんの車両や私の車両等に座って頂き、チョイスも決まりました。
やはり、ブリッドZIEG3とFGタイプのレールの組合せに決定です。

余程の体型の違いが無ければシーズン4号とフルバケならば同じでした。


来月末に納車も決定しましたので部品手配から作業、公認書類等に忙しくなりそうです。


探しています。

S15スペックR 年式問わず MT車両の純正エンジンコンピューター。

何方か\10000位で分けて下さい。m(._.)m

エンジンが来た!


載せ替えるエンジンが来ました!



午前中にオイル汚れを雪の中、1時間かけてクリーニングしてからのエアーブローをして補記類の移植です。


のんびりやりましょう。(笑)




キシピー号も純正クラッチを新品に。
マスター、オペレーティングシリンダーをOH。
純正のブースターを撤去してからエア抜きを行いましたが、良いねぇ~!。

操作系全て新しくなりましたので、クラッチが軽い!軽い!。


マスター、オペレーティングシリンダーのOHは古くなってくると重くなったり、曖昧になりがちですから気になる方はOHをお薦めしますよ。



後は新規製作車両のエンジン、ミッション、ハーネス、その他を探さないといけないなぁ…。

エンジンはあてがあるのですが、ミッション、ペラ、ECU、タービンが見つからない…。(-_-;)






作業が終わった車両もありますが、雪の為納められないね…。








週末は雪が続くので雪山に走りに行くよぉ~♪



誰か行きますか?



1台分純正アルミに中古スタッドレスあるから、レンタル出来ますよ♪。


あ…。ここまで雪があったら来れない…。(爆)(´;ω;`)

何も使えないねぇ~。(泣)



淡い期待をしましたが…。






使えるものはほとんどありません…(泣) でした。




先程シーズン1号のエンジンを開けてみました。(キシピー号の部品が明日以降になったので時間が少しできた。)


2、3、4番のEX側のシリンダーは熔けちゃってます(結構な勢いで)。間違いなくノッキング出ていて排気温度上昇によるものです。
ヘッド側も2、3番がやはり熔けちゃってます。

ノッキングが原因でヘッドガスケットが抜けてエンジンブロー。が確定です。

私や精通している人ならば、少し前から「チリチリ!」とエンジンから音がしたり、サーキット走った時には水温が「やけに早く上がるなぁ?」とか、壊れる直前は「何となくパワー感無いなぁ~?」なんてあったはずですが、普通の人には分かりにくいんですよ。

通常ならば先にガスケットが抜けてクーラントがリザーバータンクに逆流してからが一般的ですが、このエンジンはノッキングとガスケット抜けが同時に起きたんでしょう。



破損状況が軽いものならば、シリンダーをボーリングしたり、面研(ヘッドも)したりすれば再利用も可能ですが、ここまで範囲が広すぎると加工は無理です。

よって、全て廃棄となっちゃいました。

せめて、どちらかが生きていれば…。と淡い期待をしましたがダメでしたね。


リセッティングしていなかった部分以外の原因もあるかもしれないので、考えられる燃料系のチェックも必要でしょうね。
ポンプ?フィルター?も確認しないと…。

エンジンの中をオイルとクーラントが混じってしまいましたから、オイルクーラーやホースも全て外してクリーニングしてから組まないと、載せたエンジン壊れたらシャレにならないので。





唯一使える、オイルパンだけ外します…。












エンジン壊れちゃって、なんでこんなに悲しくなるんだろう(´;ω;`)…。






操作系のリフレッシュ。


シーズン1号もエンジンを降ろせましたから、リフトが空きましたのでキシピー号が月曜日に車検を済ませ、依頼のクラッチ廻りの操作系リフレッシュスタートしました。


キシピー号。実走行190000kを超えてクラッチマスター、オペレーティングシリンダーは新車時よりOH無し、以前ニスモフライホイールに交換時には大丈夫だったクラッチカバー、ディスクは残量やダイヤフラムのスプリング先に不具合が出そうな感じなので新品交換に致します。
当然、レリーズベアリング、パイロットブッシュは交換必須!です。

マスター類はカップKITでOH。こちらはサクサクOHは完了。

カバー、ディスク、ベアリング類は明日発注です。



普通は余り気にしない場所ですが、操作系はフィーリングに直結しますから、何となく嫌だなぁ~。って時にはOHをお薦めします。

今までもOHしたあとは抜群の操作性を取り戻しで新車のフィーリングに近くなります。
乗っていて気分良いですね。



ラジエターのアッパーホースもクーラント滲みがありましたのでホース、バンド交換、以前リビルトに換えたタービンのチェック、AACバルブ、エアフロ、プラグの点検、洗浄致します。


走行が嵩むとやはりブロバイガスが増えてきますから、上記パーツはこまめなメンテナンスが必要です。

上手に付き合えば走行が多くても大丈夫なんです。
人の体と同じ゛ケア゛が大切なんですよ。




なかなか手を付ける事の少ない所のメンテナンスをしてみてください。

大切な愛車を少しでも永く乗れるためにね。









日曜日の夜、雨の中を帰って来ましたが、やはり高速の上は塩素カルシウムが散布されていた上に雨が降りましたからシーズン4号の下廻りはあちこち白く…。

お昼の暖かい時間でジャッキUPして念入りにスチーム洗車しました。
この時期は当社から帰ったら皆さんも下廻りは綺麗にしてくださいね。

錆びたら大変!ですからね。

自分らしさと優しさ。

昨晩から横浜へ向かい宿泊先まで送ってくれたtobiくんありがとうね。
シーズン1号さんにはシーズン4号を宿泊先まで持ってきて頂きありがとうございました。
そして、短い時間しか話せなかったのに呼び出したのに、しっかりもてなしてくれてご飯もご馳走してくれたシーズン3号さん、ありがとうございました。

とても嬉しい時間でした。これは何時か御返ししますからね。

そして本日、一日お休み(珍しく。)させていただきました。

そして、感慨深い一日でした。



世知辛い世の中でも自分らしさを貫いたり、ぶれないでいて、その中にも思いやりや優しさを持っている人は少なからずいる所はあるんだね。


いろんなイメージや憶測だけが先走って決めつけてしまう事が多いのです。(噂を鵜呑みにしちゃう)

強い人が弱くなっているのを見ていられないから自分を犠牲にして手を差し伸べる優しさって普通は出来ないよね。私も出来ないなぁ~。

かたや…私利私欲や自分のポジションを気にしているのを偽り隠して良い人を装う口だけは達者なミニモンスターも10数年ぶりに同じ場所で偶然合ってしまい…。(昔からの知り合い)

複雑な一瞬を過ごしました。


当然付き合いの旧いのは前者。途中、私が小さく不義理をしてしまい連絡が取りにくかったのにあの頃と変わらない器の大きさを10数年ぶりに合っても何も変わらなかった。。。

昔話を楽しそうにしているのを見て自分もそんな人になれたら…。と感じました。同じ歳なのに自分はまだ幼いなぁ…って…。



昨日から今日の時間は人の優しさに触れて、私にとってこれから何かをしなさい!の暗示なのかな?と感じさせられる時間だったように思えました。


私にとってかけがえのない友達と呼べる人。少ないけど、絶対失いたくない財産かもしれない。



今夜は横浜へ…。

シーズン1号の代車に出ているシーズン4号を引き取りに行きます。



シーズン1号は当分お預かりになっちゃうので…。

シーズン4号も月末に使いたい予定があり、引き取りに行きます。
日曜日も来店される方もいませんので、一泊して次の日は懐かしい方々に逢いに行ってから帰る予定にしようと思います。



お~い!

神奈川の人達!

たまにはもてなしてくれないかな?(笑)

お昼過ぎは一番乗り!


本日のお仕事。

あ!もう昨日でしたね。(笑)


零太号の車検を午後一番で行ってきました。
比較的に空いていて、昨日迄にテスター屋さんでライト調整、サイドスリップを済ませて、申請用紙に印紙を買って、自賠責も切ってもらってありましたのであっさり15分でラインを通過して無事に終了!しました。


きっちり合わせていけばすんなり終わります。


戻って、オイル交換、車高UP依頼後のアライメント調整、その他の点検、戻し作業。

週末には完了予定です。


最近、陸運局で突っ込まれます。


「どうして何時も県外ナンバーのシルビアばかりなの??」





大きなお世話です。(笑)
又、月曜日も横浜ナンバーのS15ですが…。






仕事の合間を見て。


本日の内勤もある程度落ち着いたので、エキマニとマフラーをワンオフ製作依頼している根橋排気さんへ表敬訪問と言う名目の進行状況を確認しに行ってきました。


まつしたさん…。きちんと進んでいますよぉ~。

以前製作したrrsさんのゼロワンのエキマニはエアコンレス仕様。
今回のまつしたさんのゼロワンはエアコン付きなので同じ取り回しが利かない…。状況でした…。

取り回しが前作より変わるため、パイプ選択が変わるそうで…。

でも、等長は変わらずに製作はしてもらいます。


フランジから最初のパイプをいかに長く、繋ぎめを少なくするかが拘りだそうです。

割れにくさや見た目も考慮した作りになるでしょう。

エンジンブローしていました…。

先日FISCOへ引き上げに行ってきたS15は実はシーズン1号だったのですが、残念な事にエンジンは御臨終(>_<)になっていました。



まだ降ろしてはいないのですが、引き上げ時にはエンジンが掛かったのですが、その時は3気筒になっていて帰社後の翌日、ローダーから降ろしたらセルは飛び込みはしますがクランキングはせず、オイルのレベルゲージを抜いたらオイルはコーヒー牛乳状態…。(泣)
エキマニの小さなクラックからクーラントが吹き出る事態。
ヘッドガスケットは完全に抜けて、ピストンは棚落ちしていると思われます。白煙もマフラーからモクモク…。

ノッキング?オーバーヒート?が同時?

当事、ラジエターの水が吹いた!らしいので両方の可能性が高いと思われます。(エンジンルーム内はクーラントでびしょびしょ)こんな事態だと間違いなく全損でしょうね。
燃料廻りにトラブルあったのかな?
触媒熔けていないよなぁ…。
ブーコンが暴走していなかったかな?等々。いろんな要素を想像してしまいます。



取り合えず早く直して上げたいので、次の日からエンジン探しにあちこち電話をしまくり…やっとこさ開けなくても使える15エンジンを確保!しました。ヨカッタヨカッタ。


エンジン載せ替えは致しますが、原因を探らないと次のエンジンも壊れたらシャレにならないので降ろすブローエンジンは一度開けたいと思います。
今回の事例で不安要素があったのは、シーズン1号は製作してから約6年ちょっと。
売却直前にECUセッティング(パワーFCのブーストUP仕様)をしただけでそのあとはリセッティング無しだったこと…。
最近、メンテナンス入庫も無かったこと…。


定期的なリセッティングや定期的な点検入庫を今回の事例から推奨したいと思います。
あくまでも任意ですが…。こうして壊れてしまったときに困るのは皆さんです。 私もだいぶ困りますけどね…。。。
早めの点検や処置があれば防げたようにも思います。

4~5年前に製作してから何もしていない車両結構ありますよ!



壊れ方によっては今回のブローと同じく何も使えなくなる事もあります。
出費は莫大!になる可能性もあります。

4年以上リセッティング無しや定期的な入庫が無い車両は一度確認しておきたいと思いました。



なかなか手に入りにくいSR20DETエンジンです!
中古の相場も高騰しており、程度が良い個体は皆無です。

真面目な話、直ぐに用意して直す。なんてパターンは難しい時代に入ったのを皆さん念頭において乗って下さい。

新品ベアエンジンも近々廃盤(製産廃止)になりそうなので。


来週にはエンジン引き取りに行って載せ替え開始となります。





最悪の事態だとDET→DEになっちゃうかも…。 (笑)イヤダヨネ~。