ろで作業日誌

トヨタ86のTRDマウント交換




トヨタ86のクラッチOHとTRDマウント交換をスタート。

お初仕事になるので眺める時間をしばらく費やして作業開始。

シフトリンケージのブーツに割りピンがやや大変なのと室内のセンターコンソールを外すのがやや大変でしたが、それ以外はミッションもすんなり降りました。

クラッチ周りの部品発注したのちにTRDマウント交換に移りました。
エンジン側は比較的(シルビアに比べて)楽でした。 先日やったNBロードスターのマツダスピードのマウント交換の方が大変でした…。

外した純正と比べたら、以外とエンジン側は硬さに差が感じにくいですね。
ミッション側は純正がふにゃふにゃでTRD製はかなりの硬度。
トヨタ86のシフトフィールが余り好きになれないのはこのせいなのかな?
例えるならば「な~んちゃってソリッド」とでも言えば良いかしらね。
カチッとしているけど、走りながらギアチェンジするとヌルッとしたギアの入りの差が好きになれなかった
のもマウントが影響していたんではなかろうか?


クラッチもバラシましたがさほどダメージも受けてはおらず、ディスクだけ新品にします。
流石に30000Kは超えているのでスリーブのグリスもヒカヒカ、パイロット、スリーブベアリングは勿論新品に。私はここでトヨタ86のシフトリンケージのプラスチックカラーを替えます。
多分、他の人は替えないだろうね…。
フィーリングに影響する部品と見たので替えちゃいます。
新車の頃のフィーリングに戻るかな?


その前にクラッチのセンター出しの工具を買わないと…。(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する