FC2ブログ
 

ろで作業日誌

点火系の見直し。


S15ターボのトラブル事例で上位に入る「失火」がここ最近起きる頻度が増えました。

未然に対策している方も多数いらっしゃいますが、出てからでも…。 と言う方もまだいらっしゃいます。

先日近所のガンメタHさんのS15にも「失火」トラブルが襲いかかりました。
昨年ブーストUPのメニューを行う前からつい先日まで点火系は純正のままでも不具合やトラブルは出ませんでした。
以前のスクール前に私がそろそろ怪しくなるかな?と思い私物のスプリットファイアーのコイルをレンタルしていて、コイルは不安要素が無い状況でしたが「失火」が起きました。
原因は純正のコイルハーネスの接点不良。失火時にカプラーを触ると復帰したり、エンジンを一度止めると回復したり、出たり出なかったり…。
走りに集中出来ない状況でしたので早急対応するため点火系のアップデートを行いました。

青いコイルの「スプリットファイアー」を使っているお客さんも多数いらっしゃいますが、今回からは「IPイグニッション」のコイルとヤシオさんちのコイルハーネスのセットでチェンジしました。
ついでだったので、私の足号(赤)もスプリットファイアーでしたが、テスト的な要素もあり2台分発注して各車装着しました。

Hさん号はエンジンがそろそろOH時期を迎えており、最近走ると「エンジンがうなって苦しそう…。」←私が乗ったときにも同じ印象。
余り効果は期待できないかな?なんて半分諦めていましたが、実はこうした状況の車両には効果は絶大?でした。

替えたのはコイルとハーネスのみ。
エンジン始動直後にエンジンの微振動、ノイズが静かになった雰囲気…。
空吹かしするとなんとなくスムーズな吹け。

その流れで試乗に出掛けました。。。

車内も以前に比べるとエンジンからの雑音っぽい物がしない感じ。
低回転からのタコメーターの針の上がり方が若干早い?
5速1500rpmからアクセル全開にしたときのトルクの上がって来るタイミングやクルマの走る感じが違う…。


この個体には大きな差として出ました。





考察としては点火系のアップデートでコイルへの通電電圧の安定による燃焼効率の適正化が図られ、未燃焼ガスが少なくなった事で回転の軽さ、微弱ですがトルクの増大があったのでは無いでしょうか?


簡単に言えば「走るようになった」ということですね。



エンジンの状態次第では大きな変化をもたらす点火系のチューニングも経年劣化の進んだS15も必要な時期が来ています。
トラブル出る前にエンジン保護の意味合いで装着をオススメします。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する