ろで作業日誌

ミッションクーラーモーターOH


うちで装着率の高いミッションクーラーkit(キノクニ製汎用kit)のフロージェット社のギアオイルポンプのOHしてます。


Yさんの1号車はミッションクーラーの先駆け車でうちで取り付けしていない頃から装着されていました。(このクルマを参考にミッションクーラーを推奨し始めました。)

装着されてかれこれ7年近く使われてきて、今回入庫時に何処からか?のオイル漏れ修理を依頼されてブレーキ作業を済ませたので開始しました。
怪しい滲みがあったり、モーター下部からオイル漏れがあったのでさっさとホース、モーターを全て外しモーター分解前に灯油を回してみたら…。


滲んできました…。


ギアオイルは硬いので暖まってから滲みが出るため発見し難かったのでしょうね~。


実は何台か分解点検はした事があり、チャッチャとバラしていたら発見。
ダイヤフラムが破けそうになってました。

完全に破れてないので滲みになっていたんでしょうね。

ここの作動部品含めてOHします。

ホースもアールズの高い方のホースを使っていました(kit内のホースは安いタイプ)がやはり年数による劣化と内部亀裂による滲み(タービン下付近)があった為ホース交換です。
ちょっとスマートなレイアウトに変えたいと思います。




これと同時にパワステ周りからのオイル漏れも点検。
低圧ホースがやや劣化し始めていたのでこれも交換しましょう。


オイル漏れは一滴も許してはいけませんからね。


旧いから…。を言い訳にして見てみない振りはダメですからね。




こうしてきちんとメンテナンスと前倒しした修理で好調をキープするのは大変ですが、壊れてからでは出費が各段に増えますから、定期的なメンテナンスや部品交換はきっちりしてください。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する