ろで作業日誌

シーリング処理。


レストア作業の中でも、ノウハウがある部分です。。


S14、S15の定番。


ストラットハウス周辺のパネル接合部のサビ、腐食。


原因は分かっています。
純正のシーリングの甘さ(コスト削減の為)と下地塗装の薄さです。。
そしてインナーライナーの合わせ目に溜まる砂やホコリ。
水分を含んだ砂やホコリが蓄積して侵食してサビや腐食が進む為酷い状態になります。


ほとんどのS14とS15はこんな状態でしょうね。
環境が良い状態だった今回の4352さんのベース車両は全くそのような状態では無かったのでサビ転換材もほとんど使わずシーリング処理出来ました。

板金処理で表側を綺麗にしても直ぐに周辺がサビますから、根本的な解決しないと意味がないです。。

最高のストリートS15を作るのにはこの作業は必須です。
一番水捌けが悪いストラット周辺を水抜き穴は残して侵入経路を一部塞ぎ、湿気が溜まりにくくしてサビや腐食から守ります。

今までもサビた個体を修理したりもしてきましたから、軽いサビや腐食は直して進行しないようにして来ました。

いまの所数年経つクルマもありますが大丈夫そうなので間違いでは無かったようです。



ストラット周辺もですが、下回りでも最低やらないといけない場所も数カ所ありますが、先日全て済ませましたから、完璧です。



お客さんは当然ですが、私自身満足出来る拘りと仕上がりが永く付き合える楽しいシルビアになるでしょう。



普通の店ではやらない(やりたくない、やったことない)事をするのが好きな私。

仕上がりの満足感は一塩。
自分のクルマじゃないのに出来た時にお茶をしながらニヤニヤするのが楽しいんですよ。


綺麗なクルマでカッコ良く走り、腕を磨けるクルマにしていく楽しさ…。


知らない人に教えてあげたいですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらこそ、ご丁寧にありがとうございました。

お店の事良く考えて、とりあえず一度じっくり考えて車作りたいと思います。

来年1回はシルビア持っていきます!壊れず長く、楽しく乗れるシルビアが私のコンセプトですので!
今後ともよろしくお願いします。

なおじゅに | URL | 2014-11-13 (Thu) 00:48 [編集 ]


なおじゅにさん


初コメントありがとうございます。
お電話ありがとうございました。

今まで、勉強の為に整備士見習いの子が自分のクルマ(S14)の箱替えしたこともありましたよ。(当然、お金はもらいましたけど。)

お客さんでもディーラーメカニックの方もうちに来て出来る作業はされていきます。

うちはそんなお店なんですよ。


皆さん本当に自分のクルマが大好きで走る事も大好きな方ばかりです。
そんな方の背中を押してあげたり手助けしたくてこの仕事をしているのがロデックスタイルの原点です。


自分の目的に合う良いシルビアを作るならうちしか無い!


でも、お店を選ぶのは自分自身ですけどね。

ロデックス | URL | 2014-11-12 (Wed) 22:34 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-11-12 (Wed) 10:36 [編集 ]


僕もやりたいです!

初コメントします!
僕も分けあって箱替するんです(T_T)
エンジン下ろすなら僕もやりたいです!
にしても、S14の玉数が本当に少ないと探すようになってから気づきました・・・ここまできたら出来上がってる車を買うべきなんですかね・・・?
乗るなら大切に長くシルビアと付き合いたいですね。

なおじゅに | URL | 2014-11-11 (Tue) 23:31 [編集 ]