ろで作業日誌

出来ることから始めよう。

クルマを走らせていて必ずある事。


上手くなりたいけど、出来たか?出来なかった?かも分からないとか、目標立てても及ばなかったとか、理想と現実すら自身感じれない状況。


そんな相談はしょっちゅう受けていますが、そんな状態の場合は、原点に立ち戻りなさい!って提案しています。


クルマが好きなのか?

走るのが好きか?


この2点は当たり前にYES!なんでしょうけど、これが?だったらもう辞めても良いです…(笑)


その後なんですよ。忘れているのは…。


今より、クルマに接する時間が長かった頃を思い出してください。

初めて自分の買ったクルマで公道を走った頃のドキドキ感。
ちょっと飛ばして走ったときの何とも言えない手に汗を握っていた緊張感。
今まで出来なかった操作や非現実的な走りの入り口が見えた時の高揚感。そして出来たときの感動や達成感。


そんな気持ちを何処かへ置いてきてしまっているんではないでしょうか?上手くなるためには確かに学ばなければならない事は当然ありますが、あまり考えていても仕方ない部分もあるんですよ。
私ですら、そんな迷走時期はありましたから…。




そんな時は独りで懐かしい頃に戻り、思い出の場所にクルマで出掛けてみませんか?


ちょっと前に私もそんな懐かしい場所に行ってきてそんな気持ちになったんです。

大好きなクルマで走ろうって…。







国道299号 麦草峠 13号コーナー。





私が18歳で買ったAE86で免許取って2週間後に一番最初にデカい自損事故(50万円)した場所。

夜中に誰もいない峠でアンダー出してぶつかった場所です。ブッ
苦い思い出ですが、今となっては良い思い出であり、やる気になった場所でもあるんですよ。(笑)


この頃のようながむしゃらに意味も無く走っていた頃みないに…。は走れないかもしれませんが、気持ちは戻せると思いますよ。


皆さんも思い出の場所行ってみては…。自らハンドルを握って。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん


あの時のYZで出逢わなかったら…。(笑)


初めてのマンツーレッスンは私も忘れられない思い出の一つです。
到底出来ない事を慎重かつ大胆なアプローチで難攻不落なYZ本コースの1~2コーナーを繋げる。
それもたった1日で。

お互いがお互いを信じて取り組めば必ず目的を達成できると確信できるレッスンだったのは忘れません。

お互い大きな転機になった日でしたね。





成功体験はやはりお互いを信頼しあえる関係からスタートが必要ですし、じっくり時間を掛けてやるマンツーレッスンは人数の多いスクールよりは有効なんでしょうね。

ロデックス | URL | 2015-06-01 (Mon) 13:17 [編集 ]


山田ひろさん


やらかした場所は未だに全て覚えています。(笑)
あの頃は無謀でメチャクチャだったのを思い出したら怖いです。


走っていたあの頃はその時に自分が生きている証がそこにあって、そのために全てをそこで走るためにやっていたと思います。それが仕事だっただけ…。
金が無ければ走れない。ならば残業して、副業して寝る暇を惜しんで稼ぎ、それをクルマに注ぎ込み走る。
走れば壊れる。壊す。修理するために又働く。
何も苦では無かった。
それすら楽しんでいたかも。



恥も外聞も関係無く全力でやっていたね。


全てが楽しかった。
だからまだ続けていられるんでしょうね。
だから、まだ気持ちでは誰にも負けない自信はあります。


今も魂のこもった走りはしていると思いますよ。(賢く走れるようにはなっているはず。)

ロデックス | URL | 2015-06-01 (Mon) 13:04 [編集 ]


間抜け金貨さん


分かっていますし、見抜いていますよ。

本当にシルビアが好きならば、乗り続ければ良いだろうし、少しでも愛情を注げなくなったら諦めても良いけど、後で後悔は絶対しない事だね。一瞬の気の迷いを思い出の場所や懐かしかった頃に行くことで留まれればまだ乗っていても良いかと…。

自分自身がブレているうちはクルマは後回しなんだろうけどね。

強い意思を持てれば結論は出るんじゃないかね?
今一度振り返るにも良いタイミングではないでしょうか?

泣き言は誰でも言いたくなるけど、同じ事の繰り返しはダメだから。

ロデックス | URL | 2015-06-01 (Mon) 12:53 [編集 ]


私はやっぱり,YZの1コーナーです。
「できっこない」と自分で思っていたことが,できたときの驚きと喜びがその後のクルマ生活を劇的に変えました。

そして,その後もいろいろな局面で「ドはまり」したとき,ロデックスさんからアドバイスをもらって,それをいくつも乗り越えてきて,壁を越える楽しさを教えてもらったから,モチベーションが持続しているのだと思います。(^-^)

悩んでる方は,ロデックスさんの下で早く成功体験ができるとよいですね。
そうすれば,楽しいスパイラルに入るはずですから。。。(^-^)

コバルト | URL | 2015-05-28 (Thu) 01:00 [編集 ]


思い出の地

誰でもきっとありますよね。

特に自損した場所なんか、10年15年以上前の事でも、まだはっきり覚えています。

飯綱と、有賀、杖突ですね。

飯綱は初めて13で走った場所で雪壁に乗り上げ、有賀は今でも親しい先輩へ仲間入りした場所で、ガードレールの餌食になり、杖突はキャッツに引っ掛け、車がぶっ飛んだ場所。

でも、一番の印象なのは、当時のロデックスさん達が、大門で走っている姿を見た時ですね。
走りに魂が込もっているって言う表現であっていますかね?

山田ひろ | URL | 2015-05-26 (Tue) 21:49 [編集 ]


葛藤してます…(^_^;)

既にお見通しの事とは思いますが、白状しますと、今自分はS15に乗り続けられるだけのモチベーション失いかけてます。

他の車に浮気しかけていて、車が好きか?走るのが好きか?の答えにもはっきりYESが言い難い気持ちでいます。
たまに走るとやっぱりなんか楽しいし、やっぱりS15っていいよな…って気持ちはちゃんとあるんですけどね(´・_・`)

車に乗ってこれまでに行った、思い出ある場所は何ヶ所もあるけど、今自分自身忘れてる場所があるはずなんですよね。
そこを思い出して、赴く事が出来れば、何かその後へのヒントも出せそうな気持ちが、本文を読んでいて浮かびました。

今すぐではなくても、遠くない内に作業お願いしに、多分またお邪魔する事になるだろうと思いますが…
その時までには今の迷いの答えが一応は出せて、その時の正直な気持ちをお話し出来たらいいなと思いました。

泣き言のようなコメントですみません。

間抜け金貨 | URL | 2015-05-26 (Tue) 20:51 [編集 ]