ろで作業日誌

浅溝の方が喰う。

今朝は地区の朝掃除の日で早起きでした。


そのまま会社へ行き、先日買っておいた265/35ー18のATR2を履き替えて皮剥きを兼ねてビーナスへ上がりました。

先日までは一昨年買ったATR2の235/45ー17の約6分山。だいぶ使い古しです。。

そこそこのペースで走ってタイヤの表面のプチプチも綺麗に落ちて、ブロックも肩がなだらかになるくらいまでになり、ちょっぴり飛ばし気味で走ってみるとフニャフニャ気味。
ショックを締めて再スタートしたのですが…。

265は余計にブロック単体のグニャグニャ感が露骨にきになるようになってしまい、ターンインのラインがズレ気味に…。
確か、235/45ー17も新品時からある程度減るまでエア調整はシビアだったなぁ~?と思い出しました。
薄くて幅広になったからグニャグニャ感は出ないと思っていましたが、どうやらサイズは関係無いかもしれませんね…。
この時温間2.2k。
同じ場所を走っても235/45ー17のUSEDの方がグリップ感やライントレイスはし易く感じて、余計なスライドなんて皆無だったんです。。
色々条件は違えど体感出来る部分では違いが歴然です。。


美味しい所(グリップ)はまだ減った先なんでしょうね。
上手に減らして、温度を上げすぎないように使わないと減ってから美味しい所は無くなってしまいますから。



ATR2は浅溝まで待つ!が必要ですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん


この時期は新品直後ではやや美味しい所からは外れそうです。
ATR2は少し減らしてからが動かなくて使い易く感じます。
寒い時期ならばちょうどよいかもしれませんがね。

゛削り゛は幾ら安いタイヤでも勿体無いので徐々に減らしていきます。(笑)
流石に国産ハイグリでは幾ら稼いでも足りませんから、アジアンで楽しんでいるうちが良いです。
タイヤは個性があるので使いこなしまでは何度かセットアップと走りを繰り返さないと良いところを探すには難しいですね。でも、それが楽しいんですよね。タイヤが理解出来たら断然クルマとのつきあい方変わりますもんね。

ロデックス | URL | 2015-06-08 (Mon) 11:43 [編集 ]


もともとATR2って浅溝ですが,オイシイところは更に先かもしれない・・・ということですか。
新品投入すればベストパフォーマンスということではないかもしれないんですね。

でも,温度を上げずに,浅溝にするのはなかなか難しいので,いよいよ禁断の”削る”作業をすることになるでしょうか。(^o^;

ただ,ATR2ってドリフトだと一瞬で剥がれるイメージがあるので,グリップ専用なら削ってもいいかもと思ってしまいました。
国産ハイグリならできなくても,ATR2なら・・・(ToT)

コバルト | URL | 2015-06-08 (Mon) 00:07 [編集 ]