ろで作業日誌

腐り箇所修理 2


今週はヒマになっていてくさりちゃんのメンテナンス、修理で時間を使えると健全化が進んでます。ヒマハコマルネ…。



先週はフロア下左右、リアフレーム下側の修理、昨日まではエンジンルーム内ストラットパネル周辺と左ストラットインナーパネルIN、OUT周辺は完成して、残りの右リアフェンダー内の給油パイプ周辺のサビ浮き箇所が目立つ場所の最後となりました。


足まわりを外してプラスチックのライナーを外してドライバーでツンツンつついていたら…。

サクサクと崩れ落ちていきます…。
目視の範囲の周辺約3倍は遥かに超えて約5倍の範囲は腐食していました。
ここは3枚のパネルが重なり合う部分で一番下のパネルも腐食して穴が開き、そのサビが2枚目、3枚目にも腐食を広げていて、ミルフィーユ状態。(泣)

切って、削って行ったら、こんなになりました。(笑)



サビは恐いです。。



何時かはシルビアをこうしてまでも乗りたい…。ってなるのだろうか?
しかし、無くなればこんなボロすら直して乗るようになるのか?と作業しながら考えています。

フルレストアの一歩手前。

やはり状態の良い個体に乗りたいものですね。


こうして修理していくと愛着涌いてしまいますね。

鉄板で同じ形を切り出して溶接、2枚目、3枚目も形を同じに作り接合します。
ちょっと時間かかりそうだなぁ~。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん


施工は見てもらってOKです。

しかし、一度溶接したりツギハギしましたから、作業上がりで判断すると大丈夫かなぁ?と思えますけど、私的には間しのぎっぽくなってしまう気がしちゃうんですよね~。
腐食して穴が空いている状態で乗って、ハードに走っても全く違和感ないから大丈夫なんでしょうけど…。
クルマって凄いんだなぁ~?って思えちゃう個体です。。
ビフォーアフターで何も変わりばえしませんでした。(笑)

ロデックス | URL | 2015-07-03 (Fri) 12:28 [編集 ]


実物を見せてもらいたい個体ですね。(^_^;)

ある意味、レストアの可能性または限界が見える個体かもしれませんね。
中古車も部品も枯渇してきたら、必要となる作業かもしれませんね。。。

これをしてガンガン走れるならよいですが、それが無理なら私は他のクルマに乗り換えてしまうと思います。(>_<)

それだけに、今のマイカーを大切にします。

サイクルフェンダーとかにしたらいいんでしょうか?(笑)

コバルト | URL | 2015-07-03 (Fri) 10:38 [編集 ]