ろで作業日誌

点検兼ねて降ろしたら…


納車前の部品交換やセットアップであちこち変更しているオーテックVer。

フェンダー内ハーネスは移動が完了。
リアの純正改アームやメンバーカラー、トーコンアームなどの入れ替え中に入庫時に気になっていたクラッチペダルを踏むとみっしょんからの『ギーギー』音。

サクサクとバラしてミッションを降ろして、クラッチフォーク、スリーブ、ピポット付近のグリスは生々カピカピ状態で音が出ても当たり前な状態でした。

綺麗に洗浄してグリスUPしてベアリングとパイロットブッシュを新品に替えてディスクを確認したら…。減ってました。
11万キロ辺りなら2回目のクラッチ交換の時期ではありますからね~。
降ろして良かったです。。
折角ならばターボ純正ディスクに替えちゃいましょう。



この子もそのままでも売れる状態のクルマですが、使い方が違う私達みたいな人間だと間違い無く直ぐにトラブルが出てしまうんでしょうね~。

遠方のお客さんだからこそ、先読み(ドライビングも)が必要で、その場その時だけが良い。ではダメでして、気を配らなくてはなりません。

納車までは時間が限られていますが、時間はなるべく掛けた方が確実に根を摘めるように思いますよ。


次はマウント交換に入ります。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する