ろで作業日誌

S15ナローボディのツライチ 微調整編





車検入庫のポッキー号。
入庫時にタイヤ交換の依頼を受け、タイヤを持ち込みされました。



ATRー2の245/40R17。


入庫時のタイヤは…。


ナンカンNSー2の245/40R17。


ホイールはTE37SLの9jー17インセット22(ホイール変更なし)


タイトルは微調整編…?
なんで?

タイヤのサイズが変わらないから微調整必要なの?と思いますが、以前のナンカンでギリギリのツライチ(甘め)にしてありましたが、ATRー2に変えたらフェンダーに完全に乗っかってしまう状態(アライメント、車高変更なし)。



タイヤは同じサイズでもハイトや幅は個体差がとても大きいのです。


普通のお店やショップならば諦めますし、お客さんにタイヤを変えるように促すんでしょうけど、うちはそのタイヤに微調整を致します。




腕の見せ所!ですから。



キャンバーを寝かすのはあまり好きでは無いのでフェンダーの形状が変わってしまうようなやり方はNGなので、S15のフェンダープレスラインの上側を基本にしてアーチ部分を自然なラインになるギリギリまで叩きます。(当然、塗装は割らない!)


結局、4ミリ程膨らみ、タイヤショルダー部とフェンダーアーチは約2ミリ程のクリアランスになりました。

タイヤのエアー変化でもしかしたら干渉してしまう位のレベルでの追い込み。

タイヤに合わせた微調整が必要なのであります。最後にアライメントの確認して試走して全ての作業が完了します。



パツンパツン!
本当に当たらないの?



ハイ!当たりません。(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん


ナローの純正アーチラインは比較的に緩めなので攻めてもギリギリまで詰めれますが、FRPのワイドフェンダーは干渉すると割れる可能性があったり、MAKフェンダーはトップとエンドまでがキツい角度なので干渉する可能性ありなのでギリギリまで攻めれないんですよね~。


これを見るとナローも良いですね~。


これが出来るのがうちの売り!ですね。(笑)

ロデックス | URL | 2015-10-06 (Tue) 19:07 [編集 ]


先日,現車も確認させてもらいましたが・・・やっぱり,パツパツ感は純正フェンダーのほうが出ますね。(^-^)b

走れるツライチはカッコイイです。

フェンダー手仕上げ,アライメントでの追い込み,実走チェック・・・並みのツライチには負けないですね。( ̄ー ̄)

コバルト | URL | 2015-10-06 (Tue) 00:16 [編集 ]