ろで作業日誌

エンジン半損。


朝からスタートして、只今全バラ後に新しいブロックにする中古エンジンも全バラして洗う手前まで来ました。

要するに2機バラした訳です。。



原因はメタルが流れた事によるエンジンブローでした。(シーズン4号と同様)
3番の小メタルが流れた切り粉が各メタルに周りクランクが半分ロック状態になりエンジンが掛からなくなり、3番のメタルが流れた事でピストンがシリンダーを傷つけてブロックもピストンも完全に使えない状態。
何故か4番のピストンピンが渋くてスムーズに動かなくなっていました。
ヘッドは特段ダメージも無く綺麗な状態でノック跡は通常のオーテックEGよりは綺麗な部類だと思います。

劣化によるメタルトラブルが濃厚ですが、普通ならば11マンキロレベルでは流れないはずなのに…。



Yさんと先ほど打合せさせていただきOHする運びとなりました。

ピストン交換
ニスモメタル
オイルポンプ交換
各部クリアランス調整
クランク曲がり測定(修正)
ポート研磨
メタルガスケット(0.6ミリ高圧縮化)
ECUセッティング



以上が設定メニューとなります。

ただでは起き上がりませんよ。




早速明日から部品発注と洗浄がスタートします。

良く回り、壊れないエンジンにしますよ。
頑張らないとね。



これが出来上がれば安心して走れますね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

広島のBさん


今回の事例は正に運が悪かったように思えました。

複数オーナー、使用状況、メンテナンス状態、などで大きく変わりますね。

エンジン内部は綺麗な部類だったのを想定して、かなり回されたのではないか?と思いますが油膜切れの可能性もあれば、オイルの質や温度などにも影響あったのも可能性としては否めません。

エンジンの中に入っては確認出来ませんからね~。(笑)


どこかでタイミング見て開けるしかないでしょうね。
今までの経験上、ハード走行していれば10マンキロ~15マンキロ以内。通常の町乗りならば15マンキロ~20マンキロ辺りがOHの目安時期かなぁ?との推測ですが、あくまでも推測ですよ。

壊れてからだと何も使えなくなってしまうので、早めならば費用も抑えられます。
以前も動いていたけど再使用出来る部品がほとんど無かったEGもありました。


SRエンジンはそれだけバラつきと個体差が大きいですね。

ロデックス | URL | 2015-10-14 (Wed) 23:11 [編集 ]


普通なら11万キロ代でならないという事は
過去のオイル管理など、使われ方に原因があったんでしょうか…
うちのも10万キロ超えてるので、いろいろ心配になります。

広島のB | URL | 2015-10-14 (Wed) 08:28 [編集 ]