ろで作業日誌

路面の見極め。

暖冬の為、まだ雪は降る気配ありません。


今日は春のような暖かさでした。
今日からちょこちょこ仕事始めました。

暖かく、油断して夏タイヤでうろうろしている時がありますが、このような時期に凍結防止に撒かれる「塩化カルシウム」が路面を迷わせるんですよ…。

寒冷地に住んでいない方には通常のドライor雨のウエットの路面しか知らないと思いますが、私達のような寒冷地で過酷な状況下でクルマを乗る者はいろんな路面の上を走っています。

上の2つの路面の他に凍結路面、圧雪路面、塩化カルシウムのベタベタ路面。が追加されます。

知らない方は追加の3つの路面の走り方分かりますか? 微妙に違うんですよ。
当然冬タイヤで走るのは当たり前ですけど、その3つは外気や路温で状況は変わるんです。

見てもウエットと凍結と塩化カルシウムの撒かれた後の路面は同じに見えてしまうんです。(路面は黒っぽく見えているだけ)

濡れていると思って入ったらスパーン!と滑ったり、スピードが出ていなくてもコーナーに入ったらドアンダー!だったり…。
予想だにしない出来事がこの冬季には起きます。

地元の人ですら見極めが難しい路面ですから、冬季に来店される方は夏タイヤ装着しているならば、相当気をつけて来てください。

日向と日陰で乾いていたり、凍結していたり複雑に混じっています。

私はこんな時期太陽の上がっている高さと日陰の確認、窓ガラスから手を出して外気を感じ路面の冷えを想定して運転しているんです。
オフシーズンでも同じく外気を肌で感じてタイヤを暖めたりするんです。



この時期にご来店される方は気をつけていらしてくださいね。




黒っぽい路面も鈍く光っている路面とピカピカに光っている路面と光っていない路面では全く違うんです。
アスファルトによって見え方、グリップのしかたも変わってくるんです。
ヘェ~。







スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

赤ゴーさん

恐怖体験があったからこそ疑って見る…。とか、周りの状況から路面を感じ取る。は一緒に四十八峠に行ったときに体で覚えれたと思いますよ。あの時話した通りです。

あの経験はお客さん全てが出来る事ではありませんから、大切にしてくださいね。大きなドライビングに繋がる財産ですから。


スポーツ走行には直接関係は無いかも知れませんが、応用力の部分では引き出し増えると思いますよ。

雪上トレーニングしても良いかもね。

ロデックス | URL | 2016-01-08 (Fri) 22:51 [編集 ]


4352さん

明けましておめでとうございます。
年賀状ありがとうございます。


雪国の人と雪国で無い人の通常の路面見極めのスキルは大きく違うでしょうね。

私達は滑るが前提。そうでない人達は滑ったらどうしよう…。ですもんね。


冬だから来ない。では無く冬だからこそ来て路面を感じても良いと思いますよ。キューブで…。


ご相談はどうぞ~。

ロデックス | URL | 2016-01-08 (Fri) 22:42 [編集 ]


山田ひろさん

今年も宜しくお願いします。


いっそのこと雪が積もればゆっくり走れる割りきりが出来ますが、アスファルトの凍結は厄介です。

光が反射しない所は間違いなく凍ってますね。
日陰なら尚更。

県外ナンバーのクルマの行動は「本当にわかっているの?」「そのスピードで大丈夫?」なんてよくありますね。

私もちょっと自信無い路面の時にブチ抜かれた事多々ありました。(笑)

何もなければ良いのですが、知らなくてやらかした時の代償は大きいですね。




ロデックス | URL | 2016-01-08 (Fri) 22:37 [編集 ]


広島のBさん

そちらはめったに雪は降らないから「降ったら乗らない!」なんでしょうね。

私達は「降っても乗らなければならない!」なので自然と路面を見て→予想して→合わせて走る。をしている中で体で覚えていくんです。

若い頃は雪が降ったら朝まで走り回る…。なんてしょっちゅうでした。


走りはガムシャラにやる時代では無いと思いますね。
きちんとした「ドライビング」を教えてくれる人もなかなかいないからね~。
レーシングドライバー辺りは訳のわからない横文字や素人には分からない理論を言ってるし、そこらのドリフトちんぴらはとんちんかんなやらせ方しか教えれないし…。

だから私は誰でも簡単に分かりやすい説明で無理、無駄、無茶の無いその人に合ったやり方で自らのクルマのドライビングを教えてあげたい!のです。
そんな人が全国各地にいたらみんなが楽しく上達できると思うんですよね。
学校や塾もそうですが、自分に合う先生は必要なんだと思いますね。

通信教育って訳に行かないしね。(笑)

ロデックス | URL | 2016-01-08 (Fri) 22:27 [編集 ]


コバルトさん

こちらこそ宜しくお願い致します。


最後は路面とタイヤのコンタクト。

↑これに限ります。

ここが完璧なれば(絶対無理だと思います。)事故やクラッシュは避けられるでしょうね。

理想を追い掛けて、少しずつでも摘めていきたいですね。


今までの経験の積み重ねがあるからこそ私も怖いと思えば同じ状況にはなりますよ。
私、人一倍怖がりなんだと思いますが、先がイメージ出来たら行けちゃう自信もあるのも事実なんです。

凍結、積雪のトレーニングも本当はやりたいんですけどねぇ。ツインリンクもてぎにあるスキットパッドコースでお客さん達でトレーニングやればこのような路面の疑似体験出来るんです。

一度やったことありますが、相当難しいです。

ロデックス | URL | 2016-01-08 (Fri) 22:12 [編集 ]


本年も宜しくお願いします。m(_ _)m

凍結の恐ろしさを身をもって体験した一人です。(^^;

私もまさかと思っていただけに冬の山道を舐めてました。暖かい都内とはいえ朝方は凍るまではいかないですが霜がおりて濡れてはいます。
何か熔けた後かな?ってあれ以来良く見るようになりました。(^-^)

路面を見る、読む、大事ですね。思い出しただけでゾワゾワします。(^^;

赤ゴー | URL | 2016-01-05 (Tue) 17:57 [編集 ]


ご挨拶、遅くなりましたm(_ _)m
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

私の住んでる地域では雪は殆ど降らないので、ドライとウエットの路面しか知りませんでした。
雪が積もっていれば分かりますが、塩カルで黒くなっていてもウエットかと思ってしまいます。
先日ちょうど塩カルのまかれた路面を走りましたが、軽く曲がりながら若干滑りました。凍って光ってるなんて全然判断がつかなかったです>_<
こういう所も住んでる地域によって日頃の運転で鍛えられるんですね。

また相談したい事がありますので、キューブになってしまいますがしっかりスタッドレスで伺いたいと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m

4352 | URL | 2016-01-05 (Tue) 15:38 [編集 ]


アスファルトが凍る

あけまして、おめでとうございます。

また今年も楽しく読ませていただきます。

しかし、冬なのに冬の感じがしないので、油断してしまいがちですが、標高が高め峠頂上から下りの日陰カーブは危ういですね。
休み前と今日、仕事で岡谷~和田~笠取~小諸~立科~女神湖~白樺大門と軽四で走りました。
特に女神湖から白樺湖へ向かう左カーブ、ヤバイと分かっていても、横ズレしましたので、特有のアスファルト凍結ですね。

この時期、都会の方々は別荘や冬山レジャーでしょうが、雪が何も無くてもヤバイと感じてゆっくり走る仕事の軽四バンをサクッと抜いて飛ばして行きます。特に若い世代ですね。

雪に強そうな高級ランクの四駆でも、車重があるので滑り出しは一気に行きそうで心配になります。

タイムリーな記述だったのて、長文失礼しました。

山田ひろ | URL | 2016-01-05 (Tue) 01:54 [編集 ]


本年もよろしくお願いします。

温暖な瀬戸内沿岸なので雪が積もるのは年1回くらい。夏用タイヤしか持ってないので、そうなればもう乗らないです。なので雪路への対応力は皆無。
読んでいて、まさにへぇ~しか言葉が出ないです(笑)

今年は走りを上達させたい!んですが、どうすればいいのか分かりませんね。がむしゃらに走っても壊しそうだし。

広島のB | URL | 2016-01-04 (Mon) 20:05 [編集 ]


本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

ロデックスタイルさんには,私は真冬でも夏タイヤで行けるので助かってます。
高速道路は降っている日でなければOKですし,松本IC~ロデックスタイルさんまでは凍結していることもほぼ無いですからね。
なので,お店に行くこと自体は,冬場は天気予報を念入りにチェックして,少し時間に余裕を持って行く・・・くらいで大丈夫と思います。


路面の見極めについては,年末に体感させて頂きました。

私ではとても怖くて運転できないところを,夏用タイヤで。。。(マジで怖かった。。。(^o^;)

凍っているところでは車を真っ直ぐ進ませるだけ,凍っているところを通過したら短い距離で制動~旋回。
この時期の路面は,ブレーキングポイントを数十m単位で変えることもあり,ラインも非常に変則的なものにもなる(路面の凍結具合で,イン・アウト・インなんてのもあるんでしょうね。)

凍った路面でも,路面をほぼ完璧に見極め,夏用タイヤで信じられない速度での走行をされている姿を見て,また1つ,ロデックスさんとのレベルの違いを感じました。
ロデックスさんの引出しの多さは,こういう路面の見極めをしっかりやっているからなんですね。
ハーフウェットが難しいとかいうレベルじゃないのがよくわかり,冬場でもキッチリと実走行での現車合わせセッティングをやる難しさも理解できました。

路面の見極め・・・一言で言えるほど簡単なものではないですね。
良い経験をさせて頂いたと思います。m(_ _)m

コバルト | URL | 2016-01-04 (Mon) 14:49 [編集 ]