ろで作業日誌

耐熱処理作業。

もう同じ事を何度も…。な仕事ですがね~。



Dicek号がオールペイントが完了して先日戻って来ましたのでエンジンルーム内の部品組み付けスタートしました。

この時にタービン周辺の耐熱処理を行っています。

せっかくの綺麗に作ったクルマですから、火事にならないようにやり過ぎ感満載で行います。

バルクヘッド、左ストラット、エンジンハーネス、エアコンホース、ヒーターホース、各ジョイント部分、フロアの一部、など…。

これでOK!ではありませんが最低限はここまでやらないとサーキット走行する車両は危険!です。

良く、ボヤ騒ぎになっているクルマをサーキットで見ると、「燃えてもおかしくないクルマ」を見かけますし、燃えてますね。(笑)

私も昔乗っていた自身のS14がボヤ騒ぎになった経験上きっちりやるようになりました。


耐熱布を貼り込み、ワイヤーロックをして見た目も綺麗に仕上げれば完成時にはまとまり感のあるエンジンルームになります。


安心して走れないと精神衛生上よろしくないのでね…。

Dicek号の左インナーパネルも新品交換が終わり、かなり綺麗な仕上がり(左右の違いが分からなくなった)で修復したとは見分けが付かないです。

これで安心して永く乗れそうだね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん

1日でしっかりナビの配線やカーペットが焦げましたね…。(笑)

エキマニがノーマルでも踏めるようになるとメーカーの想定外なトラブルが出るサンプル的事例ですね。

大切なクルマをボヤ騒ぎ位ならかわいいですが火災で失うなんて悲しすぎますから、きっちりやるべき箇所ですね。

腕や仕様に合わせてバージョンアップも必要であります。

しっかり耐熱処理したクルマはがっつり走りなさい!って事ですね。

ロデックス | URL | 2016-03-02 (Wed) 15:05 [編集 ]


遅いコメントすみません。

8年前にYZで最初に教えてもらったとき,
「耐熱処理はこのくらいやらないとダメですよ」
と,コンバのS13の耐熱処理を見て,
「でも,今まで大丈夫だったよ?」
と思っていたら,ロデックスさんに運転を教わった1日でボヤ騒ぎ。(アクセルきちんと踏めるようになったからですね。)

以降,ロデックスさんに耐熱処理をしてもらい,なんだかウデが上がるにつれ,処理される箇所も増えましたね。(笑)

ただ,そのおかげで,社外エキマニ仕様で真夏のサーキット全開でも耐熱処理に起因するトラブルはゼロです。
ロデックスさんのこれまでの実績と,想像力(創造力?)の成せる業ですね。(^-^)b

コバルト | URL | 2016-02-29 (Mon) 01:18 [編集 ]


赤ゴーさん

先日はお疲れ様でした。
一台でも多くのシルビアを救い、永く乗ってもらえるように手は抜かないようにやっています。

耐熱処理は以外ときっちりやってくれる所は少ないですね。
ハードに走るならばやり過ぎは無い部分ですね。

これだけやってもまだ、熔けちゃう所もあるくらいですから。(笑)

ロデックス | URL | 2016-02-28 (Sun) 20:15 [編集 ]


Dicekさん

仕上がりに満足頂けて良かったです。
本日はほとんど完成して試運転をしてから車検準備に入ります。
3月の中ばには納車出来そうですかね。


出来たらバリバリ練習だぁ~。

ロデックス | URL | 2016-02-28 (Sun) 20:09 [編集 ]


先日はありがとうございました。

今回も作業途中のお車を拝見させて頂きました。

毎回思いますが素晴らしい出来映えでした。

ロデックスさんの妥協しない的確な指示とそれに答える職人さんの成せる成せる術だと思います。


赤ゴー | URL | 2016-02-28 (Sun) 09:15 [編集 ]


こんばんは、お疲れ様ですm(_ _)m
毎回、細かい所までお気遣い頂きありがとうございます。
これで安心して練習等に打ち込めそうです。
次回また、お伺いする時を楽しみにしております。

Dicek | URL | 2016-02-24 (Wed) 21:55 [編集 ]