ろで作業日誌

ボルトも折れて、心も折れた。

OさんのS15が再度入庫。アウトレットとタービンの間に隙間(フランジの反り)があり、アウトレット交換とガスケット交換、スタッドボルト交換依頼を受けました。朝一からタービンを20分で降ろし、サクサクやって違う作業をしよう…。と思っていました。しかし、そうは問屋が卸してくれませんでしたよ。(爆)



タービンを降ろしたまでは良かったのですが…

その後に事件は起きました。

タービンとアウトレットを固定しているナットをCRCをかけて暫くして回したら…。


クル~ン…。?(・_・?)

ポロリ…。


あれ~~。


スタッドボルトが途中で折れちゃったよ。


とりあえず気を取り直して、お隣さんのボルトを…。


クル~ン。


ポロリ…。


こいつもか~。(怒)


まぁ、そんな事もあるさ~。 お隣さんに移り…


クル~ン。


ポロリ…。


おいおい!何なのよ~。

不味いな~。
ここまで来たら、何れかは外れるだろう。お隣さんに。


クル~ン。


ポロリ…。(怒)(怒)


お~い…。いい加減にしてよぉ~。((T_T))


最後の1本位は…。


クル~ン。


ポロリ…。…。…。…。
ガ~ン…。




結局、スタッドボルトは全部途中やエキゾーストハウジング内で折れましたとさ…。




これは神様からの試練か?はたまた何かの呪いか?



摘出の為、お昼も取らず(気が付かなかった)に黙々と折れたボルトを切除や専用工具、その他の工具を酷使して先程(午後4時過ぎ)全てのボルトを撤去及びネジ山修正まで漕ぎ着けました。ゴクロウ!


ずうっとしゃがんで作業していて首が痛くなり、本日は閉店です。(笑)


原因はやはり、熱による劣化、酸化による強度低下が考えられますね。

1~2本折れるのは今まで経験ありましたが、全て折れたのは初めてです。(笑)


仕事が込み合っていたり、日帰り仕事だったら…。ヤバいですよね。
とりあえず、明日には新品アウトレット、スタッドボルト、ガスケットが届くので安心です。







スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

山田ひろさん

もう、泣きながらやってました。


折れたボルトのセンターにポンチを打ち→2ミリドリルで貫通→3ミリドリル→4ミリドリル→5ミリドリルで広げてネジ山を潰さないようにドリルの刃を広げるように削り→タップを立て直す。×5…。


シビレマス…。


ずれたり、ドリルの刃が折れて抜けなくなったら…。THE END!ですからね。

純正ボルトはこうした事態にも軟らかい材質のスタッドですし、酸化していたおかげで助かりました。

折れたボルトは首下の短いスタッド(エキマニ用75F15)だったので揉んでいく深さも浅くて奥のネジ山を痛めずすみました。
通常のアウトレット用スタッド(75F10)だったら…しくじったら完全にハウジング交換でしたね。

今回の教訓はもしもの為に首下は短いスタッドを使うべき!でした。

ロデックス | URL | 2016-03-18 (Fri) 11:56 [編集 ]


固着ロックなボルト

純正状態ですと、2本か3本がボルトで、残りがスタッド+ナットの組合せでしょうか。
ボルトはあまりポロっと折れませんが、スタッドにナットが固着カジリで、折れるイメージがありますね。

EXハウジンのフランジ面より少しネジ山切口に遊びがある数mm内側入ると、テンション落ちますよね。

それを5本を復活させる集中力に感服いたします。

山田ひろ | URL | 2016-03-18 (Fri) 00:06 [編集 ]