ろで作業日誌

オリジナルサスKIT装着から~の…セットアップ~の…。

本日は私の真骨頂のお仕事でした。


市内に住む21歳M君のS15の足回りを○G5からうちのオリジナルに変更依頼を受けて製作→本日作業。となりました。
このS15…。
実は先生が以前自家用車として製作したタービン交換したナローを買われていた方なんです。
当時に新品を先生が付けたけど、流石に3年も経ち、固着や乗り心地の悪さ等が気になり先月ご相談を受けていました。


先ずは作業前に確認作業です。
現状把握でテストコースに向かいました。
相談時にはタイヤはZ1☆ 。
うちの指定はピンソ。(笑)
タイヤを替えて行ってみましたが、スピード出せない…。ブレーキ踏めない…。ハンドル切れない…。メリハリ全くなし…。


オイオイ…。何時加速するの?状態のままテストコースを上りきり、待ちきれず交代です。


私の感想は、フロントが突っ張っていて、強いブレーキが入れれない。ショックを柔らかくしても面圧が出る前にタイヤが鳴き出す。そのクセ、アクセル入れるとリアが早く沈みまでは良いのですが切り返しで片側の荷重から反対になかなか切り替わらない。→コーナー後半がアンダー強い。

単に曲がらん!。

これでは攻めれないワケだ。

試運転タイムも1時間半を使い帰社後にいよいよ作業開始。
足回り入れ替え、アームターンバックルを全て緩め、セットUP 。

暫定アライメントにして同じルートに向かうまでがお昼を挟んで約3時間。

ここからが、今日はビックリ!


テストコースに入って1つ目のコーナーを曲がった瞬間にハンドルの切り方、アクセルの踏む量が全く変わってしまったんですよ。


F君は終始「怖くないんですよ。怖くないんですよ。」だって。
スピードはどんどん上がるし、ブレーキもちゃんと踏めてるし、ハンドルは迷わず切り込んでるし。

結局、美ヶ原のてっぺんまで行って帰ってきました。

下りもペースは変わらず…。

さっきまでとはどんだけ違うのよ?(笑)


道も分からないのに飛ばせるって余程良くなったのね。

今まででビフォアフターの違がったのはトップクラスでした。


「足回りとセットUP 、アライメントで運転が上手くなる」は満更嘘ではなさそうです。
今日は良い仕事しました。

しかしまだ暫定です。
明日は細かく摘めてみましょう。


まだやるんかい! (笑)


それが私の納得行く仕事の流儀です。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コバルトさん

個体差や個人差で怖さのレベルがだいぶ違いますよね。
いろんな状況で試していますし、わざと危ない動きを誘発させたりしての確認もしています。


後はやはりオーナーさんとのディスカッションが一番大切なのだと思います。

一緒に乗った際にオーナーさんの運転のクセを見て想定した走りを再現してみたりもしますよ。


その人に合った仕様を見つけ出す力は人並み以上かもしれませんね。(笑)

ロデックス | URL | 2016-06-08 (Wed) 22:24 [編集 ]


ストリートで怖くない=インフォメーションが多い

というところをとても大切にするロデックスさんの真骨頂でしょうか。
単にタイムが出るところではなくて,なるべくインフォメーションの多いセットアップ。

”恐怖心無く攻められる”というところ,実際に乗ってみないとわからないですが,単に同じ車高調を使って仕様を合わせても,同じ動きにはならないところに,ロデックスさんのセットアップ能力を感じます。(^-^)

コバルト | URL | 2016-06-07 (Tue) 23:07 [編集 ]