ろで作業日誌

スタビの無いクルマは走れるのか?

仕事も無いので、S14を更正していますが、フロントのテンションブラケット辺りを意味の分からない溶接をしてありましてスタビが取り付けできません…。


スプリングも今の車高調だといまいちなフィーリングなので変えてみました。


取り合えず、無駄だろうけどスタビレス車両に一度乗ってみようと思い走りに来ました。


法定速度の領域はさほど悪い印象はありませんが、柔らかいけど段差がある場所ではバタバタしちゃって、乗り心地は微妙ですね。
ロールは初期から早めに発生するので比較的楽なんだね。フ~ン ナルホドネ。


しか~し…。

峠道に入り車速も乗り出したら、コーナー入口は楽なのは変わらないのですが、踏ん張りが利かずにロールオーバー傾向&リバウンドが無くなって立ち上がりでふらついちゃうのです…。
ショックを結構硬くしてみましたが、大きくは変わらず最後の最後はロールが残っちゃいますね。特にリア。

フロントはナックルが替わっていたり、キャンバーが強めに付いているので何をしてもアンダーは出ません。(笑)


車高は高くしてあるので通常レートよりは硬めになっているだろうけど、こんなに船みたいに動くとタイトなS字はラインがズレちゃうのでやはりスタビはあった方が良いです。アタリマエダ!



ですが…逆手に取れば、動き出しが早い=タイヤの運動は早くなれば暖まりも早い。これからの路面温度が低い時には使いようによってはメリットとして働くのかな?とも取れますね。

こんな時期はロールはさせたいし、タイヤは早くグリップさせたいシチュエーションは増えますからね。


ダンパーをかなり硬めにして走ってみよう。




今日の実験コーナーでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する