ろで作業日誌

後期より前期



前期よりは…後期が…。


なんて言葉を良く耳にしますよね?


S15シルビアって、実は色んな意味で前期(平成12年迄)の方が良い!って思っているのは私だけ?かも知れません。(笑)



一つの理由は純正のヘッドライト。

S15シルビア全般にライトレンズのくもりやくすみは定番のトラブルにはならない気持ち良くない事例の一つですね。
最近はレンズのみ交換(社外)も可能になりましたが、少し前迄は交換前提や頻繁に磨いたり、コーティング等をしていました。
ユニットは高額すぎて私も手が出ないので中古と差し替えたりしていましたよ。



たまに仕入れる車両にも完全に磨いてもムダ!(インナー側が曇っている)なユニットもチラホラ見受けられるようになりましたね。経年劣化だから仕方無いのですが。
そんなインナー側が曇っているのは何故か後期ライトユニットがほとんど…。

前期にはほとんど無いんですよね…。ナゼダ?

最近仕入れたスペックSも後期キセノンライトユニットでして、内側が曇っていて磨いてもダメなライトさんです。
S15シルビアってライトが綺麗で外装もボロく無いだけでイメージ大きく変わりますからね~。
これは後日、レンズ交換します。

新品は既に後期ライトしか出ません。(前期は生産廃止)
それも新品なのに稀に内側に水滴が入る物もあります…。(泣) コマッチャウヨネ…。


うちも数々のS15を製作したり、お客さんのを手掛けて来ましたが、いよいよ生きにくい時代に入ってきましたね。
少しでも旧さを感じさせないような仕上がりを心がけてはいますが、資金的や時間的な物が許せる方しか乗れないクルマに近づいて来たのが現実です。
一台一台、大切にしていって欲しいと思う今日この頃です。


因みにAT→MTにするときにメーターパネルのATインジケーター無しのMTパネル単体も廃盤!となってしまいました…。

嫌だよなぁ…。MT載せ替えてもバックに入れるとピーピーブザーが鳴ったり、ATの面影残ったままだとさ…。(泣)



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する