ろで作業日誌

ロアアーム折れた…。



rrsさんのゼロワンの左側フロントロアアームが折れたのを修理しています。


人的な損傷では無く、構造上の問題?金属疲労?経年劣化?のようですね。

特に構造や製作段階での個体差が大きい為(多分、ワンオフ製作)に起きる可能性は高いと推測します。一般的な自動車のアーム類はプレスで打ち抜かれた成型品なので設計段階から引っ張り強度や捻れ強度を計算したり、材質の選択はされて試験もしてあるのです。


フロントのロアジョイントはロードスター用でロアアームはそのジョイントを使えるようにパイプでAアーム状に作られています。

折れてしまったヶ所はそのジョイントの土台部分(ショックの下側取り付け)と後側パイプの付け根からポッキリ折れていました。
ハブ、ナックル側は負荷が大きい為に引っ張られて負担が掛かったんでしょう。特にrrs号はワイドフェンダーと8jホイールにキャンバーも付けていますので尚更です。

実は後側だから大惨事にならなかったのです。
rrsさんもバックした際にポッキリ折れたのに気付いたそうです。
走っていたときにはステアリングセンターがずれて、気になり帰宅した(←この選択が正しかった)時にポッキリ折れたようです。


ゼロワンオーナーさんもお気をつけあれ!ですね。
どうやらバーキンやロータス、ケータハムも良くあるトラブルらしい…(怖!)



昨日よりバラし始めて現物修理となりました。

力の掛かるジョイント部分には補強を入れて対策します。純正状態は溶接も足りない状況でしたので、パイプを追加したりカゼットを組んだり、応力や捻れに耐えられるようにしました。
修理後にアライメントを取りましたが、折れる前とほとんど狂いが無かったので修理による弊害は無さそうで一安心です。

流石に19年前のクルマだけに錆びも原因として考えられたので塗装を剥がして下地からやり直して完成!です。


やはり軽く作られているのと、ハード走行を前提にしていない車両なのでこのような所も改善の余地はあるんでしょうね。

他の箇所のAアームは構造が違っていたり、力の分散が出来ているので点検はしておきます。無闇に補強をしても重くなりすぎはこのクルマにはデメリットになってしまいますからね。



正に予期せぬトラブルでした。









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まつしたさん

「事故った」説ですか。(笑)
乗っているのを長期間見られないと憶測が飛び交ってしまうんでしょう。
暫くお待ちください。

近々ご報告したいと思いますよ。

ロデックス | URL | 2017-02-02 (Thu) 12:36 [編集 ]


ロデックスさん

分かりました。
ノーマルフェンダーであればとりあえずOKと。チェックだけは入念にしていきます。

しばらく乗っていないので会社では「まつした事故った」説が(笑) みんなに早く快音を聴かせてやりたいものです。

進捗をまた教えてくださいm(^^)m

まつした | URL | 2017-02-01 (Wed) 21:00 [編集 ]


まつしたさん

すみません。近々マフラー屋さんに行って状況確認に行かねば…。と思っていました。(^-^;

まつした号とrrs号の違いはロアアームが塗装品かメッキ処理の違いがありまして、今回のrrs号はサビの影響が高いと思われます。
まつした号は補強をするとなるとメッキを剥がしてパイプを追加したりして再メッキが必要になっちゃうんですよね…。

ワイドフェンダー化したらやらないといけなくはなりますが、足回りを替えるのと同時でも良いかな?と思われます。

何れにしてもロアアームは点検をマメにしておくのは必要ですね。
メッキ剥がれやクラックをチェックしていれば事前対策出来ますし。

ロデックス | URL | 2017-01-31 (Tue) 23:16 [編集 ]


こんなトラブルもあるのですね(・・;)
我が「まつした号」もワイドフェンダー化したいと思っていましたので心配です。車を預けている今のうちに補強をお願いした方が良いのでしょうか?

しかし大事に至らず本当に良かったですね。愛車が発信した異変にしっかり気づかなければいけないと改めて感じました。

まつした | URL | 2017-01-31 (Tue) 14:46 [編集 ]