ろで作業日誌

走るためにお店をやるのか?お店をやって走れるようにするのか?

ちょっぴり、独り言です。いろいろと思うところもあったり…。

タイトルの内容は言葉は同じに聞こえちゃうけど、正反対なんだよな。


私も何十年もクルマ業界にいますが、これをはき違えて上手く行かなかった人、お店、きちんとやって成功した人、お店を見てきました。


当然お客さん相手の商売ですから、仕事があって、お金を頂き、そこからお給料があり、その一部から走る事にお金を使える…。って流れですよ。
私はその一部~先はなかなか出来ませんでしたが。(笑)


自身が走るためにお店をやっちゃうと自分のクルマ最優先からの、お客さんは後回し、適当、最終的にはお客さんは来てくれない…。
そんな話「あるある」ですよね~。


私もサラリーマンから自営に変わって約10年弱は会社を起動に乗せるのが本当に精一杯だったり、少ないながらもお客さんの事で頭も手も一杯一杯でした…。
従業員なんてとても雇える程の余裕や器量も無かったですし、自分が走る!なんて全くもって無理だったんですよ。

それも沢山の良い例、悪い例を見て来たこととそこへ導いてくれた我が奥様のお陰です!。

周りに助けて頂いていたからこその今を忘れないようにしていきたい。

そして、お客さんありきの自分であることを。忘れないように…。




お店をやる以上は主役はお客さん!なんだよ。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

秋山さん


ただ、自分なりの物事に対して一生懸命やる!だけを貫いているだけですよ。
好きだからこそ、諦めるなんて出来ないし、自分にプレッシャー掛けたり、家族に迷惑掛けたくない気持ち一心です。

この仕事もお客さんが最後の一人がいなくなるか?私が倒れるまでは辞めれませんね。(笑)

この業界もまだ捨てたもんじゃ無いんだよ!って所が見せれたら私なりの恩返しは出来ると思います。

一人の力はそれなりですが、お客さんにも助けて貰いながら盛り上げていけたら楽しいでしょうね。

ロデックス | URL | 2017-02-20 (Mon) 23:38 [編集 ]


山田ひろさん


責任を持ってお客さんに満足してもらえる質の良い仕事をする。

これに尽きるのですが、お客さん優先。を忘れると全てが狂い、崩れます。

この仕事が大変だけど好き!だから続きますし、最後は満足して嬉しい顔をしてくれたりを見たいんですよね。
そして、どんな仕事をしているのか?出来るのか?は作ったクルマを見てもらう為のマイカー作りやお客さんのクルマで評価してもらえることが今後に繋がる流れがやっと形になりだしたと感じます。そこに、+αのドラスクや人生相談等々は自然な流れになっちゃってます。(笑)

ロデックス | URL | 2017-02-20 (Mon) 23:31 [編集 ]


自営業で、さらには自分の好きな事を仕事にし、きちんと経営を軌道に乗せてやるってのは誰にでも出来る事じゃないし、相当の人間力、誰も見てない所での相当の努力・苦労などしておられる事と思います。ロデックスさん、お世辞抜きで本当に人としてカッコいいですし、尊敬できます。何の力にもなれませんが、陰ながら応援させていただきます。

秋山 | URL | 2017-02-18 (Sat) 08:33 [編集 ]


結果は後からついてくる

深いですね。

色々な仕事がありますが、モノ造り系商売の基本は、お客さまにいかに喜んでいただくかですが、近年はCS :顧客満足度、CSR:企業の社会的責任
とを合わせもつ話しになりますよね。

ロデックスさんちで言うなれば、シーズン号をはじめ、購入者さんの満足度が記事で伝わりますし、間違った方向の車を正しい方向へ修正したり、車本来のポテンシャルを発揮されるよう導くことが、まさしくこれですよね。

最近、特に思うのですが、信頼関係が構築された後、技能技術を認めてもらえたとして、時間があればボランティアで良いから、本物の車造りモノ造りを手伝ってみたい、携わりたいと感じます。
でも、実際こう思っているお得意さまのお客さんたちは、かなり多いような気がします。

こういう気持ちのお客さまが多いお店には、必ず新しいお客さまを紹介してくれて、良い循環を生み出し、その結果やご褒美が、自分の好きな事ができるようになるという事ですよね。

山田ひろ | URL | 2017-02-17 (Fri) 23:10 [編集 ]