ろで作業日誌

拘り。

先程立ち寄った本屋さんで目にした雑誌での老舗ショップのチューナーさんの言葉…。




「そのお店がどれだけ有名でも、依頼前に納得出来ないならばそのお店に作業依頼しない方が良い。」


って書いてありました。

私も知っているショップさんですが、沢山の従業員を使って沢山の割とお金を持っているお客さんを捌いていた印象のお店。(バブルの時期は凄かったと思う。)


どうやら今は従業員もほとんどいないらしく、社長自ら作業をしているようで、作業をしなかった物は最終チェックは必ずしているとの事。

納得いかない仕事をしてお客さんにはクルマは渡せない!と書いてありました。(うちは私しかいないから当たり前なんですが)



ちょっと以外でした。



よくあるショップの形態ってチューナーさんは一部分だけは触るけど(そうじゃない人もいるんだろうけど)、大変な部分は従業員にやらせているものだと思ってましたもん。


確かにハードチューンが有名で今はGTRメインでやっているから昔と変わらないんだろうなぁ~。位で見ていたのも事実。
チューニング人口も少なくなった今の時代だと生き残るのも大変なんでしょうね…。


決してデモカーレベルのハイチューン車両ばかりでなく、一台一台、丁寧に自分のお店の看板を背負ったクルマを妥協せずにお客さんに合ったクルマ作りをしている人でなければその言葉は出ないでしょうし、接客や作業していなければお客さんは二度と来てくれません。


これは、私も同感であり好きでやっている仕事ですが、ポリシーとして持てずにやれなければ簡単に終わるはず!だと思っています。


私達のような仕事は究極のサービス業であり、誰かに任せたりは出来ないアナログな仕事なのです。
メールや通販なんかでは到底無理であり、お客さんと顔を合わせて話し合い、お互いを理解しあえて初めて仕事がスタート出来るのが大切なんだと思います。

これを面倒臭い…。なんて思っていたら続くわけ無いよね。

消えていったお店やチューナーさんは良い時期(入れ食い)を過ごしたけど、この大切な事をお座なりにしたから消えたんでしょうね。


今日はその記事を見て、改めてアナログな仕事ですが今まで通り変わらずにやっていこう!と自身に誓いました。



スタンスを崩さない!
時代に流されない!
お客さんに合ったクルマ作りを忘れない!
一人でやりきる!(助けてくれる仲間は大切にする)


は変えずに頑張って後10年位やれたら良いなぁ~。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する