ろで作業日誌

ほぼ分解完了しました。


朝から始めてやっと洗う手前まで来ました。フゥ~。。


錆は無くネジも折れる事も無く比較的すんなりバラけました。(笑)

ここまで来ちゃうと元々の状態なんて分かりません…。(笑)


エンジンはオイル滲みや漏れでベタベタなので綺麗にしないと綺麗なエンジンルームに載せれませんからね。
ヘッドカバーパッキンがダメで一周ベタベタなのでパッキン交換と同時にクランクオイルシールも交換です。
ミッションのカマの中もベタベタなので綺麗にしましょう。



見えない所も手を抜かず綺麗にしないとセミレストアの意味が無いですからね。。


実は降ろして発覚!
クラッチディスクが全く無くなってました~。
レリーズベアリングもゴロゴロ、スリーブグリスもヒカヒカ、パイロットブッシュもユルユル。
クラッチのキレが悪いわけだ!





明日はエンジンハーネス抜いてエンジンルームの洗浄に入ります。

明日から…。



宮城のKさんに製作するS15も他の仕事の合間を見ながら室内のカーペット入れ替え、リアシート周りのクリーニングも済ませて私の取り置きの綺麗な純正マットも完備出来ました。
後はダッシュボードを手配しているものが到着次第入れ替えます。



本日の車検の車両も先程納車が完了しましたので明日から分解作業に移ります。。



空っぽにして再度洗浄作業から週末にはオールペンに旅立ちます。


13日の群サイの用意もしないと…。


13日のイベントで不明な点がある方はご連絡下さいねぇ~。

車検通りません。( ;∀;)


車検に通りませんよぉ~。。


このシートやシートレール。。


無印やネットで安売りしているフルバケシート。 それに付随するメーカー不明シートレール。


陸運局に持ち込み時の外観検査時にシートやレールのチェックは必ずされます。(メーカー、シートバックプロテクター等)



うちのお客さんはほとんどブリッドやレカロ製をお使いですから車検は競技モデルで無い限り問題なく通りますが、今回車検依頼を受けた車両はこの無印シート。


昔はシートバックプロテクターが付いていれば何でもフルバケは通っていましたが規制緩和の後から安全装備部品はかなり厳しくなりました。



おまけにシート、レールは同メーカー通しでないと今はNG!です。


その為シートはサクッと純正にして持ち込みます。



現場で弾かれたりしたくないので事前にこうした改造してあるクルマは良く確認しないといけない部分が多いです。

3年前に思う事があって書いた記事。。
見たことある人も無い人も自分に照らし合わせて再度見て欲しい。







クルマを走らせていて必ずある事。


上手くなりたいけど、出来たか?出来なかった?かも分からないとか、目標立てても及ばなかったとか、理想と現実すら自身感じれない状況。


そんな相談はしょっちゅう受けていますが、そんな状態の場合は、原点に立ち戻りなさい!って提案しています。


クルマが好きなのか?

走るのが好きか?


この2点は当たり前にYES!なんでしょうけど、これが?だったらもう辞めても良いです…(笑)


その後なんですよ。忘れているのは…。


今より、クルマに接する時間が長かった頃を思い出してください。

初めて自分の買ったクルマで公道を走った頃のドキドキ感。
ちょっと飛ばして走ったときの何とも言えない手に汗を握っていた緊張感。
今まで出来なかった操作や非現実的な走りの入り口が見えた時の高揚感。そして出来たときの感動や達成感。


そんな気持ちを何処かへ置いてきてしまっているんではないでしょうか?上手くなるためには確かに学ばなければならない事は当然ありますが、あまり考えていても仕方ない部分もあるんですよ。
私ですら、そんな迷走時期はありましたから…。




そんな時は独りで懐かしい頃に戻り、思い出の場所にクルマで出掛けてみませんか?


ちょっと前に私もそんな懐かしい場所に行ってきてそんな気持ちになったんです。

大好きなクルマで走ろうって…。







国道299号 麦草峠 13号コーナー。





私が18歳で買ったAE86で免許取って2週間後に一番最初にデカい自損事故(50万円)した場所。

夜中に誰もいない峠でアンダー出してぶつかった場所です。ブッ
苦い思い出ですが、今となっては良い思い出であり、やる気になった場所でもあるんですよ。(笑)


この頃のようながむしゃらに意味も無く走っていた頃みないに…。は走れないかもしれませんが、気持ちは戻せると思いますよ。


皆さんも思い出の場所行ってみては…。自らハンドルを握って。











やっぱり、私ってめんどくさいなぁ…。(笑)


とても見せれない…。



先日業者オークションにて購入してきた14年式スペックRのMT。


端末の画像である程度は諦めていましたが、車両が届いて確認したら…。


泣きそうな位の可哀想なシルビアでした。。( ;∀;)


愛された感じがしないクルマです。



室内はとにかく汚い…。


車体は艶も無く大嫌いなオ○ジンエアロもブランブラン状態。



出品業者も買取りしたままオークションに放り込んだ感満載!(安く叩いて買ってそのままでも高値が付くシルビアだから…。)


この画像も来たときのままは見せられないので先程迄エアロ外したり、下廻りを綺麗に洗って、室内も片付け(掃除はまだ)してパネル類も酷いものは外しました。



これから時間を見ながら室内は全部バラバラにしてクリーニング作業、ダッシュボードを綺麗な中古へ交換。
カーペットもクリーニング済の物と入れ替え。
トリムや室内のパネル類も良品中古や新品と入れ替え。



車体側はエンジン、ミッションを降ろしてエンジンルームペイントの為全てバラシて外装も全塗装です。




このシルビアもここで救われた一台ですので、良質な一台に変えてあげていきます。可哀想なシルビア程頑張れそうです。(笑)



どんな仕上がりになるのか?


お楽しみに!



うちのお客さんでこうした新規製作された方々は経験済みですから想像は出来ますよね?(笑)